2015年10月27日

もう一つのムジナモ桶

知人の家に、ムジナモの桶を設置しました。8月23日のこと。
2か月たちましたので報告。

まずは、説明
SDIM1900.jpg
ビートモス、腐葉土、
それから、100円ショップの洗濯用ネット、おおきいやつ。
おそらく、ネットの大きさと、中に入れる腐葉土の量で、中の方が嫌気になったりするのだろう。
バクテリアや、微生物の動きにも影響すると思う。そして水質を左右する。
炭なども入れてみたらどうなるかと思っています。泥炭層の再現をしてみたい。

沼から取ってきた水も入れました。ミジンコなどが入っています。

SDIM1901.jpg
とりあえずこれだけ。
上手くいけばすぐにムジナモでいっぱいになるだろうし、ダメならいくら入れても全滅するだけだからね。

そして2か月後
SDIM1952.jpg
途中で、ホテイアオイ、アオミドロ、タヌキモを加えました。
勝手にトンボが卵を産んでいきました。

ホテイアオイは、どんどん増えます。

SDIM1948.jpg
良い感じです。

SDIM1951.jpg
タヌキモも元気です。
ちょっと、ミジンコにムジナモはかじられてしまっているようです。
ムジナモは、なぜかホテイアオイと一緒にいると元気です。ホテイアオイの根と葉が、ムジナモを守ってくれるのかもしれません。

このまま冬を越して、春にはどうなるかな。
ホテイアオイは、おそらく枯れてしまうでしょう。
posted by ta meta ta at 01:46| Comment(5) | TrackBack(0) | 水草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
腐葉土と長繊維ピートモスを入れてみましたが枯れてきました。今は、別の2種類のやり方に挑戦しています。自作でCO2は添加しています。うまくいくといいのですが。もう冬に入ります。
Posted by まき at 2015年11月13日 21:56
うちもすっかり「殖芽」になりました。丸くなっています。
加温し続けると、成長し続け増え続けるようです。私は試していませんか。
ムジナモは、おもしろいですね。
Posted by tametata at 2015年11月13日 23:17
腐葉土14ℓとピートモス18ℓすべてをネットに入れて使われたのでしょうか。
水は水道水だけでしょうか。
よく増えているようですが何かの条件が良いと思われますが、何でしょう?
Posted by マキ at 2015年11月15日 20:32
こんばんは、まきさん。
そうです、すべてネットに入れました。
直径1mくらいのおおきな「たらい」には、このぐらい入れても良いかと思いました。
水は、金魚やメダカの水槽の水です。糞や餌の食べ残し、そのほか微生物が混ざっていると思います。まあ、水がもったいないので、水道からの新しいきれいな水を魚の水槽に入れて、水槽の古い水を捨てずに水草の水槽や植木にあたえようという発想でした。
沼から採ってきた水を入れました。ミジンコがわいています。
日当たりは、午前中だけです。午後は完全に日陰になります。
ハイポネックスやメネデールやリキダスは、これには入れていません。

ただ、別のところにも書きましたが、本当に解らないことだらけで、試行錯誤をしています。原因が解らないまま全滅してしまうこともあります。

もし、本格的にムジナモに取り組むのでしたら、
『宝蔵寺沼ムジナモ自生地 緊急調査報告書』
 羽生市教育委員会 2015年3月

がおすすめです。お近くの大学や県立図書館などにあると思います。
Posted by タメタタ at 2015年11月15日 21:15
ご説明ありがとうございます。
瓶ボトルは2つ使用しています。1つはアクアソイルをひいたものと、水道水だけのものです。どう違いが出るか試しています。
今は、とりあえずCO2添加で順調な気配です。
面倒ですが水はほぼ毎日入れ替えています。
今後、浄化槽と照明の検討もしています。
結局、熱帯魚を飼う設備に近づいている感じもしますね。ムジナモを栽培して販売しているお店では、他の沢山の水草も一緒に栽培して販売していますから、結局、設備なのだと思います。
Posted by まき at 2015年11月15日 22:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/428551008
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック