2015年01月08日

空飛ぶペンギン メイキング

まずは、これをご覧ください。



そして、これが製作中の様子
posted by ta meta ta at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンギン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

シャチ 名古屋港水族館


身長測定?名古屋港水族館のシャチ「クー」が死んでしまったそうです。9月19日。
そしてその死因が解ったそうです。

名古屋港水族館
クーが7月下旬に体調を崩したのは、ヘルペスウィルス感染症によるものでした。治療により体調は一時改善しましたが、クーの体力と抵抗力が低下していたため、カビ(真菌)の一種であるアスペルギルスと、パラポックスウィルスに感染し、これらの病原体が全身に広がり、最終的にはカビの菌糸が心臓の血管に詰まることによる心不全で死亡しました。

「クー」の関連ページリンク


シャチシャチ 2
写真は、今年2月に岐阜に行った時に撮ったもの。

生きているときに会ったことのある生き物が死んでしまったという知らせは悲しい。大きな体がジャンプする姿、飼育員に懐いている様子、人とコミュニケーションを取っている様子などが、思い出される。まるで自分が飼っていた生物が死んでしまったかのように悲しい。
posted by ta meta ta at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンギン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

パンダ騒動について

私は、パンダに興味がないので、
「保護しなければならないような動物をわざわざ日本に持ってこなくても良い。まして政治に利用されたり、金が動いたりするのは、自然を冒涜した悪であり、汚い。」と思っていた。
(そのパンダが飼育されたものか、猟られたものか未確認)

しかしです、しかし、

私は、ペンギンが好きで、わざわざ名古屋まで見に行ったりしたのですが、そのペンギンも、南極の保護されなければならない動物です。(水族館にいるそんな動物は、氷に乗って流れてきたものを捕獲したり、繁殖させたりした個体のようです。)

そして、ペンギンに置き換えてみた。
結論は、
「好きな動物がいて、単なる興味から色々調べるうちに、そこから自然への興味がわいて、自然への理解が深まり、その動物や、その生きる環境や、さらに地球の環境を大切にしようとかいう思いが育まれる。捕らえられた動物は悲劇であるが、人間がそのように理解を深めることに役立ち、その動物の生きている環境が守られたり、より多くの動物が殺されるのを防ぐことになるとしたら、人間側の言い分だけれど意味がある。また、飼育する人間は、全力でその動物の健康を維持しようと努力しているから、むやみやたらに動物を取って来て「珍獣の見せ物」にしているわけではない。」

送り出す中国側の姿勢も問題だけれど、受け取る日本側の姿勢によっても、意味が変わるのだ。日本人は、「パンダ」から、一体何を学んだだろうか。

ホームセンターで、カブトムシやクワガタが売られていた。川魚も売られている。
クワガタも川魚も、自分で獲ってくるから、その生物の生活環境がわかって、どのように飼育したらよいのか、何を食べるのか、情報を得られる。
売られている状態しか知らないと、その状態がベストかと思ってしまうだろう。(ペットショップがそうしているのだから、間違いないと)
新しいオガクズの入った小さいプラスティックの容器は通気性が悪そうだった。買ってきたらすぐに別の飼育容器が必要なようだ。カプセルに入った「クワガタの餌」を与えているだけでも死なないが、そのクワガタから何も学べない。


ただ、「可愛い、中国からの珍獣」という前回から、今回は、「パンダを好きな人」を自然と結ぶ尊い存在として受け入れるのなら良いと思う。


emperor naogya名古屋港水族館のエンペラーペンギンと、ペンギン仲間。
冷房代だけでも年間いくらかかるのだろう。
posted by ta meta ta at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンギン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

空とぶペンギン



秒速2メートルなんてもんじゃあありません。佐藤克文


感動です。
熱帯まで飛んで行ったそうです。(みなさん、ヒアリングに挑戦)

「空飛ぶニワトリ」という歌が好きでした。小学生の頃。

「気分、最高、コケコココ〜るんるん  」
posted by ta meta ta at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンギン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

エンペラーペンギン 塩取り


塩 かいかい

目の近くに、塩を出す器官があるらしい。

塩を取っているのかな。




仲良し仲良し?
つがい?







カレイ 迷彩
カレイ。

なぜ、そこまで似せることができるのか。






アジは、物陰で寄りかかって眠る。
何も寄りかかる物がないと、海底に横たわって眠るらしい。
砂地の浅めのところで横たわって寝ていたアジが、
「おいらは、もうこのまま横になったままでいいや。」おうちゃくな奴がいた。
敵にも見つけられないし、餌もとりやすかったのか。
そんなアジを見ていた仲間が、
「おいらもまねをしよう。」一部のひょうきんな奴らの間で流行した。

寝そべったままのアジが増えて、そのまま一族を形成し、固有の遺伝子を持つようになり、、、。

そういえば、カレイって、身の感じや味がアジに似ているかも。
posted by ta meta ta at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンギン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャチ 名古屋港水族館


シャチ

Dynamic!!








シャチ 2






身長測定?
小人さんが、白黒のメダカの身長を測っています。
posted by ta meta ta at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンギン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

エンペラーペンギン 遊泳


エンペラーペンギン スイスイ 1



エンペラーペンギン スイスイ 2



エンペラーペンギン スイスイ 3



エンペラーペンギン スイスイ 4






エンペラーペンギン スイスイ 5



エンペラーペンギン スイスイ 6



「流し撮り」なんてしてみました。
ペンギンは空を飛ぶ鳥のように水中を泳ぐ。
posted by ta meta ta at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンギン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

エンペラーペンギンの足


エンペラーペンギンの足の裏足の裏。
大きくて厚くて、しっかりした足だ。
かわいらしくもある。
何キロも歩いて子育てをする。
氷の上で立ったままじっとしていたり。


ペンギンの足は立派だ。

そうそう、この足の上で卵を温め続けるのだった。
posted by ta meta ta at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンギン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

エンペラーペンギン

岐阜まで行ってきたよ。
活動の中心が各務原だったので、名古屋にも高山にも、多治見にも行ったよ。
少しずつブログにのせるよ。

先ずは、名古屋港水族館。

エンペラーペンギンは、和歌山県白浜の水族館か、名古屋港水族館でしか観られません。
あと南極。
ということで、いちもくさんに観てきました。


エンペラーペンギン 1

大きくて、丸々としていて、不思議不思議な動物。
posted by ta meta ta at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンギン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする