2015年04月07日

沖縄 翁長知事、がんばれ


翁長氏、駐沖縄米総領事らと会談 訪米へ調整要請か
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015040701002156.html
2015年4月7日 21時11分
 沖縄県の翁長雄志知事は7日、マグルビー駐沖縄米総領事と在沖縄米軍トップのウィスラー沖縄地域調整官と、米海兵隊キャンプ・コートニー(うるま市)で3者会談した。米総領事館と県幹部が明らかにした。ケネディ駐日米大使との早期会談や自身の訪米に向けた調整を要請したとみられる。
 翁長氏はできるだけ早期に訪米し、米国防総省や国務省などの高官に対し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する意志を直接伝えたい意向だ。
 県幹部らによると、ケネディ氏との会談に関しては既に米大使館と調整を始めている。
(共同)
posted by ta meta ta at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅するミジンコ

2015年 | プレスリリース
ミジンコはたった4個体を起源とする北米からの帰化種だった ―日本に生息する生物の意外な由来―
2015年4月 7日 15:00 | プレスリリース , メディア掲載等 , 研究成果
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2015/04/press20150407-01.html

東北大学大学院生命科学研究科の占部城太郎教授の研究チームは、理科の教科書にも掲載されている和名ミジンコ(Daphnia pulex:写真)が、有性生殖能力を失い雌だけで世代を維持していること、遺伝的多様性が極めて乏しくたった4タイプの遺伝子型(クローン個体)しか分布していないこと、それらすべてが別のミジンコ種との雑種であること、在来種ではなく北米から侵入した外来種であることを明らかにしました。また詳細な遺伝解析から、日本への侵入時期が数百〜数千年前に遡ることがわかりました。外来種の侵入定着は殆どの場合近年の人間活動によるものですが、数百年前の侵入は人間活動では説明出来ません。人の往来が盛んになる前にたった数個体がどうやって北米からやって来たのか、また、遺伝的な多様性がきわめて低いにもかかわらずなぜ長期間にわたって日本で個体群を維持しているのかなど、進化生態学の多くの謎を投げかけています。
 本研究成果は、2015年3月30日付けで、陸水・海洋学の国際雑誌Limnology and Oceanography 電子版に掲載されました。

詳細 PDF
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press20150407_01web.pdf


それにしても、どうやって太平洋を渡ってきたのかな。

北米で暮らしていた人が、日本に渡ってきたのかな。北の方を歩いて。その時に保存食か荷物に着いていた?
posted by ta meta ta at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 平衡水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愚かなこと

なぜ、こんな、煽るようなことをするのだろうか。
日本は、中国、朝鮮半島、台湾などと、仲良くやらなければいけない。
たとえ煽られたとしても、応戦してはいけない。

「尖閣・竹島は日本の領土」裏付け資料を政府がネット公開 「日本人が几帳面に作り続けてきた資料」 http://huff.to/1C9cvd2

日本と近隣諸国との付き合いは、千年以上にもおよび、日本の文化に多大な関係がある。

国家とは、理性的に正しくふるまうものではなく、一人の個人のように、過去を引きずり、怨念や嫉妬に駆られ、いがみ合ったり戦争をしたり、くだらないプライドのために多くの国民を戦死させてしまったりする。

国民一人一人が冷静になり、歴史から学び、戦争や孤立を回避しなければいけない。
posted by ta meta ta at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする