2014年11月02日

ホンダ ブロス 400 HONDA BROS

ブロス号 譲ります。
もう、4年間乗っていなかったホンダブロス。

納屋に突っ込んでおいたら、なんと錆びだらけ。通気はよいとおもっていたのにショックです。

納屋を取り壊すので片づけろと言われました。(T_T)

どこも悪いところがなく、しまっておいただけですので、キャブを掃除してバッテリーを交換したら走れます。

どんな人におすすめか。
1 免許取りたてで練習したい人におすすめです。どうせ立ちごけをしたり、扱いが悪くて傷をつけたり痛めてしまったりするでしょうから、はじめはこんなバイクで練習してバイクに馴れて、とりあえず一回の車検まで乗って、乗っている間にどんなバイクに乗りたいのかと自問自答し、車検が切れるころに本当に乗りたいバイクを買うというのが良いでしょう。
または、中免を取ってすぐに大型を取るつもりの人にも、練習にちょうど良いです。大型を取るまでの間にこれでバイクに馴れましょう。

2 まあ、部品どり車にどうぞ。どノーマルです。

3 400ccVツイン、プロアームなんていうバイクは珍しいので、これをベースに、手を入れるのも良いでしょう。しかも、シートは低いのでとても乗りやすいです。女性も楽ちん。

私の意見は、練習に車検一回分乗るというのが良いと思います。
もちろん、年代や傷み具合を覚悟して、お金をかけるという人がいたら、それこそこのバイクも喜んでくれると思いますが。

では、どんな具合か、写真で説明しましょう。
SDIM1101.jpg
まずは、全体像。こんなバイクです。埃だらけです。

SDIM1080.jpg
走行距離5万キロ。バイクとしては走っている方だと思います。このバイクの問題は距離よりも、前のオーナーが1万キロぐらいの時に一度、派手に転倒しているということです。しかし、そのあと私が譲り受けて数万キロ乗っていますが、まっすぐ走りますしガタもありませんし問題ありません。
SDIM1082.jpg
ハンドルとフレームが当たる部分。見る人が見たらわかりますね。

SDIM1079.jpg
フロントフォークは錆が出ていますが、表面だけのようです。

SDIM1078.jpg
前後スプロケットとチェーンは、8分ぐらいあります。まだまだ乗れます。RKの良いチェーンを付けています。特に劣化もありません。

SDIM1083.jpg
リヤタイヤは8分以上あります。ゴムの劣化もありません。十分乗れます。

SDIM1084.jpg
フロントタイヤは、劣化しています。私はこの程度なら普通に乗っています。車検も通ります。気になる人は交換したらよいですね。タイヤは消耗品ですからね。

SDIM1087.jpg
マフラー、へこんでます。

SDIM1089.jpg
タンク、へこんでます。

SDIM1090.jpg
シートカウル、割れています。しかし、ボルトで固定していました、ビリツキやガタツキはありません。

SDIM1094.jpg
タンク内、きれいです。ちょっとホコリが入ってしまい写真に写っていますが、キャブを掃除するときにタンク内も洗浄したらよいです。

SDIM1091.jpg
フェンダーはよれています。見た目が気になる人は気になるだけで、走行には問題ありません。直すには、ドライヤーとか熱湯とかを使って形を整えたらまっすぐになると思います。まあ、ここを見ながら運転するわけでもないですしね。

SDIM1092.jpg
ミラーやライトのメッキ部分から錆が出てきますが、磨いたらきれいになります。ホンダ純正部品のメッキは結構しっかりしています。

SDIM1093.jpg
鍵はオリジナルが一つあります。インジェクション、ガソリンタンク、メットホルダーの三箇所は、一つのキーで動きます。

SDIM1098.jpg
ブレーキパッドは、フロントはまだまだ使えます。リヤもまだ大丈夫です。しかし最近は社外製で安いのが出ているのですね。どのくらい持つかとか、安全性は不明ですが。まあ、命を預ける部品ですので、純正かもしくは有名なメーカーのものを使いましょう。

次はエンジンのオイルにじみ
SDIM1088.jpg
ブロスは、ここからエンジンオイルがにじみます。電気配線が出ている穴のパッキンがゴムで、これが原因です。ぽたぽた落ちるわけでもなく、にじんでホコリが付くと汚れてしまうなあというくらいです。
普通に乗っていてエンジンオイルを注ぎ足さなければならないなんてことはありません。

SDIM1111.jpg
あと、もう一か所、スターターモーターのパッキンからにじみます。これもにじむ程度です。

SDIM1112.jpg
ちなみに、エンジンの下の部分。きれいなものです。

SDIM1105.jpg

SDIM1106.jpg

SDIM1107.jpg

SDIM1109.jpg

SDIM1114.jpg

SDIM1115.jpg

SDIM1113.jpg
これは、スタンドのゴムです。
うっかりスタンドを上げ忘れて走行してしまった場合に、左に車体を傾けた瞬間、まずこのゴムが接地してスタンドを跳ね上げてくれます。わたしはこれで、2回ほど転倒を免れました。ありがたや〜。このゴムもほぼ新品です。ホコリをかぶっていますけれど。

まあ、以上です。
もし、このバイクを乗りたいと思う方がおりましたら、お譲りいたしますが、ここに書いたこと以外に故障個所があったり、私が大丈夫だと書いた個所が車検でひっかかったりするかもしれません。こんなわけのわからないポンコツでも良い。それらすべてを承知で欲しいと思うという人だけ、ご連絡ください。コメント欄にメールアドレスを「@」を「アット」と書いたりして、お知らせください。

取りに来られると助かりますが、バッテリーを買って、キャブを掃除して、仮ナンバーで自走してお届けすることも可能です。その場合には、バッテリー代、仮ナンバー手数料、帰りの電車ちんをください。

ご質問も、お待ちしております。

1988年式です。いわゆる初期型。
弾丸のように、まっすくすっ飛んで行きます。
400ccなのに、スリムで軽い車体が魅力です。
燃費は、リッター26キロくらい走ります。トルクフルなエンジンですので、あまり回さずにトコトコ走っていると燃費が伸びます。まあ、燃費を気にして走るようなものでもないけれど。

サービスマニュアル、スペアのクラッチレバー、ウインカーレンズ、車載工具、があります。

このバイクのメンテナンスの様子は、このブログのカテゴリの「バイク」をご覧下さい。

では。
posted by ta meta ta at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昔懐かしいバイクをネットサーフィンしていて見つけました。もう、もらわれ行きましたよね〜(*^_^*)
Posted by 丸山 耕司 at 2016年12月07日 01:17
丸山さま

それが、いちどバイク王に引き取ってもらいましたが、また戻ってきて手元にあります。

こんなものでも、納得されましたら、お譲りいたします。
Posted by タメタタ at 2016年12月07日 01:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック