2016年12月19日

リトープス まとめ

リトープス、この一年のまとめ。
リトープス 分裂と開花.jpg

買ってきたときは、一つの小さな苗でした。

夏には、萎れてしまい、ダメなのかなと思っていましたら、中から二つの苗が出てきてうれしくなりました。

どんどん大きく育ちましたが、花は咲かないのかなと思っていました。

水やり
夏場は、一か月に1回から2回。
秋から春は、一週間に1回くらい。

液肥と、ブラックウオーターなどを、水やりの時に混ぜて与えている。

日当たりは、できるだけ直射日光を、一日中、ガンガンあてている。
真夏は、しわしわになっていることもあるが、おかまいなし。

こんな栽培方法が良いのかわからないが、元気です。

SDIM2555.JPG
posted by ta meta ta at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭の植物と野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

リトープス

SDIMa2519.jpg


咲いた (*^。^*)
posted by ta meta ta at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭の植物と野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

なんか、出てきた

SDIM2481.jpg

花芽かな。

どんな花が咲くかな?

リトープス。
posted by ta meta ta at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭の植物と野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

アジアンタム 霧吹きの重要性

アジアンタムを、もう何年も栽培している。
けれど、水を切らせてしまったり、逆に根腐れをしてしまったり、うまくいかなかった。

元気のない鉢を、日陰ではあるが明るくて、風通しが良くて、それでいて湿度もある場所に移動しておいたら、元気になった。

直接葉に霧吹きをする重要性を初めて知った。

考えてみたら、水草も葉が水に浸っていなければいけない。
空気中の水分が、葉にとっても重要なのだということに、やっと気が付けた。

冷え込むというので、急遽、屋内に移動したアジアンタム、
霧吹きも忘れないでしてあげよう。

SDIM2466.jpg
posted by ta meta ta at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭の植物と野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

二つ目が咲いた コノフィツム

これは、二つ目。
一つ目とかなり時間がたって二つ目が咲いた。
真上から陽が射さないから、差が生じるのだろう。

でも、一つしか咲かないから、自家受粉で種ができるのかな。
どうなのだろう。

SDIM2456.jpg
posted by ta meta ta at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭の植物と野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

シロモジ 白文字

おそらく、野鳥が運んできた種子が芽を出したのだろう。

SDIM2439.jpg


白文字という木のようだ。

このまま大きくなってくれるかな。

春は花、夏は青葉、秋は紅葉を楽しめる美しい木
自然が運んできてくれた木だから、大切にしたいと思う。

位置はちょっと変えようかな、もう少し様子を見るか。
大きくなってから移動は大変かな。
posted by ta meta ta at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭の植物と野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カキツバタ 燕子花

カキツバタを植えました。

もともとは、ムジャナモを増やそうとしましたが「なにこれ?」と理解されず不人気だったので、睡蓮に変えましたが、それもまた他の木が成長して日当たりが悪く花が咲かないので、カキツバタにしてみました。

SDIM2441.jpg

似ているアヤメや菖蒲とは違って、このカキツバタは抽水植物ですので、このように湿原のようにしてあげました。

底には、藁や腐葉土を入れて、泥炭層を再現していますが、どうなることやら。
プクプクと、土の中から泡が出てきますので、嫌気細菌やその他のいろいろな微生物が活動していることでしょう。来年が楽しみです。

増えて花を咲かせてくれるかな。

posted by ta meta ta at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 庭の植物と野鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする