2016年09月30日

ムジナモ 溶ける ボロボロになる

SDIM2280.JPG

このように、青々としているのにボロボロになったり、とろけて腐り始めたりした場合、その原因は、おそらく、水質の悪化です。

水質の悪化とはいえ、水は澄んで中にいるメダカが生きている場合もあります。

水質の悪化の原因は、
富栄養  栄養剤などを入れすぎた場合。あるいは急に多めに入れてしまった場合。

このムジナモの場合は、お米のとぎ汁を液肥として植木に与えているのですが、そのとぎ汁が発酵したのを200ccくらい入れてしまったのでした。見事にそのとぎ汁が当たった部分だけ、ボロボロになり千切れたり溶けたりしてしまいました。酸が強かったのかな。

以前も、ハイポネックスの濃いめの液に入れておいて、ムジナモがボロボロになったことがありました。

ムジナモは繊細ですね。
posted by ta meta ta at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ムジナモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

ジムニーワイド リペア

20万キロ超えのポンコツジムニーワイドの修理です。

もう、やっつけ仕事です。

よく、風向調整のパネルの電球が切れるのですよね〜。なぜか。

昼間は良いのですが、夜は、表示が見えなくなるから、困るのです。

しかも、ちょっと特殊な形をしていて、カー用品店には無いこともある。

そこで、LEDにしてしまえ!
(というか、昔の電気工作の部品の余りがあるので、適当にやりました。)

SDIM2275.jpg
もともとついていた電球のベースの部分は残して、上に抵抗とダイオードを着けました。
ただそれだけ。
ダイオードは透明ですが、光は緑色です。

20mアンペア、12ボルト、で、560オーム、緑、青、茶、金、ね。
1/2W型、これで安心。

SDIM2277.jpg
光量も十分ですが、真ん中あたりが、ちょっと眩しすぎるくらいです。
運転には目障りでもないし、分かれば良いので、これでOKです。

ダイオードの頭をやすりで曇りガラスのようにしたらよいかも。
でももう、組み付けてしまったら、もうこれでいいや。(^_^)V
posted by ta meta ta at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | suzuki ジムニーワイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さよなら、ブロス号

とうとう、この日が来てしまった。

バイクを手放します。
さよなら、ホンダブロス400 
HONDA BROS 400
SDIM2273.jpg


バッテリーを交換するだけで、車検は通る車両なのに、引き取り料3000円を払って、持って行かれた。という感じ。
まあ、しょうがない。
しょうがないのだ。

もう乗らないし。
他人がメンテナンスしつつ乗り続けることも大変だろうし。

しょうがない、、、。
posted by ta meta ta at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする