2012年10月10日

野村克也著 プロ野球重大事件

私は、時々、図書館や本屋さんに行って、あてもなく本を見て、気になった本を借りて買って読む。

思いがけずに、面白い本に出合えることがある。


『 プロ野球重大事件 』野村克也著 を読む。

既に4版を重ねているから、有名で売れている本なのであろうから、いまさら私がレビューのようなことを書いても陳腐かもしれない。

監督には、4つの敵がある。

選手、ファン、オーナー、メディア。

言葉が大切。言葉はコミュニケーションの一番の手段だ。

最終的には、リーダーも一流選手も、人格がものを言う。


2007年の日本シリーズ、山井大介を交代して、岩瀬をリリーフ。
野村は、初め、私なら交代させない、情が優先すると言っていたが、この本では、落合が正しかったと論じる。私も、落合が正しかったと思う。テリー伊藤も、落合の判断が正しいと言う。
この交代こそ、プロ野球なのである。こんなにも緊迫した、記憶に残る一瞬があるだろうか。
以前の記事
http://blogs.dion.ne.jp/kappappa/archives/9433635.html


そのほか、かなりヤバイ暴露ネタもある。
この本を読まずして、日本プロ野球は語れない。野球


posted by ta meta ta at 01:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/388589716
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

日ハム・糸井+八木⇔オリックス・木佐貫+大引+赤田のトレードの件などを前振りに、@yonda4 4041101611[プロ野球重大事件 誰も知らない”あの真相”(角川oneテーマ21)]
Excerpt: 本題に入る前に、まずは3/25(月)に東京ビッグサイトで「セ・リーグ開幕直前!!ファンミーティング2013」が開催される件。 パ・リーグではファンミーティングをしていたかどうか記憶にありませんが、セ・..
Weblog: ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2
Tracked: 2013-01-24 06:15