2014年10月29日

殖芽 冬の準備

殖芽とは、水草が冬を越す場合に、芽だけを残して、芽を底に沈めて凍結を免れて春に芽を出す、冬の越し方の一つの手段であり、形である。

クロモの殖芽は、脇から出て、茎はボロボロと折れてしまう。
SDIM1040 a.jpg

ムジナモの殖芽は、夏の間に成長し続けた芽が、気温が下がると丸くなり成長をやめる。
SDIM1045.JPG

これは同じムジナモですが、芽が小さく、殖芽も小さい。春にちゃんと芽を出せるのかな。
SDIM1047.JPG
posted by ta meta ta at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 水草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月27日

巣材を出した

ハムスターのメスの方。
巣材をほぼ全部出してしまった。
中を確認していないので、どれだけ出したのかは解らない。
よく、土を掘るような動作を繰り返しているが、何か関連はあるのだろうか。

もしかしたら、昼間は25度Cにもなったから、暑いと感じだのだろうか。

朝夕は10度くらいになり、寒くなってきたので、暖房を入れてあげようかと考えていたところでしたが、
このような行動をするということは、どういうことなのだろう。

それとも、理由は解らないが、古い巣材に問題があって新しい巣材にしたいと思っているのだろうか。

ただの気まぐれか。
重大な何かか。

よくわからん。
SDIM1035.JPG
posted by ta meta ta at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ハムスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

海の酸性化 

二酸化炭素が海に溶けて、海が酸性化するって、学者が本気で言っているのだろうか。
それとも、「御用学者」になりきって、魂を売ってしまったのだろうか。

気象庁
http://www.data.jma.go.jp/kaiyou/db/mar_env/knowledge/oa/acidification.html

海洋酸性化が実際に進んでいることは、現在までに、いくつかの長期的な時系列観測データから明らかになっています。太平洋のハワイ近海では、Dore et al. (2009)が、表面海水中の二酸化炭素濃度の長期的な上昇を報告しており、それに伴うpHの低下が1988年以降、1年あたり−0.0019±0.0002であったと報告しています。西部北太平洋においても、Midorikawa et al. (2010)が、気象庁の東経137度線の観測定線において、1983年から2007年のpHの平均低下速度が、冬季に1年あたり−0.0018±0.0002、夏季に1年あたり−0.0013±0.0005であったと報告しています。大西洋(Bates et al., 2012)や南大洋(Midorikawa et al., 2012)などでも、pHの低下傾向が報告されており、海洋酸性化は世界的に進行していると考えられます。
また、数値モデルによる現在気候の再現実験や将来予測の研究も行われています。IPCC(2013)によれば、「1750年から現代までにpHは全海洋平均で0.1低下しており、今世紀末までにさらに0.065から0.31低下する」と予測しています。


0.001って、どんなに精密な測定器を使ったとしても、海水のすべてをかき混ぜて均等にして測ったわけではなでしょ。それに、お得意のシュミレーションを使って0.065低下するって、シュミレーション以外になにも根拠のない数字を挙げている。
シュミレーションって、ありていに言えば、あてずっぽの恣意的な数字にしか過ぎない。

気象庁は、天気図を説明して明日の天気の予報だけしていたらよい。
環境省も無駄。

角皆 静男
http://members3.jcom.home.ne.jp/mag-hu/Tsunogai/Rangai351-400/383Kokusei.htm
海の酸性化(A炭酸-58、B化学-63、8-2-39)
2005.10.2 角皆 静男 383
 Nature誌の9月29日号にJ. C. Orrら27名の21世紀末に予想される海の酸性化についての論文が出ていた。このまま大気中の二酸化炭素が増え続けると、海水のpHは下がり、炭酸イオンの濃度が減る。現在の表面海水は炭酸カルシウムについて過飽和だが、アラゴナイト(霰石、より不安定な、溶解度大きな炭酸カルシウム、サンゴは霰石)について、2050年には、南大洋の表面水が未飽和になり、 2100までに南大洋全部と亜寒帯太平洋が未飽和になるという計算結果を載せている。未飽和になれば、炭酸塩の殻が溶けだし、その生物の生存が危うくなるというものである。  
 大気中の二酸化炭素濃度が予測通り増えれば、海洋の炭酸系の計算はそんなに面倒ではないだろう。(ただ、表面水の方が先に未飽和になる点は理解できないし、どんな交換速度を使い、表層水の動きをどのように見積もったのかはわからない)。  
 一方で、生物側はそんなに簡単ではないだろう。急激な変化に追いつけないということはあろう。しかし、未飽和になったら、すぐに溶けるというものでもない。珪藻は、オパールについて未飽和なのに活きている。炭酸塩も深くなり、溶存酸素濃度を減らせば未飽和なのに、深海には炭酸塩の殻を持つ貝がいる。逆に、表面水は過飽和なのに、炭酸塩の沈殿が生ずることはない。逆説的にいえば、海底などの炭酸塩が溶ければ、海水の酸性化を妨げてしまう。さらに、陸の石灰岩の溶解や岩石の風化を加速するかもしれない。  
 第371回の欄外記に書いたCO2増加(B-56)のニュース源はこれだったのかしら]


参考文献
『 地球温暖化と海 』 野崎義行著 1994年 東京大学出版会

posted by ta meta ta at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

スドー「静かだ輪WA」を静かにする。その2

カタカタ音が完全になくなりました。
それでいて回転はスムーズです。


スペーサーの厚みを0.1mm単位で調整すること。
グリースに固めのものを使用して、たっぷり塗ること。

この二つをしました。

グリースは、マーガリンです。
他に、オリーヴオイル、ショートニング、バター、豚の背油など考えられますが試していません。
また、夏場や、回転し続けた時の熱で、どうなるかわかりません。
さらには、耐久性もわかりません。

でもまあ、静かになったので、このまま継続して観察したいと思います。
(^o^)/

もしかしたら、あまりガタがないようでしたら、グリスアップだけで音がしなくなるかもしれません。
わたしは試していませんが。

これで、名実ともに、静かだ輪になりましたとさ。めでたしめでたし。
posted by ta meta ta at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ハムスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スドーのドリンクボトルミニのゴムをかじる

スドーの「ドリンクボトルミニ」を初めて見たとき、スゲーこんな単純な構造で、ハムスター用の水飲みになるんだと感動しました。
しかも、とてもシンプルで、ゴム栓も、パイプも、容器も、素材も加工精度もよくて感心していました。
よくこれで水がこぼれないものだと。

しかし、ハムスターが、このゴムの部分をかじり始めた。
すこし上に設置場所をずらしたが、なんと背伸びをしてまでかじる。

SDIM1022.jpg

健康なハムスターはかじらない、私の飼育の仕方が間違っている。と指摘されそうです。

まあ、ハムスターを衝動買いして何も知らずにオスとメスとを番で購入して狭いゲージに二匹を入れて子供が生まれるかな〜なんて、ながめていた私ですから、ハムスターにとってどんな悪いことをしているかわかりません。

できるだけ「地下型の巣箱」の飼育方針に従えるようにしてはいます。
巣箱も地上のゲージもデッドコピーですし。

しかし、ハムスターがストレスでゴムをかじっているとしたら、そのストレスの原因は、たくさん思い当たることがあります。また私はど素人ですので、私の予想外のことがストレスの原因になっている可能性も高いです。

とりあえず、むかし使っていた水飲みに交換して、ドリンクボトルミニは、これ以上ゴムがかじられないようにお蔵入りです。ペットボトルのキャップに穴をあけて、ゴムにかぶせたら使えるかもしれませんからね。

予想外のことが次から次へとおきますね。
だから面白いということもありますが。
posted by ta meta ta at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ハムスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

スドー 静かだ輪を静かにする改良

スムースに回転するためには、遊びが必要ですが、遊びが大きすぎるとガタガタになってしまいますので、機械を製作するには、その遊びをどのぐらいにするのかが、技術者の腕の見せ所です。

カタカタ音がするのは、その遊びが多すぎたためでしたので、スペーサー ワッシャー、あるいは座金を入れることにしましょう。
SDIM1018.JPG

外側の径は、ねじの頭の大きさに合わせます。あまり飛び出しているとハムスターの体を傷つけてしまうかもしれませんし、ハムスターがかじってしまうかもしれません。また小さすぎると強度不足で割れてしまうかすり減った時に外れてしまうかもしれません。

内側の径は、軸受けの径に合わせます。小さすぎて軸の外径よりも小さいと遊びを小さくすることができません。現物合わせで、少しずつ削って、ぴったりにしましょう。

このドーナツ型に切るのが面倒ですが、面倒なのはこれだけです。
材質は、綿棒が入っていたケースの蓋です。プラスティック、ポリプロピレン、塩ビなど、加工のしやすいものなら何でもよいと思います。工具や腕に自信のある人は、金属で作っても良いと思いますが、相手がプラスティックですからわざわざ金属で作る必要もないかと思います。
紙でもよいと思います。コピー用紙を数枚重ねて試作して効果を確認した後に、別の素材で作るのでもよいと思います。

私の場合、厚みは、0.3mm ほどでちょうど音も止まり、スムーズに回りました。
0.1mmでは、まったく効果はありませんでした。

スペーサーをねじ側ではなくて、軸受け側に入れる方法もあります。
ただ、私は、軸受け側の輪を押さえる部分の山が小さくてたよりなくて、ここがもし変な風にすり減ってしまったら直しようがないなあと思い軸受け側には自作のスペーサーは入れませんでした。

また、グリースをもっと固いものに変えると音は静かになると思いました。軸と輪の接触する部分が多いので、効果があると思います。サラダオイルよりも固いものでは、
無塩バター
ショートニング
豚の脂
などが良いかもしれませんが、試していません。気温に左右されそうですね。
ハムスターの健康被害が気になるところですが、モリブデングリース、シリコングリースなどがもし大丈夫であれば有望です。もちろん機械用ですので、粘度はいろいろ選べますし、温度変化も少ないです。

施工後です


まだ、カタカタいっていますが、前よりは静かになりました。

追記いわゆるマーガリンをたっぷり塗って、スペーサーの厚みを変えたら、音はぴったりしなくなり、輪はするする回転するようになりました。

(^_^)/
posted by ta meta ta at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ハムスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スドー 静かだ輪 使用感想

SDIM1011.JPG

スドーの静かだ輪という製品を使用してみて。
ウェブなどでは、好評価を得ている製品ですので、わたしの手にしたものが例外的に悪かったのかもしれませんし、この程度の音は、静かな方だということかもしれませんので、「スドーの静かだ輪はうるさい」と決めつけないでください。



暗くて何も映っていませんが、音を聞いてください。うちのハムスターが一生懸命、輪を回しています。
(写真で黄色の大きい方を回しています。ピンクのは写真撮影のために置いただけです。)
まあ、黄色い大きいのを2個、ピンクの小さいのを1個、合計3個使用しましたが、3個とも、カタカタとこのような音がします。
人間が手で回すと静かにスムーズに回るのですが、ハムスターが回した時に音がしてしまうのです。
改造して、ワッシャーをかませたり、ボールベアリングなどを当てたら静かになるかもしれません。
ちなみに、取り付けミスや、ねじのゆるみなどはありません。

まあ、音が聞こえるのでハムスターが回しているのがわかって、ああ元気だなとわかるので良いのですが。

静かなのが良いという人には、お勧めできないというか、当たりはずれがあるようです。
私は3つとも全部うるさかったですけれど。これが標準なのかな。
posted by ta meta ta at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ハムスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

地下型の巣箱 4日目 その2

メスの「もこ」に嫌がられながらも、ちょうど地上の仮の家の中にいたのでそーっとどかして、地下を撮影しました。
女性の寝室をのぞくなんて!
プライベートルームに潜入です。
SDIM1007.JPG

廊下にもおしっこをしてあります。
それでも砂っ固の多かった二部屋で多くしているようですし、さすがに寝室にはしていないようで、まあまあかななんて思っています。
食料は運び入れていないのですね。ときどき巣の中に持ち込んで食べている様子はあります。

砂っ固を足しておけば、またしばらくは放置しておけるかなと思い、廊下とおしっこのしてあった2部屋に砂っ固を足して、他は触らないようにして、そーっと閉めて元に戻しました。

異変を感じて、地下の巣箱に駆けて帰ったモコ。
そのあとは、また出てきて餌を食べていたから、それほど気に障っていないかなと思っています。

そうそう、それから、太りすぎたモコにとっては、30ミリの穴は小さかったようで、各部屋の入口はかじられて広げられていました。入口のアクリル板は、32ミリですが、初めのころは、地下から出てくるときにつっかえて、ぎーっと怒っていました。
『地下型の巣箱』の設計図には、32ミリ以上にはしてはいけないとありますが、その理由はなんなのかはわかりません。
たとえば、40ミリぐらいの大きな穴をあけておいて、さらにその穴をふさぐように、30ミリぐらいの穴をあけた段ボール紙をあてて、ハムスターが好みの大きさの穴にできるようにしてあげるのも良いかなと思いました。アクリル板は、ハムスターにはかじれないから。どうなんでしょう。まあ、しばらくこのまま飼育を続けます。くぐれないわけでもないし、くぐるたびに毛が抜けて皮膚が擦れてしまうわけでもないようなので。
でも、35ミリの穴にしたい誘惑にかられます。
まあ、巣箱は桐なので、ハムスターには余裕で穴を広げられる柔らかさなので巣の中は心配ないかな。
posted by ta meta ta at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ハムスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月17日

地下型の巣箱の飼育 4日目

地下に引っ越してから3日たった。

初めて遮光布を外して中をのぞいてみる。
初めてなので、少しずつ、ハムスターがいる場所はちらっと見てすぐに布をかぶせた。

オスの方
SDIM1003.JPG
出入り口に近いところで寝ていた。トイレと寝室は分けているように見えるが、どうだろうか。

メスの方
SDIM1004.JPG
大きな部屋で寝ていた。ぎーっと言って怒られてしまったので、すぐに布を元に戻した。
こちらもまあまあ、トイレと寝室は使い分けているように見えるが、どうだろうか。

地下型の巣箱は、まあまあ上手に使ってくれているように見えるが、全然私になついていない。
というか、ハムスターを飼うのは初めてなので、ハムスターがなつくとはどんな感じなのか、よくわからない。
でもまあ、なつかれていないだろう。
今後は、これが課題だな。
ギーって怒られないようにならないとねえ。

遮光布をはがして起こしてしまったので、怒って?出てきた二匹。
SDIM1005.JPG
オスのグレーの「むく」

SDIM1006.JPG
メスのブラウンの「もこ」

メスは私になつかないかもしれないな。まあそれはそれで面白いのであるが。
posted by ta meta ta at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ハムスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハムスターのテラリウム飼育

数年前、父親がもらってきたハムスターを、120センチ45センチ45センチ水槽で土を入れて飼ってみたいと考えてみたことがあった。
今回、地下型の巣箱を製作して、土壌飼育の誘惑に駆られている。

ソロモンの指輪の中で、ローレンツは、ハムスターをテラリウムで飼っていて、繁殖もさせていた。
もっとも、ローレンツは、ハムスターを部屋で放し飼いをしていた。

120センチ水槽での土壌水槽は、地下型の巣箱を経験した後に考えてみよう。

こんな動画も見つけた。
「【土飼育】 90cm水槽でハムスターを飼おう 」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14168044
けっこう土壌飼育をやっている人は多いのかもしれない。

ハムスターを水槽で飼う場合は、縁のシリコンをかじってしまうかもしれないので、何かで保護するか、水槽として使用するのをあきらめるしかないな。
またアクリル水槽を使用する場合も、傷だらけになるだろうな。
逆に、傷らだけのアクリル水槽の中古を安く買ってくるという方法もあるな。

いま、私が持っていた120センチ水槽は、親戚の家で甥っ子の鯉や鮒が入っている。
ハムスターを飼いたいから返してって、おじさん大人げないなあ。と思われそう。
posted by ta meta ta at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ハムスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

地下型の巣箱に挑戦

ハムスターを飼いたいと思ったら、気になるのが、このサイト。
『地下型の巣箱』
http://ham-ham-ham.com/index.html
わたしも、この考えに納得して、地下型の巣箱を作りました。
数年前に、ハムスターをもらってきたときにも、気にはなっていましたが、仕事が忙しくて、そのうちに私が出張でいない時に、真冬に廊下に出されてそのまま死んでしまいましたので、巣箱を製作するには至りませんでした。

安かったので衝動買いしたジャンガリアンハムスター
オスとメスと、番のほうが良いなとなんとなく2匹購入してしまったから、巣箱も二つ。
すでに出費はハムスターの10倍。無知とは恐ろしい。

でもまあ、一匹10円の金魚だって、飼育環境を一式そろえようとしたら、1万円くらいはかかるからねえ。
もちろん、バケツに入れておいても飼えるけれど。まあ飼うというよりは、死ぬまで入れておくという感じになりますが。

オーディオもトランジスタよりも電源にお金がかかる。
自動車も、エンジンよりもサスペンションやタイヤが乗り心地を大きく左右するしね。

基礎というのは、とても大切で、お金も手間もかかるし、体積も時間も取るのである。

SDIM0976a.jpg
手作りで、ろくな道具がないので、隙間があったり、寸法が違ったりしていますが。

導入して4日目、もう二匹とも、ちり紙や綿を運び入れて寝床を作り、食料庫には食料をせっせと運び入れていました。
そして、出てきません。
なんだか寂しい。
きっと、ペットショップで生まれて1年ほど集団生活をさせられていて、やっと今、自分だけの寝床を手に入れて、食料と安心できる巣を手に入れて、生まれて初めて熟睡しているのかもしれない。
親も、そのまた親も、ペットショップ育ちかもしれないが、もしかしたら、草原を走り回る夢を見ているのかもしれないな。
SDIM1001a.jpg
posted by ta meta ta at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ハムスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

ハムスター ふたたび

数年前、父親が、職場の人からジャンガリアンハムスターを2匹もらってきた。ゲージなど飼育用品一式と一緒に。
その職場の人は、ジャンガリアンハムスターの繁殖をさせて増やして楽しんでいた人だった。
そのもらってきた2匹は、冬場には加温してあげないと冬眠しそこなって死んじゃうかもよという私の助言を無視して、死んでしまった。その2匹は兄弟姉妹だったのだが、喧嘩をして弱い方が先に死んだという話をしていたが、定かではない。

そしてわずか数か月で、さみしい何もいなくなったゲージだけが残った。

今日、金魚の餌を買いにホームセンターに行ったら、ジャンガリアンハムスターが、1匹600円で売られていたのを目撃してしまった。

だいぶ前に、生まれ変わったら何になりたいか人間以外でという話をしていて、私は「やまね」と適当に答えていたら、ちょうど、それを覚えていてくれてヤマネの写真集をプレゼントしてくれたのをこの数日ずっと観ていたものだから、なんだか、飼いたくなってしまった。

まあ、ヤマネの代わりにジャンガリアンハムスターです。
しっぽは短いけれど、背中のラインはそっくり。
私が買ったのは、
メスは、ベージュ色です。イエロー?として売られていた。
オスは、グレー色です。
茶色のもいたのですが、オスメスが判らないということで、あきらめました。

私は、色の濃いのが好きなのですが、白っぽい方が人気があって値段も高いようでした。

お見合い成功! 仲良くしてね。
SDIM0973.JPG

今検討中なのは、ヒータをどうしようかということ、何が良いかな。
posted by ta meta ta at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ハムスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

録音時のマイクと声帯とオーディオの限界

フィリップスのDACとスタックスのイヤ・スピーカーで聴いていると、録音側の音の事情が聞こえてきてしまう。バーブラウンのDACでも聞こえる。

特にボーカルの音は、マイクの音がわかる。あるマイクの開発技術者は、音を聞くだけでどのマイクを使っているかが判断できるという。その技術者にはマイクの固有音が頭にインプットされていて耳が聞き分けられるのであろう。
 私は使われたマイクの型番まで言い当てることはもちろんできないが、同じ歌手ならマイクの違いが判る。
タチツテトとサシスセソとがきつくなり耳に刺さるように聞こえる録音も多い。
それから、どんなに美声の持ち主でも、声帯が振動して声になるのであるから、調子が悪い時には極端な表現をするなら、痰がからんだような、ざらざらした音のような、「もんたよしのり」みたいな(古い!)ハスキーな感じというか、かすれた感じの音が付帯してしまうのが判る。

テープやレコードからPCMやCDになり、もうマイクと声帯との音まで聞き分けられるほど進歩した。

スタックスに固有の響きが付帯しているのかと思ったら、CDのたぶん録音時のマイクの固有音だということに気が付いた。他のCADやヘッドホンを組み合わせをいろいろ変えて聴き比べたら、その固有音は変わらなかったので、もう音源の問題だという結論になった。

しかし、マイクを使って録音して、電気的に加工して、また電気的に再生するのであるから、もうこれ以上の進歩は望めないのかもしれない。

もちろん、コンデンサー型のスピーカーであっても、振動膜の音がかすかではあるが、しているので、その固有音が耳障りな音と重なってよけいに気になるのかもしれない。
コンデンサー型のマイクと、コンデンサー型のヘッドフォンとで、固有音が強まっているかもしれない。

SDIM0955.JPG
posted by ta meta ta at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月09日

アスベストで思うこと


アスベスト公害
フランスでは、1970年代には石綿は使用が禁止されていた。アスベストの産地はカナダで、フランスの会社が採掘していた。フランスの労働者にまず健康被害が出ていた。日本では、20年も遅れて1988年ごろに使用が禁止され、学校などのアスベストが撤去され始めた。しかしその時でさえ、海外での肺癌の事例は報道されなかった。

薬害エイズの時と同じで、海外では危険性が指摘され対策が取られ、被害者が救済されていたのにもかかわらず、日本では、どんどん輸入して工場で生産され使われ続けていたという事実。
私は、高校生の時の物理の先生との会話を今でも覚えている。
石綿なんて、たばこを吸っている方が何万倍も危険さ、全然騒ぐことじゃない。と先生は言っていた。それが当時の日本人の一般的な意識だった。


1970年ごろ、イギリスでも工場での汚染濃度の規制がされた。日本でもとりあえず規制値を設けたがその値が、なんと、20倍のあまさ。

20倍で思い出す。被ばく上限が、世界では年間1ミリシーベルトまでと決められているが、日本では20ミリシーベルトまで大丈夫って、日本人って、石綿にも放射線にも海外の人より20倍も強いのだろうか。


アスベスト判決文 抜粋
旧特化則においては,じん肺(石綿肺)を対象とする抑制濃度を,
1㎥当たり2mgとしたが,この値は,前記1(4)の英国のアスベスト産
業規則(クロシドライト以外の石綿粉じんの規制値を1㎤当たり2繊
維又は1㎥当たり0.1mgとし,クロシドライトの規制値を1㎤当たり0.
2繊維又は1㎥当たり0.01mgとする)と比較して大幅に高い。しかも,
石綿粉じんへのばく露による肺がん及び中皮腫の発症に関する医学的
又は疫学的知見が集積されており,特に中皮腫については,低濃度の
石綿粉じんばく露によっても罹患するおそれのあることが指摘されて
いたのであるから,なおさら適切さを欠いたといわざるを得ない

http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/277/080277_hanrei.pdf

たしか、NHK特集でも、その辺を追及していたと思う、アーカイヴを調べてみよう。
posted by ta meta ta at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする