2015年07月31日

蟻が砂で囲う理由は

アリが大きな獲物を見つけると、獲物の周りに砂粒や小石、枯葉などを運んできて囲う。

諸説あるようですが、獲物がねばねばしていると運びづらいからというのもある。

この写真を見ると、砂よりも大きな小石、枯葉、小枝などもあり、ネバネバ対策よりも、囲うことと隠すことが目的のように思う。

SDIM1855.jpg

ありんこは、獲物を隠すために堤防を築く。他のアリや昆虫に横取りされないようにかな。
posted by ta meta ta at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 進化論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

ゾウ マナティー カバ クジラ ネコ アザラシ ラッコ?

メモ

アマティーとジュゴンとゾウは仲間。

クジラとカバは仲間。

アザラシとネコは仲間。
posted by ta meta ta at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

進化論 水草、魚、哺乳類

ムジナモとクロモは、冬に殖芽をつくり冬眠する。

エビモは、夏に殖芽をつくり夏に休止する。(近縁のセンニンモは冬に殖芽をつくる。)
SDIM1847.jpg
氷河期に適応した遺伝子なのだろうか。植物にとっては、温度と日光があった方が良いのだろうけれど、ことごとく拒否するこのひねくれ具合が良いねえ。

水草は、一度陸に上がり、再び水中に戻った植物である。きっと、恐竜やカンブリア紀などの草食動物が水中にあふれていた時代に、陸上に避難して、そしてまた獰猛な草食動物がいなくなって、再び水中に戻ったのだと思う。

同じように、哺乳類も、鳥類も、豊かな海ではあるが敵の多い海を離れて、陸に上がったものの、たくさんの大きな敵がいなくなって、また豊かな水中に戻ったのだと思う。クジラもペンギンも、アシカもマナティーも。

浮き袋を持つ魚は、いちど淡水域に行った魚がまた海に戻ったものである。これも、海水中での、たくさんの大きな生物から逃れるように汽水域や川で生活するようになり、酸素の不足する淡水域でまず腸に空気を貯めて酸素を吸収するように進化して(ドジョウ)、それが浮き袋へと進化した(多くの硬骨魚類)。
 これもあまり知られていないが、海水魚は酸欠ですぐに死んでしまう。淡水魚は酸素濃度が下がるとすぐにわかって酸素を求めて移動する。海水魚やイソギンなどを飼う場合には、水槽内の水の循環をよくしないといけないのはそのためである。海水魚は金魚のように酸素が少なくても鼻あげなどしないのだ。

「水中から陸上へ、陸上から水中へ」または「海水から淡水へ、淡水から海水へ」という生物の変遷は、捕食者からの逃亡という要因が第一の理由ではないかと考えている。
posted by ta meta ta at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 進化論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

生きている水、死んでいる水

久しぶりのメダカの話題。でも文字ばっかりだから面白くないかも。
読み飛ばしてください。

よく、水槽の記事を見ていると、「水が死んでいる」とかいうのを目にする。

実際に実験してみた。というか、実験になってしまった。

数匹のメダカを小さい容器に入れて、水はグリーンウォーター。
そして数日で、メダカはすべて死んでしまった。

同じようにしていて、全くメダカは元気で生きているのもある。

この二つ、何が違うのだろうか。

正直、解らない。本当に解らない。

酸欠、硝酸塩、餓死、細菌、水温、pH、いろいろ意見があるともうが、どれも違うとも正しいともいえない。

複合的な場合もあるし、たとえば、悪い細菌が繁殖して、メダカの体力が落ちたところに、ちょっとした酸欠やアンモニアの上昇で致死量になってしまった可能性もある。その逆も考えられる。

たしかに生きた水、死んだ水、というのはあると思う。

あきらかにドブのような硝酸塩は高くて酸素も少なそうな危険な水に、フナやメダカが元気に泳いでいることもあれば、きれいに澄んだ水なのにバタバタ、メダカが死んでしまうこともある。

いま、私の部屋には、鹿沼土を敷き雨水を入れた水槽がある。
日当たりは、午後に2時間くらい、窓ガラス越しの日光。
上部濾過槽が回っている。

ここにメダカを入れたら、おそらく元気に生き続けられると思う。アナカリスを入れたらたぶんぐんぐん育つだろう。ウィローモスもちょうど良い環境だろう。

しかし、濾過槽を止めたら、メダカは死ぬかもしれない。酸欠でもなく、硝酸塩でもなく、もちろんpHでも水温でもなく。

俗にいうグリーンウォーターは、直射日光か日陰でも良いのだが、ただ窓越しではない日光が必要で、窓越しの日光だけでは、グリーンウォーターが腐ってしまい、水質を悪化させ、メダカを死なしてしまう。

なにも生体の入っていない水槽に濾過槽を着け、ただ水を循環させている、そんな水槽を眺めながら、なにが原因なのか考えている。

細菌かもしれないなあ。でも、電子顕微鏡も持っていないし、、。
posted by ta meta ta at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 水槽全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

ジムニーワイド リヤ ヒンジ 交換

だんだんとドアが下がってきて、閉まる時に、ドアロックの金具同士が当たるようになり、持ち上げつつ閉めていたが、ヒンジを交換することにした。

SDIM1814.jpg
ヒンジは錆びて、中のピンは減っているようだ。写真では解りづらいけれど。

SDIM1813.jpg
部品を注文したら色が塗っていない。タッチアップペンで見えるところだけ塗った。
でも結果的には、半分以上あまった。

SDIM1820.jpg
テールランプとバンパーを外すとヒンジの交換はできる。らくちん。難しいことは無い。

SDIM1824.jpg
内側は、塗っていないのがバレバレ。でもこんなところは見ないし。

SDIM1821.jpg
メタリック塗料を筆塗ということで、塗りムラが目立つかと思ったけれど、全然だいじょうぶ。
それよりほかの部分の擦り傷の方がひどいからな〜。気にしない気にしない。

ちょっとドアとボディーの隙間が均一ではないのだけれど、スムーズに開閉できるようになったので終了。
使っているうちに、またドアが下がり気味になるのを見越して、ほんの少しだけ上めに付けた。
あー疲れた。
これで、この車が錆びて、摩耗して、ボロボロになるまでこのヒンジは大丈夫だろう。ホッ。

一人でやったけれど、押さえてくれる人や、遠くから見て位置を確認してくれる人がいると作業は楽だと思った。
1分の1の大きなプラモデルだな。
すっかり日に焼けてしまい、腕と首がヒリヒリ痛いです。
(>_<)
posted by ta meta ta at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | suzuki ジムニーワイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

アメリカがまともになる日

2013.07.09 Tue
自由と平等の攻防 ―― アメリカでの同性婚合法化の波を理解するために
北丸雄二 / ジャーナリスト
http://synodos.jp/society/4848

二年前の記事であるが、ついこの前、すべての州で合法化された。

さて、アメリカは、いまだにメイフラワー号の人々と、キリスト教と、インディアン虐殺と、屈辱と劣等感と疎外感と、ヒステリーの国なのだろうか。

米国が、キリスト教を手放すとき、米国は崩壊すると思っている。
星条旗をけがらわしいと米国の人々が思うようになったとき。

同性結婚を認めるということは、進化論や科学などを認める、そして聖書を絶対的なものであると思えなくなるということである。

「絶対他者としての神」を信じることができない日本人に、日本語でこんなことを言っても理解してもらえないかもしれないが、聖書を信じつつ科学も信じるということは不可能なのである。あるいはずっと矛盾を感じながら不安定な気持ちで過ごすこととなる。

さて、問題は、米国の保守が変わることができるのかどうか。アメリカの保守こそ、世界の脅威、悪の枢軸なのであるから。

同性結婚は認めるとうわべだけは決めることができても、実際に行われている人種差別、貧富の差の拡大には見て見ぬふりをし続けるのだろう。
posted by ta meta ta at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

脱窒、あるいは硝酸塩の除去

水槽の底に土を厚めに敷くことで、土の中で硝化させ、さらには脱窒も行わせることができる。
脱窒ができるとは言っても、少量であるから、飼える生物の量も限られてしまう。

そこで、普通は、換水したり、ろ過装置を設置したりする。

メダカなどの水草をほとんど食べない魚を飼う場合には、アナカリスやマツモ、セキショウモやクロモなどを入れておいて、増えた分だけ取り除けば、水槽内の窒素は取り除くことはできる。

SDIM1801.jpg
この水槽は、メダカとヤゴだけなので、クロモとセキショウモがぐんぐん育ち、トリミングをすることで窒素分を除去している。1年以上は水を取り換えていない。植物が増えすぎて栄養分が少なくなりクロモが白化しはじめている。

しかし、金魚の場合は、そうはいかない。金魚が水草を食べてしまうから。

そこで、抽水植物を植えるということを実践してきた。
マコモはや葦は、大きくなりすぎた。
ポトスはなかなか良かったが、冬に枯れてしまった。また観葉植物は良いのだけれど成長が遅いものは、水のろ過には効き目が薄いと思う。

そこで、「ミント」です。これはいい、水の中に完全に水没していても生きています。
ぐんぐん育ちます。金魚に多少かじられてもへっちゃらです。

SDIM1800.jpg

この写真のものは、ブラックペパーミントです。なにしろ、強いし、勢いがあるし。
香りも良いので部屋の中がさわやかです。もちろん葉は食べられます。

他のミントは試していませんが、ブラックペパーミントによる水槽ろ過装置は優秀です。

もちろん、陽が当たる場所に設置した場合に限ります。

濾過槽に植えていますが、60センチ水槽なら、水槽の中に植えて、ぐんぐん枝が伸びで水上に出て葉を茂らせますので、濾過槽が無くてもミントによる濾過はできます。

注意 いずれにしましても、茎や葉を伝わって水が外に滴り出ないように気を付けてください。部屋中がびしょびしょになります。
posted by ta meta ta at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 平衡水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ムジナモ順調

ムジナモ、順調です。
増えすぎたので、バケツを増やしました。あと発酵式二酸化炭素発生装置も。

SDIM1796.jpg

それから、ブラックウォーターを作るのに、

ビートモスより、園芸用の腐葉土を使った方が良い。

ビートモスと腐葉土を比べると、
ビートモスは、
アオミドロが出やすい、
色が茶色くならない。

腐葉土は、(腐葉土といっても、枯葉が黒く変色して湿っぽくなっているもの)
色が茶色くなる。
アオミドロが発生でにくい。

色味だけで成分を測定したわけではないので、どちらがムジナモの生育に適しているのかは不明。
私は、腐葉土とビートモスとを、両方入れているので、腐葉土だけだと、どういう結果になるかはまだ試していない。ただ、ブラックウオーターを作るなら、腐葉土が良いと今のところ結論する。

雨水が入っていると、栄養分が流れてしまい、ムジナモの色が薄くなり元気がなくなる。

リキダスと、ハイポネックスとを、少量添加している。

すこしはアオミドロは発生するが、ムジナモの生育に影響するほど増えたりしていない。
しかし、こんご、気温、日照などが激変するので、どうなるかわからない。
posted by ta meta ta at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ムジナモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

海の塩分濃度


荻上チキ氏のラジヲを聴いた。
2015年07月01日(水)金子豊二「魚の体の不思議な仕組み」Session袋とじ
http://www.tbsradio.jp/ss954/2015/07/20150701session.html

そしたら、海の塩分濃度は不変であるという前提で魚の進化を説明されていた。

しかし、私は、以前に
『生命と地球の歴史』岩波新書 丸山茂徳 磯崎行雄 
を読んで、古代の海は真水だった。それがだんだん濃くなったという説を信じていた。
だから、脊椎動物の体液は、古代の海の塩分濃度なのだろうと思っていた。

また、
浮き袋を持った魚は、いったん川に住み、そしてまた海にもどった魚。
エイやサメのような魚は、ずっと海水にいた魚。
クジラは、一度陸に上がり、また海にもどった魚。だと思っている。

そして、このようなサイトを読んでみているが、よく解らない。
角皆静男氏のサイト
海水の塩分2
http://members3.jcom.home.ne.jp/mag-hu/Tsunogai/10Shitugi/14Enbun2.htm

海の塩分濃度は、常に変化している。そして、生物の体液もそれに合わせるように進化してきた。というのが私の今のところの信じるところ。

それにしても、生命って不思議だなあ。

もしかしたら、脊椎動物の進化にこの塩分濃度が関係しているのかもしれない。
この浸透圧が、神経伝達物質とか、骨とか、何かに深く関係がある。
posted by ta meta ta at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 進化論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする