2017年01月02日

ふろ水ポンプ シャープ インペラー制作

シャープのふろ水ポンプ、インペラだけが、すぐにダメになる。
ボロボロになってしまう。
そこで、

ミニ四駆の、ホイールを削って、インペラを制作。

SDIM2574.jpg
まあ、これで、数か月は大丈夫だと思う。
ダメになったら、また作ればよいし。おなじホイールは4つあるからね。

シャープがこのインペラ部品を補修部品として出してくれたらこんな面倒なことをしなくて済むのにな。

というか、インペラの材質を3年でダメになるようなものにしないでくれ。
(T_T)

posted by ta meta ta at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

シャープ 洗濯機 ふろ水 ポンプ。なんとかしてよ

シャープの洗濯機の、「ふろ水ポンプセット」
No.210 396 0116
http://www.sharp.co.jp/sentaku/option.html

このインペラの材質は、なんと金属。
しかもとても弱い。
まあ、3年でボロボロになる。二日に一回くらい使用。

なんでここに、こんな脆い材料を使うかな〜〜。

どうしても、ここにこの部品しか使えないというなら、このインペラだけを補修部品として提供してほしい。
200円くらいで。

しょうがないので、自作
まあ、とりあえずつかえるようになった。
SDIM2572.JPG
あとで、ちゃんと作り直そう。
ヤレヤレ。
ちなみに、セットで全部買いなおすと3500円くらい。
二日に一回くらい使うから、3年で540回くらい使ってダメになる。

稼働部品などが、機械的に壊れるのではなくて、単に水との摩擦(泡立つとか)や錆でダメになるのだから、せめ、材質を吟味してほしいものだ。

わざと壊れるようにしているのではないかと思ってしまうよ。
改良してほしい。
posted by ta meta ta at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

お味噌を仕込んだ

つかれた〜。

すり鉢で、丹念につぶしました。
電動のミルもつかいました。
肩と腕が筋肉痛です。

大豆1麹1塩0.5

大豆2.5kg
麹 2.2kg  300グラムは、甘酒をつくる。みそ
塩1kg
大体こんな感じ。

豆を一晩、水に浸けて、煮ます。
SDIM2561.jpg
煮ながら、アクも取ります。煮汁は、とても美味しいお出汁になっていますので、煮物にもお吸いものにも使えます。丹念にアクを取り除きましょう。

SDIM2566.jpg

大豆をつぶすのが、一苦労です。
ひき肉をつくる機械をお持ちの人は、それが丁度良いです。
マッシャーでぶっつぶすのも良いかもしれません。
私は、すり鉢で、ちまちまつぶしました。
あまり丹念につぶす必要はないかと思いますが、丹念につぶした方が、味噌汁にしたときに美味しいような気がします。人それぞれ好みですね。

SDIM2568.jpg
樽に空気が入らないように投げ入れて詰めて、表面に塩を振って、さらにビニールをかぶせて出来上がり。

重石は、ちょうど良いのが無かったので、のせていませんが、無いとどうなるのかは試したことはありません。
ガスが中で抜けずに空間になると、そこからカビたりするのでしょうかね。
重石の意味は良く解りません。

そういえば、梅干しをつくる時も、なぜ干すのか良く解りませんが、伝統的な製造方法って、欲意味が解らないことがありますね。
何かの意味があるのでしょうかね。味が変わるのかな。
posted by ta meta ta at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

リトープス 二つ

SDIM2416.jpg

ホームセンターで、安かったので買いました。210円。

小さから安いのかな。

大観玉
朱唇玉
と書いてある。

たくさん増えると良いな。
どんな花が咲くのかな。

posted by ta meta ta at 03:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

コノフィツム 開花が始まる

SDIM2340.jpg

コノフェツム.JPG

コノフィツム、開花が始まりました。
昨年、花が終わった株を安く買ってきたので、何色なのか解りませんでした。
赤のようです。
そして、サボテン的な、透明感のある花びらのようです。

どんな花になるのかな。
posted by ta meta ta at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

リトープス、コノフィツム

リトープスもコノフィツムも、花芽がでないなあ。

咲かないのかなあ。

肥料も水も、ほとんどいらないと言うし。

SDIM2337.jpg
posted by ta meta ta at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

リトープス 脱皮!

リトープスが、脱皮して、分裂して、増えた!


SDIM1984.jpg
萎れはじめて、ダメかと思っていた。

SDIMa2056.jpg
ぱっくり割れて、なかから2倍になって出てきた。
でも、大きさは半分。小さくなってしまった。
脱皮が完了したら、植え替えよう。

SDIMa2054.jpg
こちらは、パンパンな感じですが、まだ分裂しないようです。
posted by ta meta ta at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

安いフリースが一番暖かい

寒がりの私は、股引(ももひき)、ズボン下、ステテコ、というのを真夏以外は履いている。

特に真冬は、綿100%の股引の上に、さらにウール混のゆったりしたタイツのようなのを重ねてはいていた。

しかし、最近、ヒートテックだのホットマジックだの、メンズ用タイツだの、レギンス?だのいろいろなのが売られているので、試しに、そういう、薄めでぴったりしたのをはいてみたら、なんだか寒い。冷たい。腹が苦しい。

しかし、確かに、綿100%の股引も、極寒の時は冷たい。

そこで、いろいろ試した結果、500円で買ってきたフリースが一番暖かった。
そして重ねなくても良いから苦しくないし。
ストレッチ素材ではないけれど、上にはくズボンもストレッチではないので問題ない。

むかしは、私は、化繊はチクチクしてダメだったので、綿100%しか肌に触れるものは着られなかったが、最近の物は、質が良くなったのか、私の肌が鈍感になったのか解らないが、チクチクしないものもある。
もちろん、ダメなのも多くて、はいた瞬間にチクチクして我慢できないものから、はいていてなんとなくチクチクして嫌というのや、汗ばんだときだけチクチクしだすというものまである。

安い500円のフリースが、全然チクチクしない。そして軽くて暖かくて、3千円もしたウールの股引なんてもういらない。もちろん違いの分かる人は高いのを買ってください。
もちろん、見た目を気にして、本当に薄くて暖かいものを欲しいというのなら、やはりウールの股引だけれど。私は、そんな見た目なんて100%気にしない。

安いフリース最高!!
寒がりの私は、真冬は、アメフトの選手のように、モコモコになっています。

もちろん、日本国内の繊維産業を支えたい気持ちもありますが、貧乏人の私は、背に腹は代えられないのです。厚着をして暖房費を節約する。厚着をするための衣類もできるだけ安いものを買ってしまう。


ももひきや、ふるきのきばのしのぶれど、なほあまりある、むかしなりけり。
だったかな。
posted by ta meta ta at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

ほうとう 煮ぼうとう 山梨と深谷市

先日、深谷市の煮ぼうとうがTVで放送されたらしい。
猪の肉を入れていたらしい。
まあそんな煮ぼうとうもあるのだろう。

ほうとうと煮ぼうとうの違いは、ありません。

ほうとうの麺を打つときにも、塩水を使います。
味噌味、しょうゆ味、どちらもあります。
具は、自由です。
まあ、「正月の雑煮」と似ているかも。家庭料理なので、細かく言ったら一軒一軒違うでしょう。
山梨に実家のある父と、深谷市に実家のある母の間に生まれた私が言うのですから、多少信憑性があるでしょう。

幅の広い薄い面で、火の通りをよくしたのでしょう。
野菜や肉を煮込んで、その中に、粉のついた生めんを入れて煮込みます。
だから汁にとろみがつきますし、うっかりすると麺と麺に付いていた粉の塩分でしょっぱくなりすぎてしまいます。味噌や醤油を入れる前に味見をしましょう。

昔は、薪や練炭でお湯を沸かすので、薪も貴重ですし時間もかかりますし、お湯が貴重だったのでしょう。
だから、麺をそのまま汁で煮込んでしまえと、思いついたのでしょう。
山間部では、塩も貴重だったのでしょうしね。
田舎の無駄の少ない調理方法です。

煮ぼうとうは、特に深谷市の名物ということではありません。
山梨、秩父、群馬などでも広く食べられてきました。
posted by ta meta ta at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

アゲハチョウ 幼虫から蛹へ

昨日の夕方、アゲハチョウ(おそらくクロアゲハ)の幼虫が蛹になる一歩手前でした。

SDIM1883.jpg
この格好、かわいい。

今朝見てみたら、蛹になっていました。
SDIM1891.jpg

ただ、この幼虫は、少し発育が悪かったようで小さいです。
無事に成虫になれると良いのですが。

幼虫を探していたら、アマガエルを発見。
このまま蛹がここにいたら、天敵に食べられてしまうと思い、枝ごと切って、室内に移動しました。
これで羽化した後に、成虫の確認もできますね。

SDIM1885.jpg
何カエルかな?
それに、うちからは、水辺は500mは離れたところに川があるくらいです。
どこでオタマジャクシでいたのか、どうやって来たのか、不思議です。
posted by ta meta ta at 11:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

プロは絶対にしない素人の危険な行為

電気柵の感電死事故。

これは、全く電気の知識のない素人が、デタラメな配線をして、人を感電死させてしまったという事故である。

電気の知識のあるプロなら、400ボルトに昇圧した商用電源をひとの触れる場所に設置など絶対にしない。
そういうことをするということは、素人ということ。

前には、このブログで電気回路の簡単なものを公表したことがあり、その時には危険なので免責事項を書いたが、電気の知識のある人ならその危険性を十分に理解しているし、知識の全くない人なら自作しようなどとはしないだろう。知識がないのにあると思い込んでいる人が、自分を過信して失敗するのだから、こんな注意書きは意味がないなと思ったのでした。

プロは絶対にやらない素人の危険な行為って、結構あるのですよ。
電気工作は、上記のとおり。

高所からの転落
高所作業で、4段の脚立でトップに上がって作業するなんて、プロは絶対にやらない。
子供がジャングルジムで遊ぶよりも低いような脚立ですがね。ヘルメットをして、安全帯を着けて、脚立を固定して、それでも3段までです。4段目には上りません。理由は簡単です。その高さでも落ちたら死ぬのです。植木の手入れをしていてはしごから落ちる素人が多いのですが、なぜそんなことをして死んでしまうかというと、自分だけは落ちないとみんな過信しているし、落ちても死なないと判断が間違っているのです。

食中毒
プロは、卵を触ったあとは、必ず手をゴシゴシ水洗いします。サルモネラ菌が塩素殺菌でも死滅しないで殻に付着している場合があるからです。卵を割った手で、サラダを作ったり盛り付けたりなんて最悪です。

さび抜きの生魚
知識のある人は、子供にさび抜きの寿司なんて絶対に食べさせません。体力の弱い子供にワサビなしで生魚を食べさせることは、食中毒のロシアンルーレットを子供にさせているようなものです。
生魚はワサビをつける。ワサビをつけないなら生魚は食べない。

インターネットでの匿名の誹謗中傷
これは周知されてきましたが。まだネットで匿名なら何を言ってもかまわないと思っている人がいるようで。
首相の電話も盗聴できる世の中ですから、一般市民のセキュリティー環境なんてないのと同じですよね。
その気になれば、すべてが暴かれます。
posted by ta meta ta at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

ゾウ マナティー カバ クジラ ネコ アザラシ ラッコ?

メモ

アマティーとジュゴンとゾウは仲間。

クジラとカバは仲間。

アザラシとネコは仲間。
posted by ta meta ta at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

梅か、杏か。

今年も梅干を作りました。
あと梅酒も。

で、うちの梅は、熟すと美味しい。そのまま食べてるという話をして、もしかして梅じゃないかもと思っていろいろ調べてみたら、杏か、杏と梅の雑交種かもしれない。

実から種がきれいにはずれる。
熟すと甘酸っぱくておいしい。
香りがとてもよい。
実が大きい。

ということは、梅酒ではなくて、「杏子酒」だな。
梅干ではなくて、「杏の塩漬け」だな。

昨年の写真です。
10455316.jpg

10387465.jpg

10371523.jpg

posted by ta meta ta at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

日本崩壊

原発 放射能
経済 派遣社員というピンハネ機構と貧富の差の拡大
軍国主義 憲法改正と 武器三原則の撤廃、

みんな、正しいことが隠蔽され、嘘がまかり通る世の中。
こんなことがあっていいのか、こんなのは、私が知っていた日本ではない。

もうどうにもならないのか。
こんなデタラメが許される国があっていいのか。
posted by ta meta ta at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

愚かなこと

なぜ、こんな、煽るようなことをするのだろうか。
日本は、中国、朝鮮半島、台湾などと、仲良くやらなければいけない。
たとえ煽られたとしても、応戦してはいけない。

「尖閣・竹島は日本の領土」裏付け資料を政府がネット公開 「日本人が几帳面に作り続けてきた資料」 http://huff.to/1C9cvd2

日本と近隣諸国との付き合いは、千年以上にもおよび、日本の文化に多大な関係がある。

国家とは、理性的に正しくふるまうものではなく、一人の個人のように、過去を引きずり、怨念や嫉妬に駆られ、いがみ合ったり戦争をしたり、くだらないプライドのために多くの国民を戦死させてしまったりする。

国民一人一人が冷静になり、歴史から学び、戦争や孤立を回避しなければいけない。
posted by ta meta ta at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

NO war


No War

日本国内で、日本も戦争ができる国になるべきだという意見をよく聞くようになった。違うと思うというと、非国民と怒声を浴びせられるような勢いである。
戦争をしている米国は、いまはどんな状態なのかと、昔よく見ていたサイトを思い出した。
911で亡くなられた方々の数をイラクとアフガンに行って亡くなった方々の数が超えたと大きく報道されたのは、いつのことだっただろう。

今見てみたら、6800人。カルホルニア州の出身者が多い。
この遺影を、ブッシュの寝室にすべて飾ったらよいと思う。
そして、おそらく、この10倍以上の現地の人々が亡くなっているのだろう。

いったい、この犠牲と引き換えに、米国は何を手に入れようとしたのか。同時になにを失ったのだろうか。もし米国と一緒に戦闘をするのなら、よく考えなければならない
http://apps.washingtonpost.com/national/fallen/
posted by ta meta ta at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

平和を望む。

挑発に乗ってはいけない。
戦争屋の策略に乗ってはいけない。
血を流し戦争屋を儲けさせるだけになる。
挑発に乗ってはいけない。
一番初めに戦争をけしかけたのは誰なのか、誰が得をするのか、誰が損をするのか、よくよく考えるべきだ。
そのくらいの冷静さは必要だろう。

世論誘導されていないか、常に気を付けるべきだ。
日本国内と同じように、中国政府も、多くの国民の気持ちと、中国政府のやっていることとは、かい離がある。

多くの日本人の声が海外に伝わらないように、多くの中国人の声が日本に伝わってこない。

戦争を行いたい人や、軍事産業で儲かる人や、ナショナリズムを誇示することで快感を覚える人の謀略にまんまと乗せられてはいけない。


軍事パレードで対日けん制=戦勝70年の実施に政治的狙い―党機関紙が文章・中国
http://www.excite.co.jp/News/world_g/20150127/Jiji_20150127X748.html
時事通信社 2015年1月27日 15時06分 (2015年1月27日 19時46分 更新
 【北京時事】中国共産党機関紙・人民日報はインターネット向けの文章で、反ファシズム・抗日戦争勝利70年を迎える9月3日に合わせ、大規模な軍事パレードと閲兵式を開催することを認めた。その上で、閲兵式などを実施するのは、中国の軍事的能力を誇示することで「日本を震え上がらせ、世界に向けて中国が戦後の世界秩序を守る断固たる決意を示す」など、対日けん制が目的の一つとの見方を示した。

 習近平国家主席の就任後、軍事パレードと閲兵式は初めて。これまでは10年に1度の国慶節(建国記念日)の節目に開催されている。習主席としては慣例を外し、抗日戦勝記念日に軍事パレードを開催することに政治的な意味や狙いを込めている。

 この意味について、人民日報が26日夜にスマートフォン向け無料通信アプリ「微信」に配信した文章で解説。日本が「再び軍国主義の道を歩む兆しがあり、戦後の国際秩序をひっくり返し、敗戦国の地位を変えようとたくらんでいる」と批判し、「中国は日本に(軍事的)能力を示し、中国の戦後秩序に対する日本の挑戦を絶対に許さない」と強調した。
posted by ta meta ta at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

自衛隊が海外で戦闘をいつでも行うようになる。

小泉のイラク派兵が、どれほど国益を損なったか、そしてその反省が行われないのか、さらに反省が行われないまま、イスラム国の日本人人質の事件が起きてしまった。

と、嘆いていたら、なんと、こんな記事を今更知った。

武器三原則の破棄のあとには、戦闘支援!!
しれーっと、こんな法案が通ってしまうぞ。


自衛隊海外派遣恒久法案 通常国会提出へ 2015年1月20日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2015012002000149.html
 菅義偉(すがよしひで)官房長官は十九日の記者会見で、米軍など他国軍の戦闘を支援するために、自衛隊をいつでも海外へ派遣できるようにする恒久法案を二十六日召集の通常国会に提出して、成立を目指す考えを明言した。


 菅氏は「あらゆる事態に、切れ目のない対応を可能とする安全保障法制を整備することが重要」と指摘した。これまで国際紛争時の自衛隊の海外派遣は、特別措置法を制定して対応してきたが「将来、ニーズが発生してから新法、特措法で対応することは考えていない。(恒久法案を)通常国会へ提出すべく、与党と相談しながら精力的に作業を進めている」と述べた。
posted by ta meta ta at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

アメリカの病

また米国で白人警官が黒人少年を殺害した。差別感情は難しく根の深い問題であると言われるが、そんなのは簡単なことである。白人たちが認めたくない事実とは、自分たちがかつて有色人種を虐殺して土地を奪い奴隷にして差別して建国した事実。しかしそれを欺瞞して、自由と平等と人権の国と言っている。

自分たちが認めたくない事実を突き付けてくる者に対して、人は殺意を覚える。これは、ナルシシズムの完全性を傷つけられたことを回復しようとするためである。米国人の自尊心という病は、その欺瞞が原因であり、に常に脅かされている。

これを克服しようとするなら、米国の建国が欺瞞であったことを認めなければならない。しかし、それを認めることは、国家の崩壊を意味する。虐殺をして奪い取った土地をインディアンに返還して、今までの悪事を懺悔して、もといた国に帰らなければならない。米国人にはそれは出来ないから、差別もなくならない。これが米国。

アメリカがアメリカであり続けるというということは、差別から解放されることはない。
虐殺の象徴である銃を手放せないのも、虐殺を虐殺ではなく正義の戦いだったと自分に嘘をつかなければならないから、脅迫的に手放すことができない。核による抑止力と、核による平和も、広島長崎に対する世界初で世界唯一の、人々に対して投下したという悪魔のような所業を、正義の行いであったと自分に嘘をつき続けるために、止めることができない。また、インデアンに対する虐殺を正当化するためにハワイ、日本、朝鮮、ベトナム、アフガン、イラク、と虐殺を繰り返さないといられないのである。イラク攻撃に劣化ウラン弾を良心の呵責もなく使用できるのも、彼らがそういう精神的な病にかかっているからである。
posted by ta meta ta at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月14日

優秀な外交は、軍事に勝る

こんな意見もある
「日本は、資源もないし、食料自給率も低いし、戦争になったらひとたまりもない。だから、アメリカが後ろ盾となり、もし日本を攻撃したらアメリカを相手に戦争をしているようなものであるという状態にしておかなければ、にほんはすぐに中国に侵略され滅ぼされてしまう。」という。

しかし、どうだろうか、世界には、日本よりも小さく、資源も軍備もない国が、外交努力によって平和に暮らしているのである。

むしろ、アメリカの味方をすることで、アメリカ以外の国から顰蹙を買っているというのが事実ではないだろうか。
posted by ta meta ta at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネオ日本軍の歯止めとしての憲法9条と憲法前文

驚いたことは、多くの人が、「アメリカ軍がいてくれたら安心」ということを言っていること。

まず、こういう意識を変えていかなければならない。

まず、基地は無くても、アメリカと軍事協定を結んで、互いに戦争はしないとか、万が一にどちらかの国が戦争になってしまったら助け合うとか、空母の寄港は認めるとか、合同演習はするとか、そういうことは可能なのである。

さらには、すでに日本は世界で有数の軍事力を持っている。だからアメリカ基地が無くなったらすぐに丸腰になる訳ではないということである。ただ、石油も食料も鉄も産出できない日本は、戦争になったらすぐに負けるから、そもそも外交が失敗したとしても戦争という選択肢はないのである。まして、日本中に原発があり、そこに小さな普通の爆弾を落としただけで日本は終わりなのである。

問題はそれだけではない。
アメリカ軍基地を無くしたとしても、次に問題なのは、だれが日本軍を管理し指揮を執るのかということである。もちろん政府や官僚ということになるが、これがかつての軍部と何も変わらない愚かな集団であるから、また同じことを繰り返しかねない。原発事故の対応しかり、薬害エイズも公害対策も公共事業も何もまともなものはない。イラク派兵についてさえ小泉の判断について検証が行われていない。こんな国は日本だけである。

いまの「自衛隊」の存在がそもそも欺瞞であるということが第一の問題。世界有数の軍隊を持ちながら、日本人は平和憲法を持っていて平和を望む国民であると言っている。ヤクザの子分になっていながら自分は平和主義者だと言っているのと同じ。この欺瞞を解決しなければならない。こんな欺瞞をしていては、国民は国に誇りなど持てず、いじめも自殺もなくならず、文化も大切にされず、ダメな国のままである。
第二に、その欺瞞を解決した場合に、日本軍を放棄して名実ともに憲法通りの国になるという道もあるが、おそらく賛同は得られないだろう。そしてアメリカ基地を無くして、自分の国は自分で守るという道を選ぶことになると思う。その場合にはその日本軍を管理運営する組織をどうするかという問題になる。

いまのままの官僚や政治家が国を動かしている間は、今の憲法が歯止めとなって日本を守ってくれている、世界をネオ日本軍から守ってくれていると言っていい。だから、今の官僚や政治家が変わらない限り、今の日本の憲法は変えてはいけない。
posted by ta meta ta at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

茶番の選挙

日本は、軍事費は世界のトップテンにはいる軍事大国である。イージス艦まで持っている、立派な軍隊である。
これは、日本の憲法に抵触している。

今回の選挙で、立候補者が、こんなことを言っていた。
「アメリカ軍が撤退してしまったら、有事の時に何が守ってくれるのでしょうか。日本が攻撃されてしまうかもしれないし、不安になってしまうので、アメリカ軍にいてもらった方が良い。」

私は、耳を疑いました。今まで国会議員をしていて、今回も立候補しようという人が、こんな発言をしている。

日本は、世界に向けて、戦争をしない平和な国であると宣言しているが、それは、たとえば、暴力団に守ってもらいながら、自分は平和主義だ、暴力反対!と言っているのとおなじである。
そんな人は、他人から信用されるわけがなく、一人の人格として重んじられることもない。日本が世界中からまだまだ敵国だと思われていて、信用されていないもの当然である。

アメリカ軍に出て行ってもらって、自分の国は自分で守るとするなら、国民一人一人に、自分の国という意識が芽生えて、政治にも国際関係にも関心を持つようになり、さらには、日本人という誇りも抱くようになるかもしれない。
もちろん、アメリカ軍に出て行ってもらって、本当に現行の憲法を守り、たとえ他国から侵略されても絶対に戦わないとして滅ぶ道を選ぶという道もあると思う。

一番悪いのは、今の状態をだらだら続けることである。ヤクザの男に暴力で妾にされた女性が、その男から離れるのが何となく不安なので、自分が決心したら別れることができるのにもかかわらず、暴力を振るわれながらもいいように利用されながらも、経済的にも楽だし、時々守ってくれるような気がするから、その男から離れられないのと同じである。
 そして、日本軍を自衛隊と言い、売春を援助交際と言い、大型間接税を消費税と言い、核兵器技術を原子力開発という、言いかえをして、自分で自分を欺き、欺瞞をして、日本中が精神病のようになり、年間の自殺者は推計10万人と言われる国となった(交通事故や病気などの中から自殺と思われるものまで含むと)。若者は、家庭を築き、子供を育て、誇りある職業につき、文化的な生活をしたいと思わなくなり、一部の人は、金もうけだけがすべてであるような人間になる。

しかし、いま、アメリカ軍に出て行ってもらって、自分の国は自分で守るとした場合に、課題が二つある。
一つに、日本の官僚や政治家は、戦前の軍部と同じで、バカであり、自閉的共同体であり、だれも責任をとれない連中であるから、こんな愚連隊に「日本軍」を持たせてしまったら、どんな破滅が待っているかわからない。
二つに、おなじ官僚と政治家のことであるが、外交がまったくできない。日本よりも小さい国が、軍事力も経済力もない国が、外交努力によって、近隣の国々とうまく付き合い、戦争もせずにいられる国が多いのであるが、日本はうまく外交を行えるであろうか。
 いままでの日本の歴史を振り返ると、気ままに、大陸と付き合いたいときには開国して、閉じこもりたくなると鎖国をして、その繰り返しであった。白村江、大化の改新、遣唐使、遣隋使、平家の朝鮮出兵、それに対する、鎖国を望む風潮との間を揺れ動く歴史であった。現代はそういうわけにはいかない。

アメリカにアメリカ軍を引き上げてほしいと、日本人が総意として訴えたら、アメリカだって、鬼でも悪魔でもないのだから、交渉に応じてくれるだろう。実際に、フィリピンがそうしているではないか。

だから、重要なことは、国民一人一人が、「アメリカ軍に出て行ってもらおう、そして自分たちの国は自分たちで守ろう。今の状態は、ヤクザの妾と同じである。」と気づくことである。
そして同時に、では、日本軍はどうするのか、過去の軍部のような同じ過ちを繰り返さないためにはどうしたらよいのかと真剣に考える必要がある。福島第一の対応も軍部のそれと全く同じではなかったか。

もちろん、アメリカに出て行ってもらって、自衛のための軍事力も持たないと、日本人が決めるのなら、それでも良いと思う。外交努力と、諸国の平和を願う気持ちを信頼して、軍事力は持たないと。
 でもまあ、フィリピンからアメリカ軍が撤退したら、さっそく中国がフィリピンの領海を侵犯したというのが現実です。
posted by ta meta ta at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月14日

雑種のノーフォークテリアだったのかな

ノーフォークテリアとう犬をみました。
思い出したのが、むかし飼っていた犬。雑種でした。
その犬が子供だったころ、ノーフォークテリアにそっくりでした。
四角い顔、ボサボサな毛、茶色、太い足腰。
私が拾ってきて、育てていました。
「不細工な犬だねえ。」と、みんなから言われていました。

大きくなって、普通の犬っぽくなりましたが、ボサボサで目の前が見えないだろうと思うくらいでした。

古い写真がありました。
10歳ぐらいのころ。
FL000008.JPG
posted by ta meta ta at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

日本国が死の商人になる日


まずは、この動画。
武器商人の言いなりになる大統領。


つぎに、この動画、
町山智浩が「コラムの花道」で世界最大の傭兵会社『ブラックウォーター』を語る。
ブラックウォーターと言っても、アマゾンの水を再現するためにピートモスを入れて弱酸性にしようという話ではなく。

政府から、ブラックウォーターに700億円が流れていた。そのうちの一部は、日本からの、イラク復興支援の400億円ですよ。
米国にとって戦争は、公共事業で随意契約。


そしてこの、画像。Haruna Yukawa with Tamogami.jpg


田母神は、ちゃんと私腹が肥えるように動いています。
日本人は、こいつらの私腹を肥やすために、他国の人を殺したり、自分が殺されたり、死んだりしてはいけない。


たった1パーセントの超富裕層のために、人びとが殺し合いをさせられる。
そんな現実は、もう始まっている。
posted by ta meta ta at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

2014年 長崎平和宣言

田上富久市長 長崎平和宣言
 69年前のこの時刻、この丘から見上げる空は真っ黒な原子雲で覆われていました。米軍機から投下された一発の原子爆弾により、家々は吹き飛び、炎に包まれ、黒焦げの死体が散乱する中を多くの市民が逃げまどいました。凄まじい熱線と爆風と放射線は、7万4千人もの尊い命を奪い、7万5千人の負傷者を出し、かろうじて生き残った人々の心と体に、69年たった今も癒えることのない深い傷を刻みこみました。
 今も世界には1万6千発以上の核弾頭が存在します。核兵器の恐ろしさを身をもって知る被爆者は、核兵器は二度と使われてはならない、と必死で警鐘を鳴らし続けてきました。広島、長崎の原爆以降、戦争で核兵器が使われなかったのは、被爆者の存在とその声があったからです。

 もし今、核兵器が戦争で使われたら、世界はどうなるのでしょうか。
 今年2月メキシコで開かれた「核兵器の非人道性に関する国際会議」では、146か国の代表が、人体や経済、環境、気候変動など、さまざまな視点から、核兵器がいかに非人道的な兵器であるかを明らかにしました。その中で、もし核戦争になれば、傷ついた人々を助けることもできず、「核の冬」の到来で食糧がなくなり、世界の20億人以上が飢餓状態に陥るという恐るべき予測が発表されました。
 核兵器の恐怖は決して過去の広島、長崎だけのものではありません。まさに世界がかかえる“今と未来の問題”なのです。
 こうした核兵器の非人道性に着目する国々の間で、核兵器禁止条約などの検討に向けた動きが始まっています。
 しかし一方で、核兵器保有国とその傘の下にいる国々は、核兵器によって国の安全を守ろうとする考えを依然として手放そうとせず、核兵器の禁止を先送りしようとしています。
 この対立を越えることができなければ、来年開かれる5年に一度の核不拡散条約(NPT)再検討会議は、なんの前進もないまま終わるかもしれません。
 核兵器保有国とその傘の下にいる国々に呼びかけます。
 「核兵器のない世界」の実現のために、いつまでに、何をするのかについて、核兵器の法的禁止を求めている国々と協議ができる場をまずつくり、対立を越える第一歩を踏み出してください。日本政府は、核兵器の非人道性を一番理解している国として、その先頭に立ってください。
 核戦争から未来を守る地域的な方法として「非核兵器地帯」があります。現在、地球の陸地の半分以上が既に非核兵器地帯に属しています。日本政府には、韓国、北朝鮮、日本が属する北東アジア地域を核兵器から守る方法の一つとして、非核三原則の法制化とともに、「北東アジア非核兵器地帯構想」の検討を始めるよう提言します。この構想には、わが国の500人以上の自治体の首長が賛同しており、これからも賛同の輪を広げていきます。

 いまわが国では、集団的自衛権の議論を機に、「平和国家」としての安全保障のあり方についてさまざまな意見が交わされています。
 長崎は「ノーモア・ナガサキ」とともに、「ノーモア・ウォー」と叫び続けてきました。日本国憲法に込められた「戦争をしない」という誓いは、被爆国日本の原点であるとともに、被爆地長崎の原点でもあります。
 被爆者たちが自らの体験を語ることで伝え続けてきた、その平和の原点がいま揺らいでいるのではないか、という不安と懸念が、急ぐ議論の中で生まれています。日本政府にはこの不安と懸念の声に、真摯に向き合い、耳を傾けることを強く求めます。

 長崎では、若い世代が、核兵器について自分たちで考え、議論し、新しい活動を始めています。大学生たちは海外にネットワークを広げ始めました。高校生たちが国連に届けた核兵器廃絶を求める署名の数は、すでに100万人を超えました。
 その高校生たちの合言葉「ビリョクだけどムリョクじゃない」は、一人ひとりの人々の集まりである市民社会こそがもっとも大きな力の源泉だ、ということを私たちに思い起こさせてくれます。長崎はこれからも市民社会の一員として、仲間を増やし、NGOと連携し、目標を同じくする国々や国連と力を合わせて、核兵器のない世界の実現に向けて行動し続けます。世界の皆さん、次の世代に「核兵器のない世界」を引き継ぎましょう。

 東京電力福島第一原子力発電所の事故から、3年がたちました。今も多くの方々が不安な暮らしを強いられています。長崎は今後とも福島の一日も早い復興を願い、さまざまな支援を続けていきます。

 来年は被爆からちょうど70年になります。
 被爆者はますます高齢化しており、原爆症の認定制度の改善など実態に応じた援護の充実を望みます。
 被爆70年までの一年が、平和への思いを共有する世界の人たちとともに目指してきた「核兵器のない世界」の実現に向けて大きく前進する一年になることを願い、原子爆弾により亡くなられた方々に心から哀悼の意を捧げ、広島市とともに核兵器廃絶と恒久平和の実現に努力することをここに宣言します。


2014年(平成26年)8月9日
長崎市長 田上 富久



「 しかし一方で、核兵器保有国とその傘の下にいる国々は、核兵器によって国の安全を守ろうとする考えを依然として手放そうとせず、核兵器の禁止を先送りしようとしています。
 この対立を越えることができなければ、来年開かれる5年に一度の核不拡散条約(NPT)再検討会議は、なんの前進もないまま終わるかもしれません。
 核兵器保有国とその傘の下にいる国々に呼びかけます
 「核兵器のない世界」の実現のために、いつまでに、何をするのかについて、核兵器の法的禁止を求めている国々と協議ができる場をまずつくり、対立を越える第一歩を踏み出してください。日本政府は、核兵器の非人道性を一番理解している国として、その先頭に立ってください。

なんとも、長崎市長が政府に対して要望しているという形になっている。日本国内でさえ、このざまである。
日本が一丸となって、世界に向けて反核を訴え続けるという形になっていない。
もう、日本の中も狂い始めている。
posted by ta meta ta at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする