2013年01月25日

日本からアメリカの船便 その2

届きました。2か月弱。
年末年始を挟んで2か月以内でした。

また、ダメージもありませんでした。

USB接続のDACも無事でした。日本語キーボードも無事に使えました。

まあ、CDケースが割れていたり、書籍の角が潰れたりはしましたが、無傷で送りたいなら緩衝材を入れて丈夫な段ボール箱に入れたら、まず大丈夫でしょう。
紛失や、届かないというトラブルもありませんでした。
中身を開けられているということもありませんでした。詳細を記したメモまで確認されていない様子でした。
まあ、数少ない一つの体験談です。
私は、今後も、急がない貴重品でない物は、船便で良いと思いました。

アメリカから日本へは、民間の輸送会社があるようですね。値段や信用性については知りません。


まあ、大概のものはアメリカでも普通に買えますしね。
CDと書籍、和服ぐらいです。日本から送りたいものって。
緑茶もですね。一応コスコで伊藤園のティーバッグは売られていますが、それなりの味です。
UWAJIMAYAや、NIJIYA、KINOKUNIYAなどで日本の品物は買えますが、高いです。

何も無い山の中でも人間は生きていけるのですからね。
posted by ta meta ta at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ロサンゼルス便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

免許 筆記試験

アメリカでは、日本語で筆記試験を受けられる。
少なくとも、シアトルと、ロサンゼルスでは大丈夫。

で、今日、受けてきた。

パーフェクトでした。しかし。

しかし、問題が一問おかしかった。

飲酒運転について正しく述べているのはどれか?

a 直線上をまっすぐ歩くことができれば運転してもよい
b 血液中のアルコール濃度が合法量以下ならば運転してもよい
c アルコールは判断力と自制力に影響を及ぼし、安全運転に必要である

まあ、原文は、C が、「アルコールは安全運転に必要な判断力と自制心に影響を及ぼす。」となり、Cを選べば正解なのであるが、元の英語を日本語に翻訳した時に間違えたのだろう。この日本語では、cも正しくないことになってしまう。

まあ、カルホルニア州の運転免許の試験を日本語で受けようとするお方は、この問題に遭遇したら、Cを選びましょう。

だからといって、飲酒運転は、いけませんよ。

それから、シアトルとロスでは、交通ルールが多少違います。アメリカの「州」というものは、日本の「県」とは、だいぶ違うのですね。さすが合衆国です。

日本では、県をまたいだら交通ルールが違うなんてことはありませんね。

ちなみに、原文は、たぶん、
「 Alcohl affects judgment and self control which are needed for driving safely 」
posted by ta meta ta at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ロサンゼルス便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

うつ病、統合失調症の研究

私は、脳医学に関しては素人である。
しかし、すごいと思いました。

いままで、遺伝や器質によって、うつ病や分裂病がおこるのか、それとも、後天的な心の病なのか、意見が分かれていた。

わたしは、木村敏氏の指摘されるように、心理的なストレスによって、ドーパミンの分泌に影響があると思っていた。
要するに、心理的な原因で、体が影響されると。
精神的なストレスで胃が痛くなるのは誰でも経験されていますね。分裂病も同じだと思っていました。
それが、実験によって証明されたと思いました。もちろん、先天的な影響というのは、完全に否定されたわけではないのですが、分裂病の家族がいる人が、それを理由に結婚を拒否されるというようなことがなくなることを期待します。

人が、自我意識を持つようになったということが、奇跡的であると、岸田秀氏は、言います。
私も、そう思います。人の心は、微妙なバランスの上に、かろうじて平衡を保っている。

こんな言葉を思い出しました。

生物には、二種類しかいない。
これから病気になり死んでいくものと、
すでに病気になり死んでいくものと。

だからこそ、助け合って、互いに苦しみが減るように協力し合って生きていくしかない。


うつ病の発症メカニズム解明
1月18日 6時42分

成長期のマウスにストレスを与えると、脳の活動を調節する遺伝子の働きが低下し、認知力の低下などにつながるとする、うつ病発症のメカニズムを名古屋市の大学などの研究グループが発表し、新たな治療薬の開発に役立つとしています。

研究を行ったのは、名古屋市にある名城大学の鍋島俊隆特任教授と名古屋大学などからなる研究グループです。
研究グループでは、うつ病などを発症しやすくしたマウスを、集団と一匹ずつ隔離した場合に分けて、それぞれヒトの思春期に当たる時期から3週間にわたって飼育しました。
そうしたところ、集団飼育したマウスには異常は見られなかったものの、隔離したマウスには、▽認知力が低下する、▽動きに活発さがなくなるなど、うつ病や統合失調症の症状が見られ、脳を刺激する「ドーパミン」という物質を作る遺伝子の働きが大幅に低下していたということです。
こうした症状は、集団飼育に戻しても治らなかった一方で、飼育の前に、あらかじめストレスで分泌されるホルモンの働きを抑えておくと現れなかったということです。
こうしたことから研究グループは、ストレスによって脳の活動を調節する遺伝子の働きが低下してうつ病などが発症するというメカニズムが初めて分かったとしています。
鍋島特任教授は、「発症の仕組みが分かり、新たな治療薬の開発に役立つ」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130118/t10014881231000.html
posted by ta meta ta at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロサンゼルスの3秒ルール

自動車免許証をとることになりました。

"Three second rule" というのがあります。

床に落とした食べ物を、すぐに拾って食べれば大丈夫というのは、万国共通。

走行中に、街路樹などを目印にして、前の車が通過してから、自分の車が通過するまでの時間を3秒にしましょうみたいな(あくまでもみたいな)ルールです。

なるほど、良い考え方です。現実的です。
日本のように、やたらと車間距離を保てと、無駄にカンバンや表示があるのもばかばかしい。

3秒以内で止まれる速度以下で走行している場合が、条件となります。
posted by ta meta ta at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ロサンゼルス便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

日本からアメリカの船便 事情

一か月以上たったのに、届かないな。
post office に尋ねてみた。

コンテナがいっぱいにならないので、西海岸と東海岸とを一緒にして日本を出る。
たとえば、その荷物が、東海岸に着くと、西海岸の荷物は、鉄道で大陸横断してくるらしい。

私の荷物は、ニューヨークに着いて、トコトコ電車で、大陸を横断中かもしれない。

ジーザス!
posted by ta meta ta at 03:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ロサンゼルス便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

ONIZUKA氏

IMG_0698 (640x480).jpg

Ellison Shoji Onizuka氏の碑である。

スペースシャトルの事故で亡くなった。
posted by ta meta ta at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ロサンゼルス便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本と変わらない

もう、ロサンゼルスのネタといったら、レイカーズでも、ローズパーレードでもなく、寒さです。

寒いぞ、

温かいと思って来たのに。

今朝は、30度(摂氏2度ぐらい)ぐらいで、私の故郷、埼玉と、さほど変わらないではないか。

雪雪雪雪


野茂選手のユニホームを探しましたが、ありませんでした。

人気の16番は、野茂ではないようです。

寒いし、乾燥しているし、埼玉の冬と変わりません。
ある意味、私にとっては、良いことなのだろう。

イチゴや、オレンジに、被害が出ると、知人が言っていました。

誰だ、温暖化すると言っていた人は。出てきなさい。
posted by ta meta ta at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ロサンゼルス便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

寒い

20年前は、一月でも半袖で十分だったと多くの人が言っている。
今年の冬は特に寒いらしい。コートが必要である。

シアトルでは、窓ガラスは二重でないといけない法律があったが、LAにはない。
エントランスや天井が無駄に広くて高い。ドアがあっても、隙間だらけ。
暖房費が高くつく。
アメリカ人の一人あたりのエネルギー消費は、けた外れに高い。

温暖化しているという報道が、後を絶たないが、どうなんでしょうね。

もうそろそろ、温暖化論は間違っていた、あるいはそもそもねつ造だったと、思う人が増えているのではないだろうか。


posted by ta meta ta at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ロサンゼルス便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

アメリカ的オーディオ雑考

LAにいて、オーディオで、まともな物が欲しくなった。

老後は、日本に帰りたいと思っているので、お金をかけたくない。
esoteric エソテリックのCDシステムと、自作アンプと、大型コンデンサー型スピカーといきたいところですが、予算の関係で断念。
http://www.esoteric.jp/index.html

電気製品は、Frys が安い!

でも、まあ、アマゾンですよ、アメリカでも。

アンプを選ぶ
サラウンドはいらないので、何チャンネルもいらない。ステレオで十分。
ソニーで固める
Sony STRDH130 2 Channel Stereo Receiver (Black)
アメリカは、ラジオ付きのアンプが主流だ。一日中、ラジオを垂れ流している。
FOXニュースなんかを聞いて喜んでいる保守のために、ではない、普通にクラッシク局は一日中クラッシク、テクノの局は、一日中テクノ。だからそれで、結構楽しめる。

次は、CDプレーヤー
VRDSメカを欲しいところだが、予算の関係で諦める。むかしCECというメーカーが出していた5連装CDプレーヤーが、評判が良かった。なにしろ、高級オーディオ店でフィリップスやソニーに並んで売られていたのである。3万円であった。そんな5連装CDプレーヤーの記憶があり、5連装を選ぶ。
Sony CDP-CE500 Compact Disc Player
ハイサンプリングやローコスト合戦が繰り広げられていたころに、ひとむかし前のDACを普通に使い、3ビーム方式を採用していたCECが自然な音を出していたのはうなづける。それに近い感じ(あくまでも感じ)がしたので、これに決定。
アメリカでは5連装cdプレーヤーみたいのを各メーカーが出している。需要があるのだろう、ずぼらなアメリカ人のため?。
たぶん、OEM。

そして、一番悩むのが、スピーカーである。
スピーカーほど、金額に比例した商品はない。
しかし、たまに、安くて音の良いスピーカーに出会うことがある。この確率は、非常に低い。
また、アマゾンでネット通販と言うことは、音はおろか、外見や寸法さえ実物を確認できない。
もう、あてずっぽの世界である。

まあ、信用して、ソニー、デノン、パイオニア、オンキョー、ティアック、あたりを買えば無難かな。
イギリスからバンドールを取り寄せる手もある。ディナウディオも欲しいが、予算が、、。船便で実家のディナウディオを送ればよかったかな。

そして、こんなのを見つけた
Sony SSF-7000 Floor-Standing 4-way Speaker with 8" Woofer (Pair)
日本では、未発売の、馬鹿でかいスピーカー。アメリカよのう。
4WAYって、ウーハーが2つの3WAYではないだろうか。ウーハーに同じユニットを使用していて、4WAYにする意味がないし。外観が同じで、違うユニットを開発したというのであればあり得るが、そんな手間をかけるならもっと良い3WAYを作った方が良い。多チャンネル化は、けっして音をよくしない。シングルでは帯域をカヴァーしきれないから、しょうがなしに多チャンネル化するのであるから。20ヘルツから20Kヘルツまでフラットに再生できるユニットが開発されたら、それがベストなのである。

でも、ソニー製で、20センチウーハーをパラで2発、3WAYシステムが、ステレオで3万円を切るって、すごいことである。優秀なユニット1本で数万円するのであるから。

しかし、このシステム、果たしてどんな音がするのやら、しめて5万円のシステム。

使用レポートは、のちほど。
posted by ta meta ta at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ロサンゼルス便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

LA的お餅

IMG_0695 (640x480).jpg

温かいお餅の中から、とろーりとチョコレート。

特にコメントはございません。


今川焼にカスタードクリームって、おいしいよね。
そんな感じ。
posted by ta meta ta at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ロサンゼルス便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10セント 割引

IMG_0693 (640x480).jpg

5ドル。

50杯飲むと、元が取れる。

いや、元を取るために買ったのではない。
なんとなく、室内で使うために。


スタバのコーヒーは、特に美味しいとは思わない。
日本にいた時は、ミスドのコーヒーが好きだった。
マクドナルドのコーヒーも、好きだった。
ここ、アメリカでは、、、、。外食に期待してはいけない。

スタバ、1ドルのマイカップ導入 再利用促進目指す 北米
http://www.cnn.co.jp/business/35026496.html
posted by ta meta ta at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ロサンゼルス便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘッドホンを買った

MAXELL のヘッドホンを買った。
アメリカでは、マクセルのヘッドホンは、いろいろな種類が売られている。
マクセルと言うと、私の世代は、カセットテープのメーカーとして有名。

EN-1 190230 と言うのを買った。オフィースデポで8ドル。アマゾンで3ドル!!

おもちゃのような金額のヘッドホンだが、この形が気に入った。
見た目が、オープンエアーのようである。
全体が軽く小さめで、スポンジで耳にあたる部分がおおわれていて、装着感も軽く楽そう。

オープンエアー型のヘッドホンは、最近ほとんど見なくなったが、実はこの形が好きだ。

むかし、初代ウオークマンについていたヘッドホンは、オープンエアー型で、その装着感も優れたものであった。音もとても良かった。

ヤマハのオープンエアー型のヘッドホン、多分これは、夜間のエレクトーンの練習用にでも開発されたのもであろうが、とても良い音であった。

スタックスの、イヤスピーカーには遠く及ばないものの、音が良いのにオープンエアー型のそれらのヘッドホンが、最近ないのは、その特徴によるのだろう。

室内で、自分の部屋で、外への音の迷惑を気にせずに音楽を楽しみたい場合には、オープンエアー型でも良いのであるが、屋外で雑音の多い場所では、密閉型が良いのだろう。また、低音を強調する場合には密閉型のほうが強調しやすい。また、電車の中でのシャカシャカ音を防ぐのにも密閉型が良い。

エンクロージャを着けると、どうしても響いてしまう。これが固有の音色付となり不快に感じてしまう。平面バップルやオープンエアーであれば、その心配はない。
以前の詳しい考察
http://blogs.dion.ne.jp/kappappa/archives/8467211.html


アメリカに居て、休日にゆっくり音楽でも聴こうかと思った。
いわゆるミニコンポで良いと思った。
しかし良いのがない。
日本向けの製品は、種類も多いしデザインも日本人好み(あたりまえ)。
SONY TEAC ONKYO 富士通テン、などなど。

いろいろ調べて、500ドルぐらいで、スピーカー、CDプレーヤー、アンプ をそろえたいと思う。



IMG_0694 (640x480).jpg
posted by ta meta ta at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする