2014年09月14日

琉金のこども

琉金の子供が大きくなった。
中には、出目金になるものいるかな。
SDIM0870 (800x533).jpg

SDIM0874 (800x533).jpg
posted by ta meta ta at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 琉金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月21日

金魚の稚魚

SDIM0568 (800x533).jpg
金魚の稚魚、大きくなってきました。
ミジンコも大量発生していて、餌の心配もありません。

これが全部大きくなったら、飼いきれないな。
金魚屋でも始めるか。

琉金の稚魚は全滅もうやだ〜(悲しい顔)
posted by ta meta ta at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 琉金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

子赤の稚魚

SDIM0528.jpg

こちらは、いわゆる普通の金魚の子供、4月28日に孵化して、10日たちました。

20匹ぐらいいるかな。
数匹は大きくなるかな。
posted by ta meta ta at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 琉金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

琉金 稚魚 生まれる

SDIM0523 (640x427).jpg

生まれましたって、映っていませんね。

5月1日に産卵、ちょうど1週間です。

とりあえず、ニワトリの卵を茹でて、黄身をほんの少し溶かして入れました。
それと、緑色になった水を入れて。ケンミジンコやカイミジンコも少し入っています。
しばらくはこれで餌の心配はしなくて良いかな。

ブラインシュリンプは、まだ稚魚が小さすぎで食べられないだろうし、ブラインシュリンプを用意するのって、めんどくさいんだよね〜。って、これが主たる理由。

メスは、一匹だけ、普通の琉金だけれど、オスは、出目金やら、いろんなのがいたから、どんな金魚になるのか楽しみです。

ただ、卵を救出する数が少なかったので、どれだけ孵化するか、どれだけ生き残るのか、全滅してしまうかもしれないけれど、、、。
posted by ta meta ta at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 琉金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

琉金 産卵

琉金が、今朝、産卵しました。
可能な限り卵を取り出しましたが、気が付くのが遅くて、少ししか回収できませんでした。

琉金オス4匹、琉金メス1匹
出目金オス1匹、

で、5匹に追いかけられていたメス。産卵後も追いかけられていて可哀そうだったので、メスだけ別の水槽に移しました。まだ産卵するかもしれませんが、疲れ果てて死んでしまうかもしれないと思えるほど、追いかけられ続けていました。自然界なら、広い沼などで、産卵後は物陰に隠れて休めるのでしょう。

出目金が怪我をしてしまいました。何もないがらんとした水槽で、ろ過用の水中ポンプだけが物陰になるので、狭いポンプと水槽の隙間に挟まって産卵され、そこに群がったオスたちが、ポンプやら水槽の淵やらに体を擦りつけてしまったようで、哀れにも横っ腹の鱗が痛々しく剥がれています。
出目金は、眼を怪我をしてしまうことが多いのですが、眼は大丈夫でした。

さて、どんな稚魚が出てくるのかな。
5匹ぐらいは、成魚になれるかな。
posted by ta meta ta at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 琉金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

金魚、稚魚生まれる。

琉金じゃなくて、ボウフラ対策に飼っている小赤、ようするに普通の金魚の稚魚が生まれました。

アオコの発生している水と、スイレンの瓶の中で増えている生きたミジンコを、稚魚のいるバケツに入れてました。
しばらくは、餌を与えなくても、なかで増えている微生物を食べて成長してくれるかな。

顕微鏡は、甥っ子にあげてしまったので、写真も撮れませんので、文章だけ。

これから毎日眺めるのが楽しみです。
posted by ta meta ta at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 琉金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

琉金 赤斑病 治る

ryuukinn20120903.JPG

鰭の赤い斑点は、取れて、綺麗な鰭になっている。

全身のいたるところにあった、充血したような赤斑は、きれいに消えた。

もともとの、きれいな鱗の赤い色が戻ったら、完治だろう。いや、もう赤い色は戻らないのかな。

治療過程

別の水槽に移さずに、まず、水を取り換えた。
毎日、水を4分の1ほど取り換えた。 もしかして炭素繊維の濾過は、性能が悪いexclamation&question

餌を今までの半分にした。バンバン与えすぎていた。

夜には、水槽全体を覆う遮光布をかぶせた。12時過ぎまで皓皓と電灯が付いていた。


日和見感染だから、環境を改善してあげたら良いということが解った。ぴかぴか(新しい)
posted by ta meta ta at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 琉金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月01日

琉金 赤斑病?

ryuukinn20120831-1.JPG

非常に、赤と白のコントラストが美しかった琉金であるが、この数日で、赤い色がオレンジ色になり、赤い色が消えていった。

そして、今日、よーく見ると、赤い斑点がある。

ちょっとネットで調べたら、「赤斑病」というのがあるが、これがそうなのであろうか。よく解らない。

しかし、鰭の紅くなった部分は、膨れ上がり、病的な感じがする。
色が変化したのが、急激であり、これも病的な気がする。赤斑病の場合は、もともとの赤い鱗の色が落ちたように見えるらしい。
濾過槽の濾過材を交換して、まだ濾過細菌が十分に繁殖していない可能性がある。
小さな琉金と出目金と、合計3匹追加した。60センチ水槽で7匹の状態。
などなどを考えると、
魚が増えてストレスが増えた。
餌の量が増えて、水が悪化している。
濾過材を交換したばかりで、硝化細菌が機能していない。
などが考えられて、エロモナス菌による 「 赤斑病 」 が疑わしい。

特に酷くないので、別の水槽には移さずに、様子をみる。
ただ、
餌を少なめにする。
毎日、部分換水をする。
夜に、遮光し、規則正しい生活にする。
posted by ta meta ta at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 琉金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

赤出目金 800円

akademekun-2.JPG

赤出目金 800円

一週間ほど、トリートメント水槽に入ってもらいます。
隣に写っているのは、普通の魚の色をした琉金。小さいし、こんな色だから商品価値は無いのでしょうけれど、水草水槽には、この色の魚が綺麗かなと思って、2匹購入。特に水草水槽をやる予定も無いのですが。
喫茶店
posted by ta meta ta at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 琉金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上部濾過に炭素繊維を使用

デュアルクリーン600
GEX Dual clean 600 の濾過材を変更しました。

roka20120819-5.JPG
「 GEX ウェット&ドライろ過槽 」を追加していました。

roka20120819-7.JPG
下には、セラミックのリングの濾材を詰め込んでいました。
あとは、すき間には化繊のマットを敷き詰めていました。

しかし、化繊のマットには濾過細菌があまり付かないような気がして、せっかく増やした濾過容量も無駄な気がしていました。
あと、リングのセラミック濾濾過材も、あまり省スペースには向きません。

いろいろ考えていたら、炭素繊維を見つけました。

roka20120819-12.JPG

グッピーの過密飼育水槽
前橋工科大学社会環境工学科 梅津研究室
http://oo.spokon.net/guppy/
または、
http://spokon.net/umetsu/2000/
このサイトは、脱窒をやりたい人には、必見です。結構、荒っぽいアプローチ。
こちらの方が、科学的?
港町内科皮膚科
http://www.ne.jp/asahi/mc/minatomachi/index.html

そして、二つの炭素繊維を使用した商品を購入
炭素の力 炭素繊維入りマット
http://www.gex-fp.co.jp/fish/catalog/quality/tanso.html
炭素繊維マット
http://www.nisso-int.co.jp/aquarium/FiltrationMaterial/CarbonFiberMat.htm

roka20120819-3.JPG
ニッソーの炭素繊維マットは、薄いです。100パーセント炭素繊維です。
GEXのは、厚いです。
さて、これをどう使用しましょうか。

roka20120819-8.JPG
底の水路にまで、リングの濾財をぎっしり詰めていましたが、これを撤去

roka20120819-9.JPG
水路の幅に合わせて、ニッソーの炭素繊維マットを切って、敷き詰めます。2枚使用。

roka20120819-10.JPG
GEXの炭素繊維入りマットを、3枚、敷きました。ちょうとぴったり。たぶん上の部分は、水はヒタヒタにはならないと思うけれど、空気に触れて、それはそれで、なにか細菌が住むかと思うので良しとします。

roka20120819-11.JPG
上の濾過槽部分にも、一枚、GEXのマットを入れました。
その上には、使い古した、マットを敷いて、細菌の繁殖を促します。

GEXの炭素繊維入りマット 2袋 ( 4枚使用 )
ニッソー炭素繊維マット  2枚 ( 2枚使用 )

この使い方が、ベストかどうかは解らないけれど、試しにこれで行きます。

ニッソーの「 炭素繊維パック 」も、よさそうです。


通販店 チャーム で買うとホームセンターなどで買うより安いです。ほぼ半額です。
posted by ta meta ta at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 琉金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

琉金 3ヶ月?

ryuukinn-20120805.JPG

大きくならない。

お腹ばかり、パンパンに太って。


あっ、購入して3ヶ月です。少しは大きくなったかな。いい気分(温泉)
posted by ta meta ta at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 琉金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

クロモと琉金とCO2

kuromo-1.JPG

琉金の水槽に水草を入れようと思いました。

オオカナダモ(アナカリス)やコカナダモは外来種なので、増やして水槽に入れて鑑賞したいということになれば、やはり日本古来の「クロモ」にしたいと思いました。

クロモを探していましたが、なかなか見つかりません。黒目川には、アナカリスが大繁殖。
コカナダモは、湯の湖に行けば、腐るほどあります。というか、腐ってます。

関東では、なかなかクロモに出会えません。
しかたなく、ペットショップで購入。高い。

数本を琉金の水槽に入れたら、溶けて終わりだろう。
琉金水槽では、水草が増えるには、栄養もCO2も光も足りない。
屋外で増やして、琉金水槽に入れて、水槽内で元気がなくなってきたら外に出して、というサイクルで使いたいと思います。

底には、軽石をひきつめ、土を少し入れました。
日当たりは、一日中、ガンガンあてたいところですが、水温が上がりすぎてしまうので、数時間だけあたる場所。
栄養は、ハイポネックスをちょっぴり。
CO2は、普通にブクブクでエアレーションでも良いのですが、屋外で電源を取るのが面倒ですので、発酵式CO2発生装置。

kuromo-2.JPG
こんなことをしなくても、オオカナダモやコカナダモ、エビモ、マツモなどは、どんどん増えるのですが、クロモには特別待遇。

一応、環境は揃いました。
しかし、ここからが不思議なところ、そして面白いところ。かわいい
クロモが腐って、予想外の植物が増えることもある。
放っておいてもどんどん増える植物が全然増えないこともある。
水が透き通る場合も、緑になる場合も、茶色になる場合もある。

tank-1.JPG
GEX 水キラめく ろ過する砂利 です。
普通に軽石でと、考えていたのですが、どのぐらい濾過細菌が繁殖するのか、試しに使ってみました。
8Lで2500円。高いのう。
水に濡れても、明るめの色です。
コトブキのろかじゃりは丸くないです。ニッソーの金魚安心サンドも考えましたが。

この砂利は、濾過のためだけに入れました。目的は濾過だけ。
金魚の糞は、結局効率的に集めて取り出すことが出来ず、水に溶け出してしまうので、底に砂利をひいても良いという結論に達しました。
水換えのときは、この砂利をかき混ぜないように注意をすること。底面フィルターはあえて使用しない。砂利の上面からだんだん深くなるにつれて、酸素の濃度も変化するだろうから、その酸素の変化に応じて、適当なバクテリアが繁殖して硝化、脱窒などをしてくれるだろう。糞などが堆積するのも良しとする。だから、かき混ぜないというのが、とても重要です。


そういえば、水草だけの水槽で、なんで高価な濾過装置が必要なのだろう。
posted by ta meta ta at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 琉金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

琉金 転覆病?

kingyo-20120710.JPG

餌を多めにあげたら、一気に食べて、ひっくり返った。ダッシュ(走り出すさま)

しばらく潜水不可能。

まぬけな琉金。

いちばん食い意地がはっていたヤツです。


転覆病ではありません。一気に空気を含んだ餌を食べただけです。レストラン

今は落ち着いて、優雅に泳いでいます。



参考リンク
http://homepage3.nifty.com/Daiou3/Dragonfish.htm
posted by ta meta ta at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 琉金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

金魚の糞 掃除

20120703-1.JPG

前回、フィッシュレットという商品をまねて、こんな物を作ったが、60センチ水槽では、水流をいくら調節しても、全ての糞がこの取水口にたどり着けず、水槽全体に溶け出してしまうのでした。

金魚の糞を固体のまま取り出すことが出来たら、一儲けできるなと思って、頑張ってみたが、よこしまな動機では、しょせん良いアイディアなど産まれず、断念。

1フナ、金魚などは、夜に眠るときに、底にお腹をつけて休むので、自動的に底を掃除するカラクリを考えても、実用にならない。

2水流を強くして、糞が一箇所に集まるようにしても、その水流の強さでは、やはり金魚が休めない。フナなんて、止水域で、ぬぼーっとしているのが自然なんでしょう。

3二重底にして、底面フィルターのような形にして、底まで落ちた糞を吸い込むようにしたら良いかとも思うが、吸い取れきれないで、底に残るような糞があれば、どんどん溜まって腐敗する。

ということで、別の方法を思案中。

金魚の糞を取り出す安価な商品を開発して、一攫千金という野望は、忘れることにしましょう。
posted by ta meta ta at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 琉金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

琉金

このブログ、初登場。琉金です。
でも、血統書?つきではない。
雑種として売られていた、りゅうきんぽい魚、と言うのが正確だ。
beatannku-2.JPG

この水槽は、私が管理する予定は無いので、出来るだけメンテナンスフリーの状態で行きたい。
底面フィルターを用いて、ろかジャリとか、濾過する砂利とかを10センチぐらい敷いて、テトラナイトレイトマイナスあたりを仕込みたいところだが、そんなことをしたら、私以外、管理しきれないので、あきらめる。
beatannku-1.JPG
ベアタンクにして、上部濾過でいく。濾過槽には、適当に濾過材と、化繊のマット。
これだけだと、小さな琉金4匹程度が丁度良いかな。まだ一週間程度なので、不明。

beatannku-3.JPG
底になにも敷かなくても、底のガラスがレフ版のようになって、琉金が美しい。ぴかぴか(新しい)
先頭のは、チークをさしている様でかわいい。二番目のは、赤の発色が綺麗。三番目のは、鰭が長くやわらかくて美しい。

金魚は、糞をたくさんする。集めて取り除けないかと考えた。
フィッシュレットという製品がある。
まねてみた。ひらめき
20120703-1.JPG
アクアショップ チャーム
http://www.shopping-charm.jp/SearchItems.aspx?join=1&keyword=%u30D5%u30A3%u30C3%u30B7%u30E5%u30EC%u30C3%u30C8&catalog=

20120703-2.JPG
ポカリスエット、二つ使用

20120703-3.JPG
水槽の真ん中に置きたいところだが。
結果は、のちほど。

追記 水槽の底の面と、ペットボトルとの隙間を、5mmぐらいにしてます。

追記 2
一日経ちました、糞は底に溜まり、金魚が噛み砕いてしまいます。
目的の吸い込み口まで糞が流れていかない。
改良が必要です。ダッシュ(走り出すさま)
posted by ta meta ta at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 琉金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

くろでめきんぎょ 二代目を探す

131071424.jpg

127742238.jpg

これと同じ体形、同じ色のが欲しいと思ったら、なんだか流通していないみたい。

これが大きくなると、普通の出目金になったのかなあ。


posted by ta meta ta at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 琉金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

流金を飼いたい

夏の室内の水槽の管理は、どうしているのだろうか。

7、8、9月の、三ヶ月だけのことではあるが。

水槽用クーラーを部屋に置いておいても、私の場合、室温が38度を超えないとクーラーをつけない。

室内の魚に、私が合わせるようにしたらいいのか。

外出時が問題です。

みんな、どうしているのかなあ。

締め切って、室内のエアコンをつけておけば良いのか。
posted by ta meta ta at 23:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 琉金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

だめじゃった

治療も、効をなさず、息を引き取ってしまった。

手厚く飼育して、30センチぐらいの大きなクロデメキンになることを夢見ていたのであるが。

数日前も、ウグイを過剰治療で死なせてしまったばかりなのに。

「くろでめきんぎょ」というカテゴリーまで新設したのに。

メダカでも、水槽移動や環境を変化させると、数匹は、ぽつぽつと死んでしまう。数が多いから、気にしないだけで、環境の変化、特に水質の変化は、魚には大きなストレスなのだろう。

魚の飼育は難しいというより、全然私には体得できない。

こんな私の飼育下でも、生きながらえてくれているメダカがいることが、せめてもの慰めです。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by ta meta ta at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 琉金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

白点か、水カビか

131071424.jpg

塩、適量、たぶん0,5パーセントぐらいになっている、だろう。

メチレンブルー、6滴。たぶん、こんなもんでいいだろう。

餌も与えたいが、水が悪くなるので、与えるなら、毎日水換えをしなくちゃだな。
posted by ta meta ta at 15:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 琉金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

くろでめきんぎょ 水カビか

130685166.jpg

おでこ?後頭部? に、白っぽいカビのようなものが。

塩を入れるか、メチレンブルーかと思ったが、
自然治癒にかけた。

くろでめきんぎょを飼うのは、初めてなので、このぐらいは普通なのかどうなのか、解らないけれど。

初期だし、環境になれて、生きる元気が出たら、免疫も強くなるだろう。
様子を見よう。
posted by ta meta ta at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 琉金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

くろでめきんぎょ 2

130083002.jpg

専用水槽

ガラスの水槽は、自分の姿が映るのか、外が明るいのか、しばらく落ち着かなかったが、数時間たったら、落ち着いて餌を食べ始めた。

夏の間は、室内だと、外出時に部屋が暑くなりすぎると思うので、外に置いておく。秋から春の間は、室内でヒーターを入れたいと思います。いい気分(温泉)

30センチ水槽
水作エイト 大
マツモ
糞は硬くて水に溶けないので、水と一緒に吸い出せる。
posted by ta meta ta at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 琉金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

くろでめきんぎょ 初日

普通に飼っていて、すぐに死んでしまう魚やエビは、
屋外の水槽だと生きていたりする。
赤玉土を敷き、藻をたくさん入れて、日当たりを調整して、平衡水槽に近くなる。自然にプランクトンやアカムシなどがわく。トウヨシノボリの稚魚も、スジエビの子も、これなら育つ。野生のフナやモロコも健康的だ。

しかし、それは、野生の生物だったからだろう。

でめきんは、まともに泳げないし、餌もうまく食べられない。
室内でベアタンクという環境は、実は一番難しいと思う。
強力な濾過装置をつけて、水質、水温、殺菌にも気を配り、餌も考えないといけない。自然に生きた餌が供給されないし、魚も選んで必要なものを食べるということができない。
アロワナやディスカスを飼っているベテランの方々は、本当にすごいと思う。


振り返ってみると、私は、子供のころから、釣りなどで川や池から捕ってきた魚ばかりを飼っていた。
金魚や錦鯉などは飼ったことは無かった。

さて、人工的に改造された魚を、どうしたら長生きさせられるだろうか。
posted by ta meta ta at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 琉金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする