2017年02月22日

地下型の巣箱 4日目

地下型の巣箱に入ったきり、ほとんど姿を見せてくれないムク2代目です。

地上に出てほうれん草をかじっていても、人影に気が付くと、さっと地下にもぐってしまいます。

こうなると、トイレの様子も確認できないし、ハムが巣箱の中にいるときに巣箱を揺らしたくないので巣箱の移動もできない。

でもまあ、こうなったら多少はしょうがない。
意を決して、巣箱の断熱材の箱の中に、巣箱をいれるべく持ち上げて、、、。

ガムテープとスタイロホームで箱を作り
内側にフェルトを3重くらい敷き

ペット用のヒーター 「マルカン ほっとうさ暖リバーシブル・ヒーター」を、
「ジェックス サーモスタット SX003」につないで、
温度計も差し込み、

SDIM2949.jpg

完成!!

ヒーターの上にフェルトを3重にして、その上にサーモスタットのセンサーと温度計を入れて、そしてその上に巣箱を押し込みました。

こうすることで、じんわりと巣箱に熱が伝わり、巣箱の真下の温度を確認し任意の温度に保つことができます。
サーモスタットで温度管理をしないと、この「うさ暖」は、最高40度くらいまで上がってしまうかもしれません。

SDIM2946.jpg
棒温度計は、15度から20度くらいの範囲で上下しています。
サーモスタットはとりあえず20度に設定しています。
このまま様子を見て、明日の朝にでもまた調整しましょう。

このジェックスのサーモスタットは、15度から設定できるのと、温度の誤差が少ないのが良いところです。

揺らされたせいか、まったく出てきません。
怒っているかな?
posted by ta meta ta at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ハムスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447250112
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック