2014年12月29日

東電、純利益 2000億 

大企業にも広がる格差 上位30社で利益の半分
東京新聞 2014年11月20日 朝刊
34894.jpg
サイト 阿修羅
http://www.asyura2.com/14/senkyo174/msg/797.html
posted by ta meta ta at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月26日

ES細胞混入って、どういうこと?

ES細胞混入!!って、すごくない?
ただのミス?
誰かが、わざと混入した?

ただのミスで済まされていいのか。

理研、STAPなし「ほぼ確実」 ES混入「謎のまま」
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014122601001339.html
 STAP論文の疑問点を調べた理化学研究所の調査委員会は26日、STAP細胞は既存の万能細胞である胚性幹細胞(ES細胞)が混入したものである可能性が非常に高いとする報告書を公表し「STAP細胞がなかったことはほぼ確実だ」との見解を示した。
 小保方晴子氏(31)を含む関係者が混入を全面的に否定したため、混入の経緯は「謎のまま残った」とし、STAP問題の全容解明には至らなかった。STAP細胞は小保方氏が作製できずに存在が事実上否定されたが、報告書は最初から存在していなかったとする見方を裏付けた。
 桂調査委員長は「STAP論文はほぼ全て否定された」と述べた。
(共同)
posted by ta meta ta at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカの病

また米国で白人警官が黒人少年を殺害した。差別感情は難しく根の深い問題であると言われるが、そんなのは簡単なことである。白人たちが認めたくない事実とは、自分たちがかつて有色人種を虐殺して土地を奪い奴隷にして差別して建国した事実。しかしそれを欺瞞して、自由と平等と人権の国と言っている。

自分たちが認めたくない事実を突き付けてくる者に対して、人は殺意を覚える。これは、ナルシシズムの完全性を傷つけられたことを回復しようとするためである。米国人の自尊心という病は、その欺瞞が原因であり、に常に脅かされている。

これを克服しようとするなら、米国の建国が欺瞞であったことを認めなければならない。しかし、それを認めることは、国家の崩壊を意味する。虐殺をして奪い取った土地をインディアンに返還して、今までの悪事を懺悔して、もといた国に帰らなければならない。米国人にはそれは出来ないから、差別もなくならない。これが米国。

アメリカがアメリカであり続けるというということは、差別から解放されることはない。
虐殺の象徴である銃を手放せないのも、虐殺を虐殺ではなく正義の戦いだったと自分に嘘をつかなければならないから、脅迫的に手放すことができない。核による抑止力と、核による平和も、広島長崎に対する世界初で世界唯一の、人々に対して投下したという悪魔のような所業を、正義の行いであったと自分に嘘をつき続けるために、止めることができない。また、インデアンに対する虐殺を正当化するためにハワイ、日本、朝鮮、ベトナム、アフガン、イラク、と虐殺を繰り返さないといられないのである。イラク攻撃に劣化ウラン弾を良心の呵責もなく使用できるのも、彼らがそういう精神的な病にかかっているからである。
posted by ta meta ta at 03:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月24日

プラモデルの楽しみ 2

1/32 のスバル360をラジコンにしました。
前回の記事はこちら
http://tametata.seesaa.net/article/408877133.html

で、つづき。
SDIM1199.JPG
赤外線センサーを基盤から外して、コードでつなぎます。
こうすることで、ボディーをかぶせたときにも、センサーがボンネットに隠れてしまうことを防げます。
これで前後左右、どこからでも確実に受信できます。

SDIM1201.jpg
ライトはどうしようか迷いましたが、せっかくなので付けました。ボディーに穴をあけて、ヘッドライトのLEDはそのままつっこみます。テールランプは、LEDをスバルのテールランプの形にやすりで削ってはめます。昔のブルーバードの柿の種みたいです。もちろん、まるいままでもかわいいかと思ったのですが、小さくしました。
そして、「ピタガン」という温めて接着するものでつけました。エポキシパテや接着剤を使うほどでもありませんし、適度な接着力で、失敗してもはがせる優れものです。臭いもしないし、すぐに冷えて固まるので作業もはかどります。ただ、接着剤が熱いので、プラスティックが変形する可能性があります。リアルな模型工作には使用しない方が良いですね。

完成
SDIM1203.JPG
結構明るい。
ピタガンの接着剤に黒を使ったのは正解でした。余計なところに光が漏れないのでリアルさが増します。

リアSDIM1204.JPG
あれ? 片方、点灯しない。
やすりで削った時に、削りすぎてダメにしてしまったかも。
でもまあ、バックする時に点灯するのですが、違和感があったので良いです。停止するときに光るとか、曲がろうとしたときに片方だけ光るとかが正しいので、バックする時に片方だけ光るのでもいいや。
まあ、気が向いたら修理しましょう。

SDIM1207.JPG
赤外線光センサーが、ちょうどフロントガラスの裏あたりに来ています。ばっちり。

SDIM1208.JPG

SDIM1215.JPG
本棚の空いたスペースに、飾っておきましょう。
こんな小さなプラモデルがラジコンであることが、魅力です。
でも最近では珍しくなくなってしまいましたが。

塗装は、水性アクリル塗料です。まだ乾ききっていなくて、作業しているうちに指紋や汚れがベタベタついてしまいました。でもまあ、よーっく見ないとわからないので、これでよいです。

SDIM1213.JPG
ちなみに、押入れを片付けていたら出てきた作りかけのフェアレディーZ
これはタミヤのエナメルを筆で塗って、そのまま組み立てて出来上がり。
実物は、もっと真っ赤で、なかなか良い雰囲気です。
童友社の「ノスタルジックヒーロNo,1 ニッサンフェアレディーZ432」当時1200円というものです。

細かなディテールにこだわって、ボディーをテッカテカにして、リアルに製作するのもプラモデルの楽しみ方の一つですが、この程度の製作でも、十分に実車の存在感が楽しめます。このボディーの造形はとても良いと思いました。ジオラマを作りたくなってしまう。
本物そっくりがほしいなら、1/1の本物でよいわけだし。そもそも縮尺するということは、それでもうリアルでは無い訳です。色の見え方も、光の反射も、物として空間を占める存在感も違うわけですから、模型は模型として別のものとして楽しむというのも良いなと思いました。そのうえで、リアルさを追求するのも一つの模型の楽しみ方でもあると思います。絵画でもなんでも同じことが言えますね。
posted by ta meta ta at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月14日

優秀な外交は、軍事に勝る

こんな意見もある
「日本は、資源もないし、食料自給率も低いし、戦争になったらひとたまりもない。だから、アメリカが後ろ盾となり、もし日本を攻撃したらアメリカを相手に戦争をしているようなものであるという状態にしておかなければ、にほんはすぐに中国に侵略され滅ぼされてしまう。」という。

しかし、どうだろうか、世界には、日本よりも小さく、資源も軍備もない国が、外交努力によって平和に暮らしているのである。

むしろ、アメリカの味方をすることで、アメリカ以外の国から顰蹙を買っているというのが事実ではないだろうか。
posted by ta meta ta at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネオ日本軍の歯止めとしての憲法9条と憲法前文

驚いたことは、多くの人が、「アメリカ軍がいてくれたら安心」ということを言っていること。

まず、こういう意識を変えていかなければならない。

まず、基地は無くても、アメリカと軍事協定を結んで、互いに戦争はしないとか、万が一にどちらかの国が戦争になってしまったら助け合うとか、空母の寄港は認めるとか、合同演習はするとか、そういうことは可能なのである。

さらには、すでに日本は世界で有数の軍事力を持っている。だからアメリカ基地が無くなったらすぐに丸腰になる訳ではないということである。ただ、石油も食料も鉄も産出できない日本は、戦争になったらすぐに負けるから、そもそも外交が失敗したとしても戦争という選択肢はないのである。まして、日本中に原発があり、そこに小さな普通の爆弾を落としただけで日本は終わりなのである。

問題はそれだけではない。
アメリカ軍基地を無くしたとしても、次に問題なのは、だれが日本軍を管理し指揮を執るのかということである。もちろん政府や官僚ということになるが、これがかつての軍部と何も変わらない愚かな集団であるから、また同じことを繰り返しかねない。原発事故の対応しかり、薬害エイズも公害対策も公共事業も何もまともなものはない。イラク派兵についてさえ小泉の判断について検証が行われていない。こんな国は日本だけである。

いまの「自衛隊」の存在がそもそも欺瞞であるということが第一の問題。世界有数の軍隊を持ちながら、日本人は平和憲法を持っていて平和を望む国民であると言っている。ヤクザの子分になっていながら自分は平和主義者だと言っているのと同じ。この欺瞞を解決しなければならない。こんな欺瞞をしていては、国民は国に誇りなど持てず、いじめも自殺もなくならず、文化も大切にされず、ダメな国のままである。
第二に、その欺瞞を解決した場合に、日本軍を放棄して名実ともに憲法通りの国になるという道もあるが、おそらく賛同は得られないだろう。そしてアメリカ基地を無くして、自分の国は自分で守るという道を選ぶことになると思う。その場合にはその日本軍を管理運営する組織をどうするかという問題になる。

いまのままの官僚や政治家が国を動かしている間は、今の憲法が歯止めとなって日本を守ってくれている、世界をネオ日本軍から守ってくれていると言っていい。だから、今の官僚や政治家が変わらない限り、今の日本の憲法は変えてはいけない。
posted by ta meta ta at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

茶番の選挙

日本は、軍事費は世界のトップテンにはいる軍事大国である。イージス艦まで持っている、立派な軍隊である。
これは、日本の憲法に抵触している。

今回の選挙で、立候補者が、こんなことを言っていた。
「アメリカ軍が撤退してしまったら、有事の時に何が守ってくれるのでしょうか。日本が攻撃されてしまうかもしれないし、不安になってしまうので、アメリカ軍にいてもらった方が良い。」

私は、耳を疑いました。今まで国会議員をしていて、今回も立候補しようという人が、こんな発言をしている。

日本は、世界に向けて、戦争をしない平和な国であると宣言しているが、それは、たとえば、暴力団に守ってもらいながら、自分は平和主義だ、暴力反対!と言っているのとおなじである。
そんな人は、他人から信用されるわけがなく、一人の人格として重んじられることもない。日本が世界中からまだまだ敵国だと思われていて、信用されていないもの当然である。

アメリカ軍に出て行ってもらって、自分の国は自分で守るとするなら、国民一人一人に、自分の国という意識が芽生えて、政治にも国際関係にも関心を持つようになり、さらには、日本人という誇りも抱くようになるかもしれない。
もちろん、アメリカ軍に出て行ってもらって、本当に現行の憲法を守り、たとえ他国から侵略されても絶対に戦わないとして滅ぶ道を選ぶという道もあると思う。

一番悪いのは、今の状態をだらだら続けることである。ヤクザの男に暴力で妾にされた女性が、その男から離れるのが何となく不安なので、自分が決心したら別れることができるのにもかかわらず、暴力を振るわれながらもいいように利用されながらも、経済的にも楽だし、時々守ってくれるような気がするから、その男から離れられないのと同じである。
 そして、日本軍を自衛隊と言い、売春を援助交際と言い、大型間接税を消費税と言い、核兵器技術を原子力開発という、言いかえをして、自分で自分を欺き、欺瞞をして、日本中が精神病のようになり、年間の自殺者は推計10万人と言われる国となった(交通事故や病気などの中から自殺と思われるものまで含むと)。若者は、家庭を築き、子供を育て、誇りある職業につき、文化的な生活をしたいと思わなくなり、一部の人は、金もうけだけがすべてであるような人間になる。

しかし、いま、アメリカ軍に出て行ってもらって、自分の国は自分で守るとした場合に、課題が二つある。
一つに、日本の官僚や政治家は、戦前の軍部と同じで、バカであり、自閉的共同体であり、だれも責任をとれない連中であるから、こんな愚連隊に「日本軍」を持たせてしまったら、どんな破滅が待っているかわからない。
二つに、おなじ官僚と政治家のことであるが、外交がまったくできない。日本よりも小さい国が、軍事力も経済力もない国が、外交努力によって、近隣の国々とうまく付き合い、戦争もせずにいられる国が多いのであるが、日本はうまく外交を行えるであろうか。
 いままでの日本の歴史を振り返ると、気ままに、大陸と付き合いたいときには開国して、閉じこもりたくなると鎖国をして、その繰り返しであった。白村江、大化の改新、遣唐使、遣隋使、平家の朝鮮出兵、それに対する、鎖国を望む風潮との間を揺れ動く歴史であった。現代はそういうわけにはいかない。

アメリカにアメリカ軍を引き上げてほしいと、日本人が総意として訴えたら、アメリカだって、鬼でも悪魔でもないのだから、交渉に応じてくれるだろう。実際に、フィリピンがそうしているではないか。

だから、重要なことは、国民一人一人が、「アメリカ軍に出て行ってもらおう、そして自分たちの国は自分たちで守ろう。今の状態は、ヤクザの妾と同じである。」と気づくことである。
そして同時に、では、日本軍はどうするのか、過去の軍部のような同じ過ちを繰り返さないためにはどうしたらよいのかと真剣に考える必要がある。福島第一の対応も軍部のそれと全く同じではなかったか。

もちろん、アメリカに出て行ってもらって、自衛のための軍事力も持たないと、日本人が決めるのなら、それでも良いと思う。外交努力と、諸国の平和を願う気持ちを信頼して、軍事力は持たないと。
 でもまあ、フィリピンからアメリカ軍が撤退したら、さっそく中国がフィリピンの領海を侵犯したというのが現実です。
posted by ta meta ta at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

地下型の巣箱 失敗

地下型の巣箱を二つ作って、二匹のハムスターを飼っていましたが、
部屋を移動するときに、地下にハムスターが入っているときに移動したため、その振動が影響したらしく、地下型の巣箱を使用しなくなってしまいました。

ただ、地下型の巣箱の廊下の部分や、砂のない部屋の板の上に小便をするので、小便が板の継ぎ目からにじんでくるし、悪臭もひどいので、撤去しました。
ただトイレ代わりに地下型の巣箱を使っていて悪臭がひどいだけなら、地下型の巣箱は何の意味もないですね。

ということで、地下型の巣箱は、失敗に終わりました。

というか、普通に、ハムスター用の巣とトイレとエサ入れをゲージに入れて、普通に飼っていて、ちゃんとトイレに小便はしてくれるし、トイレ砂の交換も楽だし、悪臭もしてこないし、普通に飼っているので十分かなと思いました。

posted by ta meta ta at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ハムスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする