2012年12月27日

クリス松、もとい門松。

アメリカ西海岸は、26日午後10時である。

街中、クリスマス飾りがある。
ターゲットでは、クリスマス飾りが売られている。普通に。

日本では、すでにクリスマスツリーは、あとかたもなく片付けられ、門松にかえられている。

友人に、
「いつクリスマスツリーを片付けるのか。」と聞いたら、
「一月の2週間後ぐらいかな。」とか言っている。
「ジョークだろう」というと、
「どの家でもそうだ。」と言う。クリスマス

その場にいた生粋のアメリカ人二人も、まあそんなもんだと同意している。

アメリカ人が、片付けることができない国民であるということは、関係ないようだ。
アメリカは、年始の特別の習慣はなく、だらーっと、クリスマスから年始の間を一つのお祭り期間として楽しむらしい。

日本では、
26日には、クリスマス飾りは完全に撤去されて、門松が飾られ、正月一色となる。
そのこころは、
正月は、やはり日本の伝統行事、日本人の心。
お祭りの後は、直ぐにきれいに片づけるという日本人のまじめさ、きれい好き、けじめ。
クリスマスなんて、たかが外来のお遊びよ、という日本人の心意気。

日本はまだまだ、健全だ。

無意識のうちに、26日には、クリスマスツリーを片付けて、一刻も早く門松を飾ろうとしているのであれば、これこそ、日本人の大切にすべき心だと思った。

盆暮れ正月、ああ日本なのである。
posted by ta meta ta at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ロサンゼルス便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

八角

八角というと、タミフルの原料の一つとして知っている人も少なくないかもしれない。

中国旅行に行った時も、ほとんどすべての料理に八角が使われていた。

LAでも、日本スタイルのラーメンのメンマも八角の味がした。

「にくまん」を食べた。

妙に赤いのは何?

そして、サッカリンのような、妙な甘さ?

そして、そして、八角の風味。

これに慣れてしまうのは嫌だなあと思いつつ、おいしく感じて完食してしまった。

IMG_0626 (640x480).jpg

浦和の「娘娘」の餃子も八角が効いていて美味しい。

マクロスFを観るたびに、浦和の娘娘を思い出す。

娘娘のラーメンが食べたいと、LAに居て思うのでした。

八角の入らない日本の中華料理の方が、世界的に珍しい方なのかもしれない。
posted by ta meta ta at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ロサンゼルス便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

はだしのゲン 中沢氏 死去

中沢氏は、変われない日本を、変わらない世界をどう感じていたのだろうか。
最後の祈りは、何だったのだろうか。

原発の建設コスト、発電コスト、燃料コスト、を正確に知っている人はいるのだろうか。
CO2が地球を温めるというのは、どういうことなのか、正確に知っている人はいるのだろうか。
放射線が生物に及ぼす影響を正確に知っている人はいるのだろうか。

東京新聞
核廃絶 ゲンに託す 中沢啓治さん死去
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012122502000228.html
 原爆投下後の広島を生きる少年を描いた「はだしのゲン」で知られる漫画家の中沢啓治(なかざわ・けいじ)さんが、肺がんのため十九日午後二時十分に広島市内の病院で亡くなっていたことが二十五日分かった。七十三歳だった。広島市出身。自宅は埼玉県所沢市。近親者のみで家族葬を済ませた。喪主は妻ミサヨさん。 
◆福島第一事故でも訴え 人間、制御できない
 中沢啓治さんは晩年、がんなどに苦しみながらも、作品で訴えた原爆の悲惨さを教訓として伝える活動を精力的に続けた。昨年三月の東京電力福島第一原発事故後には、本紙の取材に「まだまだ人間が制御できるレベルではない。つらくても、記憶と、建物などの跡を子々孫々に伝えていかなければ」と訴えていた。
 二〇〇八年の本紙インタビューでは、原爆投下直後の広島で腕の皮膚を垂らして歩く人らを見た体験を証言。戦後に母親が亡くなった際、ぼろぼろの遺骨を見て原爆や戦争への怒りが噴き出したと、「はだしのゲン」執筆の動機を語った。
 「はだしのゲン」の魅力では、一生懸命に生き抜く人の姿を描いた点を挙げ、「何回踏まれても大地に根を張り真っすぐに伸び、豊かな穂を実らせる『麦』がテーマ」などと話していた。
 昨年八月、広島市の平和記念式典に初めて出席した。その直前には、福島第一原発事故の放射性物質流出を恐れる被災者を、放射能を含む黒い雨にぬれて「いつ病気になるのか」と不安を抱えた自身と重ねながら、「黒い雨は今も世界に降り続けているんです」と、核利用がなくならない状況を嘆いていた。

posted by ta meta ta at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

LA ダウンタウン

寒いのですよ。

今朝は、霜が降りたとある人が話していた。

まあ、山間に行けばスキー場もあるのですが。

晴れた朝、sigma DP2 で撮りました。うまい写真ではありませんが。
SDIM0051-2 (800x533).jpg

SDIM0051-2 (2).jpg

煉瓦の、一つ一つの表情まで、克明に描写する能力に、すごいなあと感心して楽しんでいるレベルの私です。
建物と道路のラインが、歪んでいない。レンズが無いみたい。exclamation

そのうちに、DP2の能力を発揮させた作品と言えるような写真をとることができるようになるかな。

カメラ
posted by ta meta ta at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ロサンゼルス便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

カリフォルニアロールの天ぷら

日本にも、

カレーうどん

あんぱん

なんてあるけれど、


 「 カリフォルニアロールのてんぷら 」レストラン

IMG_0590 (400x300).jpg


違和感?

何かが違う?

私は、なじめない何かを感じた。
posted by ta meta ta at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ロサンゼルス便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

雑感

自民党、圧勝ですね。
原発が必要だと思いっている人が多いのには、驚きました。
原発をやめる国がいくつもあるのにね。懲りない国です。
それと、200兆円の特別会計ですね。増税も官僚だけが喜ぶ。
しかも、それに国民が気が付いていない、哀れな人々です。
そんなことを言っていると、暗殺されてしまいますね。

posted by ta meta ta at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

日本の終わりの始まり

開票速報を見るかぎり、自民が圧勝のようである。あと維新も健闘しているようである。

最悪である。

これで、憲法が変えられ、日本軍は、アメリカの捨て駒に使われるようになるだろう。
アイスランドのように、小さい国は、完全非武装で平和的に生き残っていくしかないのであるが。
中国と戦争して勝てるとでも思っているのだろうか。

自爆テロのような原発を、いくつも稼働し続けるのだろうか。

意味のない太陽光や電力買取、エコ減税を行い続けるのであろうか。

増税と官僚支配との悪政を続けるのであろうか。
特別会計も、特殊法人も、天下りも、野放しのままに。

しかたがない、日本人が選んだ道である。
もしかして、開票に不正が行われているのではないかとさえ思ってしまう。

アメリカも、そうとう狂っているが、アメリカ人は、オバマを大統領にするだけの分別を持っていた。


第二次世界大戦の前夜でも、
「アメリカと戦争するなんて信じられない。なんていうことか。」と思っていた人はいた。
予算配分を度外視して、軍備を進めようとする内閣に反対し対立し、嫌気がさして渋沢は大蔵省を辞めた。
まともな意見が、少数派であることは、よくあることなのであろう。

原爆を落とされ、大空襲をされ、大量虐殺を受けても、バブルで蓄財をすべて盗み取られても、喉元過ぎたら熱さ忘れる国、日本。

国土が焦土と化し、国民が半分以上死んで、自分たちが間違っていたことを知るのであろう。
貧富の差が広がり、公共料金は高騰し、重税に苦しみ、失業者は増え、放射能汚染におびえる国。

それが、日本人であり、日本という国なのであろう。


posted by ta meta ta at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

新しいデジカメを買った

Sigma DP2 Merrill である。
キヤノン IXY L2 で、不満のなかった私であるが、やはりちょこっと良いものが欲しくなった。

どうせ、パソコンで縮小して見るだけなので、L2でも十分なのであるが、画質の比較が気になった。
当然、DP2の方が良いに決まっているが。

L2-co1 (800x600).jpgキヤノン L2

sigma-co1 (800x533).jpgシグマ DP2

L2-co2.JPGキヤノン L2

sigma-co2.JPGシグマ DP2

L2-co3.JPGキヤノン L2

sigma-co3.JPGシグマ DP2

DP2は、光の明暗が正確だからだろうか、立体的に見える。
3Dの技術が無くても、リアリティーがある。

そういえば、オーディオでも、ハイエンド機種では、サラウンドや多チャンネルでなくても、とてもリアルに聞こえるものだ。
音も、光も、似ている。
ピュア・オーディオという言葉があるが、シグマDP2は、ピュア・ピクチャーと言えるかな。

使い分ける。
L2は、ポケットに入れて持ち運べて、気軽にパシパシ撮れる。日常のスナップや、ブログ用の写真など。

DP2は、高画質で残しておきたい時に。

やっぱり、全然違いますね、できるだけDP2で撮っておきたいと思う。
ちょっとかさばるけれど。
posted by ta meta ta at 04:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

LA union station with Simostukin

LA union station

ロサンゼルス、ユニオンステーション

ここから、特急にも乗れる。
詳しい写真は、ググってください。

シモツキンと一緒に撮ったのは、私が初めてだろう。

IMG_0555 (800x600).jpg
posted by ta meta ta at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ロサンゼルス便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

加湿器を買った

加湿器を買った。

Best buy という電気屋さん。日本にも、似たような名前の電気屋さんがあるなあ。

40ドル。

タイマーも、一定の湿度に保つ機能も付いていない。
ひたすら加湿する。

SUPER DRY 極度乾燥(しなさい)みたいなロサンゼルスですので。
http://www.superdry.com/

寝ている間に喉から風邪をひく私には、必需品です。

IMG_0567 (600x450).jpg
posted by ta meta ta at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ロサンゼルス便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

ロサンゼルスは、寒いです。

朝夕は、あまりに寒いので、

IMG_0551 (800x600).jpg

COSTCO で、電気ストーヴを買った。

そういえば、群馬に「コストコ」ができた時に、群馬の人が、「コストコ」と発音していたのが、おもしろかった。
コストコじゃなくて、コスコじゃないの、たしかシアトルではコスコって言っていたよなあと疑問に思っていたのですが、再度、アメリカに来て、今度はロサンゼルスに来て、やはりコスコと言っている(コスコと聞こえる)ので、やっぱり、コスコじゃんと思って、ネットで調べたら、日本ではコストコで良いそうですね。

日本語の名前の「コストコ」の方が、愛嬌があってよいな。

ちなみに、シアトルでもロサンゼルスでも、コスコと言うと、通じます。
posted by ta meta ta at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカのスズメ

ここは、ロサンゼルス。

スズメの声が聞こえた。

ぎゅぎゅぎゅ、ぎゅぎゅぎゅ、と啼く声と、ちゅんちゅんちゅん、と啼く声。

アメリカにも、スズメがいることを知った。

Sparrow と言うらしい。

姿も、日本のスズメとほとんど同じでした。

SDIM0008 (2).jpg
posted by ta meta ta at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

寒い

America California でも、ここ5年ほどは寒くてねえ、なんて話を聞く。

NASA や、そのたの観測では、どうなっているか知らないが、

温暖化というよりも、寒冷化しているのではないかとさえ感じる。

あくまでも体感の話ではあるが。

報道は、寒波のニュースをあまり取り上げないようである。
posted by ta meta ta at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

CO2は、地球を温めない。


30年後、この記事を見て、私たちは、どんな感想を抱くのだろうか。

酸性雨と排出権取引については、なんの反省もないのだろうか。
ダイオキシン騒ぎは、なんだったのだろうか。
本当にDDTは、有害だったのだろうか。沈黙の春は、訪れるのだろうか。

なぜ、二酸化炭素の排出は、年々増加しているのに、この数年は気温が下がっているのか。

こんな、明ら様なことさえ、嘘がまかり通る?
脱原発が、そんなにも嫌なのか。
誰が嫌がっているのか。
なんのために、原発をやりたいのか。
こんな記事を書く人間は、間違っている。

<衆院選>温暖化対策、足踏み…各党政策、具体性欠く
http://mainichi.jp/select/news/20121206k0000m020073000c.html
毎日新聞 2012年12月05日 21時30分(最終更新 12月05日 21時42分)
衆院選ではエネルギー政策が争点の一つだが、脱原発で増える二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスをどうするかなど、地球温暖化対策の議論が進まない。温暖化対策の国際交渉で日本の発言力が低下しかねず、ルール作りに参加できなければ産業界の負担が増すなど、日本経済への影響も懸念される。【種市房子、三島健二、ドーハ藤野基文】

 「原発事故があったからといって削減義務はなくならない」。カタール・ドーハで開催中の国連気候変動枠組み条約第18回締約国会議(COP18)で、中国代表団の蘇偉(そい)副団長が先月29日、温暖化対策であいまいな姿勢を示す日本にクギを刺した。

 日本は「温室効果ガス排出量を20年に90年比25%削減する」との国際公約を掲げるが、脱原発路線への転換で実現は難しい。5日の閣僚級会合で演説した長浜博行環境相は公約への言及を避け、日本の姿勢は見えないまま。今後の排出削減策を決める国際交渉は難航しているが、欧州連合(EU)の交渉官からは、排出削減目標が不透明な日本などに責任を押しつける発言も飛び出した。蘇氏の発言も「削減が難しいなら、新興国への資金・技術支援で役割を果たせ」とゆさぶりをかけたものだ。

 日本の温暖化対策が定まらないのは、「25%削減」が原発増設を前提としていたためだ。政府は10年、目標達成に向けて「30年に原発比率を約50%に引き上げる」とするエネルギー基本計画を策定したものの、東京電力福島第1原発事故を受け、今年9月に「30年代に原発ゼロ」にかじを切った。これでは、20年の削減幅は90年比で5〜9%にとどまる。

 政府は新たな温暖化対策を年末までに決める予定だったが、「高いレベルの削減目標を維持したい環境省と、拙速な議論で産業界への影響を避けたい経済産業省の歩み寄りが難しく、議論が停滞」(政府関係者)。民主党は11月、エネルギー関連の調査会を設立して議論を始めたが、解散総選挙でストップした。

 衆院選でも温暖化対策は、あいまいな記述や、触れない政党が多い。民主党は「30年に90年比2割削減」と現行目標から後退し、対策は具体性に欠ける。自民党は削減目標の見直しを掲げるものの、具体的数値はない。「卒原発」を掲げる日本未来の党は温暖化対策には言及していない。

 産業界は「対策に巨額の資金がかかる」と、25%削減に猛反発してきた。鉄鋼業界は20年までに省エネ設備などに約1兆円を投じるが、それでも90年比のCO2削減量は3%弱だ。日本鉄鋼連盟は「排出量を大幅に減らすには、製鉄所閉鎖などで生産を強制的に減らすしかない」とけん制。経済に打撃を与えないような温暖化対策を求めている。

 政府は、省エネが進んだ日本の産業界が不利にならない排出削減の仕組み作りを提案しているが、海外の反応はにぶい。削減目標引き下げは不可避だが、温暖化対策の姿勢を後退させて日本の発言力が一段と低下すれば、将来の排出削減の枠組みで日本が不利になる制度を押しつけられかねないジレンマも抱える。

posted by ta meta ta at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

橋下は、いってしまったようです。


橋下氏、卒原発は火星旅行と同じ 公示後ツイッター

 日本維新の会代表代行の橋下徹大阪市長は、衆院選が公示された4日昼、日本未来の党が公約した「卒原発」を念頭に「『10年後に原発ゼロ!』と叫ぶのは、『10年後に火星に行くぞ!』と叫ぶのと同じレベル」とツイッターで批判した。これに先立つ衆院選第一声でも、日本未来の党代表の嘉田由紀子滋賀県知事を同様の文言で批判していた。

 総務省は「公職選挙法は、ツイッターを含むインターネットでの選挙運動を認めていない」との見解。これについて橋下氏はツイッターで「バカみたいなルール」と批判。「前近代的な選挙事務すら変えられないような政治家が、国の行政を根本から変えられるわけがない」と決め付けた。

2012/12/04 17:29 【共同通信】

http://www.47news.jp/CN/201212/CN2012120401001745.html


さようなら。
posted by ta meta ta at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

原因は老朽化ではない。

公共事業による自然破壊、公害問題、薬害エイズ、そして、福島原発、すべて、日本の政治と公務員と、特殊法人、天下り、特別会計などが引き起こした人災だと思う。

笹子トンネルも、設計、施工、管理、安全点検、すべてに問題があったと思う。
巨大なゼネコンであった道路公団。
税金を湯水のようにばらまき、仕事は手抜き。

原因は、日本病という体質である。

もうそろそろ、国民の怒りが頂点に達する。

いや、もう、怒りというより、悲しい。

哀れである。


老朽化なんて、想定内でしょ。バカ!

http://www.47news.jp/CN/201212/CN2012120301001097.html
トンネル崩落事故、死者9人に 中日本「原因は老朽化」

 山梨県大月市と甲州市にまたがる中央自動車道の笹子トンネル天井板崩落事故で、県警は3日、ワゴン車から5人の遺体、別の乗用車内で3人の遺体を確認した。冷凍冷蔵トラック内で1人が死亡しており、死者は9人となった。

 中日本高速道路は3日午前の記者会見で、トンネル本体上部の天井と、天井板を支えるつり金具とをつなぐ直径1・6センチのボルトがコンクリートから抜けている箇所があったとして「大きな原因は老朽化と考えられる」と説明。ボルトやつり金具のさび、天井のコンクリート部分の経年劣化などの可能性を挙げた。


崩落事故死者9人に 天井ボルト脱落 原因は老朽化
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012120302000243.html

 山梨県大月市と甲州市にまたがる中央自動車道の笹子トンネル天井板崩落事故で、県警は三日、レンタカーのワゴン車から五人の遺体、別の乗用車内で三人の遺体を確認した。冷凍冷蔵トラック内で一人が死亡しており、死者は九人となった。県警と東山梨消防本部は、他に巻き込まれた車両はないとみている。
 中日本高速道路は三日午前の記者会見で、トンネル本体上部の天井と、天井板を支えるつり金具とをつなぐ直径一・六センチ、長さ二三センチのボルトがコンクリートから抜けている箇所があったとして「大きな原因は老朽化と考えられる」と説明。ボルトやつり金具のさび、天井のコンクリート部分の経年劣化などの可能性を挙げた。これまでのトンネル天井部の点検方法についてハンマーなどでたたいて異常を確認する打音検査が必要だったとの認識を示した。引き続き原因究明を進める。
 県警は、老朽化への有効な対策が講じられていなかった疑いもあるとして、大月署に捜査本部を設置。業務上過失致死傷容疑で、近く中日本高速道路などを家宅捜索する方針を固めた。
 県警によると、ワゴン車の五遺体は、脱出した神奈川県三浦市の女性銀行員(28)の同行者で、東京都内のいずれも二十代の男性三人、女性二人とみている。乗用車の三人は山梨県在住の七十代男女と六十代女性とみられる。トラックの運転手は、山梨県甲斐市富竹新田、会社員中川達也さん(50)と判明した。
 羽田雄一郎国土交通相は三日午前、現場を視察した。
 県警と同消防本部によると、ワゴン車は三列シートで、運転席と助手席にそれぞれ一人、二列目に二人、三列目に一人の遺体を確認した。乗用車内では運転席、助手席、後部座席で一人ずつ確認した。いずれも性別は不明で車体は燃えていた。
 中日本高速道路によると、トンネルは開通した一九七七年以降、天井部分の大規模な改修工事をしていなかった。天井板や金具の耐用年数は決まっておらず、ボルト交換した記録もないとしている。

posted by ta meta ta at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

デジカメに迷う

IMG_0490 (800x600).jpg

お寺に行ったら、七五三の季節でした。呑龍様、聖天様

カメラを向けたら、ゴロゴロ。
ミケトラ猫

IMG_0494 (800x600).jpg
うまい写真ではないが。

IMG_0500 (800x600).jpg

どんぐり。天神? 男体古墳? 東日本では、最大の前方後円墳。

キヤノンIXY digital L2 で撮りました。
キヤノンサイト
DP2がほしいのですよ、シグマDP2ですよ。10万円ですよ。
でも、この写真を見るかぎり、特に不満はない。
でも、欲しいなあ。merrill
http://www.sigma-photo.co.jp/camera/dp2_merrill/

迷う。
物欲に負けるのか。
高尚な趣味か。
無駄か
必要か。
満足できるか。
意味がないか。
迷う。
解らない。
posted by ta meta ta at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アラブの春の正体

『 「アラブの春の」正体 』 重信メイ著 を読んている。

革命は、うまくいかなかった。

3つの原因がある。

1革命後の国をけん引できる、強いリーダーがいなかった。

2革命後の国を、どのような国にしたいのか、国民の意思が一つにならなかった。
どのような国にしたいのか、方向が定まらなかった。

3長い間の、不正、汚職、などに慣れてしまった人々が多くいて、一気に浄化はできないのであるから、時間をかけて不正や汚職のできないシステムを構築して、確実に浄化を行わなければならなかったが、そのシステムを作ることができなかった。


今の日本に、そのまま当てはまる。
リーダーがいない。
改革への強い意志を持った政治家は、一人もいない。もし、石原や阿部、野田、小沢、嘉田、橋下などに、本当に改革の意思と実力があったら、すでに何かしていなければならない。何年も政治に関わっていて、何もしてこなかった人々である。

改革後の国の進むべき方向が定まらない。
電力に関してだけでも、いまだに二酸化炭素が温暖化に関係しているとか、原子力発電の方が経済的だとか、電力が足りないとか、バカなことが信じられている。これでは、脱原発という、当たり前のことさえ、国民の一致した意見とならない。

腐敗の根本を断ち切るシステムが議論されない。
今の政治の腐敗の原因と経済の停滞の原因は、官僚支配と、特別会計と、特殊法人にあるが、それを取り締まり、改善する道筋が、なにも議論されていない。これでは、改革にならない。

天下りこそ、諸悪の根本であるのに、だれも言及しない。
こんな選挙は、アラブの春と同じで、失敗に終わる。
posted by ta meta ta at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカと世界平和

アメリカは、ネイティブアメリカンを虐殺し、土地を奪い、建国した。
アメリカに渡った人々は、その昔、差別され虐げられ、逃れるようにアメリカに渡った。
白人やアメリカ人の人類に対する恨みは根強い。豊かな土地で幸せにのんびり生きている人々を憎み、殺し、土地を奪い、あるいは植民地にし、奴隷にしないと気が済まない。
建国の象徴である銃を手放すことは、建国の虐殺の事実を認めて、正義の国ではないことを認めることになり、アメリカの建国神話が崩壊することになる。
という岸田秀氏の論がある。
民族は、過去を背負っている。

そうすると、アメリカは、暴力の連鎖から抜け出せないのであろうか。
虐殺の過去を隠ぺいし続けるしかないのか。白人の迫害の歴史は解決できないのであろうか。


苦しみを知っている人ほど、優しいという事実がある。
苦しい過去を背負っているアメリカや白人が、改心して、優しい人に変わることはできる。
灰谷健次郎の理論で、優しい人は、つらい過去を乗り越えてきた人が多いというのがあるが、アメリカは、そうなれるであろうか。

実は、アメリカは、超保守や右翼を除いて、普通に暮らしている人は、優しい。隣人を大切にするし、弱者に手を差し伸べる。ボランティアも良くやる。変わり者を個性と認め、いじめたりしない。

つらい過去を今の優しさに変えることが、アメリカにできるだろうか。

アメリカの人口比は、南米やアフリカ、アジア系などが、過半数を占めるようになる。アメリカが本当の意味での、移民の国になる。

あと20年もしたら、アメリカが本当の移民の国となり、世界一優しい国になるかもしれない。
そうしたら、地球に本当の幸せが訪れることになる。

日本は、アメリカに、そうなるように働きかけ続けるような国であってほしい。
日本は、今、刹那的に、軍備など進めてはいけない。

世界は、変わり始めているのである。
posted by ta meta ta at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする