2012年07月28日

クロモを増やす 15日経過

kuromo-20120728.JPG
写真では、色が濃く写っていますが、明らかに白化しています。このままだた、この苗がもっている力を出し切って終わりということになります。
実験的に、45センチ水槽をセッティングした方です。どうやら栄養が足りません。
土は、赤玉土をひいただけ。
栄養は、ハイポネックスと化成肥料のみですが、たとえそれだけでも、多めに与えたら良かったかもしれません。

そこで、土からやり直し。
プランター用の栄養入り腐葉土、油かす、化成肥料(粒状)と、雨水を溜めている水槽に溜まったヘドロなどを底にひき、その上を赤玉土で覆う。

水温が上がりすぎると全てが腐って終わるかもしれませんが、そんな危険も覚悟して、半日以上日の当たる場所へ移動。

そして一日、写真には撮りませんでしたが、クロモは青々とした芽を出し始めました。
水温は、手で触って温かく感じるほどに温まっていました。クロモは高温に強いかもexclamation&question
高温になることを恐れずに、日あたりを優先させた方が良いかもしれません。晴れ


メインのクロモ水槽は、順調です。購入時のおよそ2倍以上にはなっています。
(これだけでも、元は取れたな。)


posted by ta meta ta at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 水草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

鈴虫 ちょっと大きくなった。

suzumusi20120726.JPG

鈴虫が、大きくなった。
たぶん、脱皮した。


まるでゴキブリの子供だ。
ゴキブリが、鈴虫のように鳴いたら、鈴虫のように人気が出るのだろうか、それとも、鈴虫とその鳴き声が、ゴキブリのように嫌われるのだろうか。

ああ、でも、ゴキブリが鈴虫のように鳴いたら、やだな。
posted by ta meta ta at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | すずむし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロモを増やす その5

kuromo-20120726-2.JPG

順調。
青々として。
2倍には増えている。

kuromo-20120726.JPG
もう一つの水槽。
色が薄いので、ブクブクを止めて、炭酸飲料水から出る二酸化炭素を注入。
いや、砂糖100グラム、重曹2グラム、酵母ちょっぴり。
一日中、日陰のようだ。場所を変えようか。


hasu-20120726.JPG
葉っぱばかりで、花を咲かさない蓮。今年はまだ一輪。
posted by ta meta ta at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 水草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

クロモを増やす その4

曇りの日が続き、気温は上がらず、日照も少なく、成長も停滞気味。

水の色が、緑から透明に変わった。
一晩で、一瞬に。
よーく見ると、ユスリカが大繁殖しているのが解る。
そして、
bouhura20120724.JPG

ボウフラです。これが羽化したら、大迷惑なので、網ですくって処分。
何百匹いるだろうか。ものすごい数だ。
ユスリカは刺さないのでほったらかし。
緑の成分をユスリカ達が吸収したか食べてしまったかしたのだろう。
クロモを増やしたいので、グリーンウォーターでなくなってしまったのは、ちょうど良い。
posted by ta meta ta at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 水草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国、いじめのターゲットはアジア系 その2

数日前に、「 アメリカではアジア系がいじめのターゲットにされている。」という記事を載せたが、
http://blogs.dion.ne.jp/kappappa/archives/10840152.html

なぜ、アジア系がターゲットにされ、脆くも自殺をしてしまうのか、考えた。
ちょうど、ここに、一冊の本がある。
『 非国民のつくり方 現代いじめ考 』 潮出版社 昭和61年6月
その中で、岸田秀氏は、
「 日本人の自我構造に内在する「いじめ」米国との比較」という論考を寄稿している。

岸田秀氏の論を要約すると、

  日本人の自我は、世間に支えられ、欧米人の自我は、神または神の代替物に支えられている。
  人間の攻撃性は、自我に組み込まれなかった、否定したいような事柄が内面に抑圧され、その内面への攻撃として現れる。外の他人に、抑圧した内容を感じたとき、虫が食わない、気に入らない、無性に腹が立つ、ということで、嫉妬をしたり、憎んだり、攻撃を加えようとする。

ということであるが、ここで、二つのことを考えた。

一つに、アジア系と呼ばれる人々は主に、中国、韓国、日本、台湾、東南アジアの人々のようであるが、家族を中心に世間を形成する文化を持っている。要するに、自我の支えを世間に認められるという仕方で自我を形成している。これは、欧米人から見ると、昔から言われることであるが、優柔不断の自我というふうに映る。所属する集団に自分がどんな位置にいるかということで、態度だけでなく、価値観や倫理、法律まで変わってしまう。欧米人が神を支えとした場合には、何処でも誰とでも、常に規範は変わらない。
 そして、今、アメリカでは、伝統的な神を信じることは出来ず、理性や自由、正義や真理なども神の代わりになりきれず、自我の支えを何に求めて良いのか解らずにいらいらしている人が多いのではないだろうか、 そんな、いらいらしているアメリカ人の前にアジア系の自我構造を持った人がいると、癪に障るのだろう。意識しないようにしているはずの、自我が確立できないという劣等感、そんな自分の弱い部分を見せつけられ、自分が悩んでいる部分をあざ笑われているように感じるのであろう。確固とした自我の支えをもっておらず、相手に合わせてカメレオンのように態度や価値観をコロコロ変えるアジア系が、癪に障るし羨ましいのであろう。そしてその感情も認めたくない。もちろん、岸田秀氏が言うように、自我に一貫性がないと見るのは、欧米人からの視点であって、日本人の自我構造は、そのように相手に合わせて変えるということで一貫しているのである。神を認めないのに、人々との繋がりを大切にして、安定した自我を持ち、幸せそうにしているアジア系が、羨ましいのかもしれない。それは、その昔、肥沃なアフリカを追われ、虐げられた過去が蘇るのかも知れない。
 アメリカ人が、そのような理由でアジア系をいじめるとしたら、アメリカ人が、特にその若者が、自我の確立に問題を抱え悩んでいるということになる。悩んでいるところに、ヘラヘラ笑いながらアジア系がやってくるので、いじめたくなるのであろう。
 しかし、アジア系も、笑ってはいられない。夏目漱石が悩んだように、近代的自我を手に入れようとしても手に入らず、伝統的な家、世間、は崩壊してしまい、どのように自我を形成したら良いのかわからないでいるのは、アジア系も、同じなのである。

 二つめは、いじめられると自殺をしてしまうアジア系であるが、まさに、世間との繋がりで自我が支えられている以上、仲間からのいじめは、致命傷になると思う。ネグレクトは、アジア系に対しては、非常に苦痛を与えることになる。村八分、シカトが日本で効果があるのはそういう自我構造によるからであろう。また、キリスト教では自殺は罪であるから、欧米人の自殺の歯止めにはなっていると思う。もちろん、保険金も出ない。自殺に対する保険金をどうするかも大きな問題だ。

 また、これは、憶測でしかないが、その昔、アメリカは、先住民を虐殺した。そしてアフリカ系を差別した。しかし現代では、先住民の文化や人権を見直し保護しようという動きがある。またアフリカ系を差別することは、厳禁である。そこで、いじめの矛先が、アジア系に向いたということもあるのではないだろうか。
 人間の自我の構造上、無意識に抑圧したイメージは、ずっと疼き続け、簡単に外部へ転化するのであり、僻み、妬み、憎しみは、無くならないのであるから。残念ながら。

それと、今、アメリカで、学歴が高く高収入なアジア系が増えていることも、いじめられる原因であろう。アメリカ万歳exclamation×2
posted by ta meta ta at 03:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

悪夢の温暖化対策ワースト4

お馬鹿な記事を見つけましたので、面白いので、WEBLOG。

newsweekjapan ですよ。ふらふら

http://www.newsweekjapan.jp/stories/us/2012/07/post-2619.php
悪夢の温暖化対策ワースト4

過去1年の気温が観測開始以来の最高を記録し、異常気象も続いているアメリカで、メディア王ルパート・マードックがツイッターで以下のようにつぶやき、波紋を呼んでいる。

 「気候変動は非常にゆっくり確実に進行している。だが現時点では、温暖化そのものより解決策の悪影響のほうが大きい。技術進歩で新たに採掘が可能になった天然ガス『シェールガス』は、アメリカの温暖化対策の大きな突破口となる。CO2排出量は石炭や石油の半分だ」

 環境問題ニュースサイト「グリスト」は、すぐさまツイッターで反論。「太陽光パネルは、干ばつや海面上昇より悪いのか?」

 もちろんそんなことはない。問題は私たちが、地球温暖化を著しく遅らせるほど十分な太陽光パネルを設置していないこと。また、当分は設置数が大きくは増えそうもないことだ。それには、マードックのお気に入りらしいシェールガスが安価になってきていることも寄与している(シェールガスのCO2排出量は石炭より少ないが、再生可能エネルギーよりはずっと多い)。

 もしマードックのアドバイスどおり安易な解決策に頼って太陽光発電への出費を惜しめば、気候変動は勢いを増し、20〜30年後には実に恐ろしい解決策しか残らなくなる可能性がある。

 それが、ポピュラー・サイエンス電子版12日付けの挑発的な記事の要旨だ。この記事は、地球温暖化が手に負えなくなった場合、世界にできる最終手段を考察している。以下はその抜粋だ。



■サハラ砂漠とオーストラリア奥地の乾燥地帯にユーカリを植えて森林にし、海水を淡水化した脱塩水で灌漑を行う。脱塩水を作る施設の電力は、多数の原子力発電所を建設してまかなう(考えられるマイナス面:イナゴが異常発生する、鳥インフルエンザが発生する、砂漠に生息する種が大量消滅する、原発が増える、1兆ドルのコストがかかる)。

■大量の植物性ブランクトンを繁殖させるため、海に鉄粉を放出する(考えられるマイナス面:他のすべての海洋生物が死滅する、この方法自体がうまくいかない可能性がある)。

■太陽光線を地球からそらすために、合計16兆枚の鏡を搭載したロケット2000万台を宇宙へ発射する(考えられるマイナス面:もしうまくいけば気温は急低下。気候システムが大混乱に陥る)。

■太陽光線を防ぐ硫酸塩を大気に充満させる。やり方としては、「スタジアムくらいの大きさの気球を、長さ19キロのホースで船に引かせて運び」世界中で破裂させる。またはもっと見た目が派手な方法として、「海軍の艦隊を派遣し、硫酸塩粒子を充填した砲弾を空に打ち上げる」というのもある(考えられるマイナス面:多過ぎてすぐに思い付かない!)。



 こんないちかばちかの手段しかなくなる前に、もっと合理的な手を打つべきだと思うが。



で、まず、「 過去1年の気温が観測開始以来の最高を記録し、異常気象も続いているアメリカ 」

これに、引っかかる。

この動画をご覧ください。
ピーター君が教えてくれるヒートアイランド現象/地球温暖化ですか?

ピーター君、こういう子が、健全なアメリカを担ってほしい。

田舎の気温の上昇を示さない観測所が閉鎖され、観測所が減っているのも、有名な?事実です。
そうしたら自然と年々平均気温は上昇します。データの捏造と言っても良いでしょう。


次 「 脱塩水を作る施設の電力は、多数の原子力発電所を建設してまかなう。」

まあ、お馬鹿です。

そもそも、温暖化を前提にしている議論がお馬鹿なのですが、対策もワースト4ですね。

温暖化を前提にしている Newsweek も、なんだかねえ。

時間のある方は、こちらもどうぞご覧ください。


posted by ta meta ta at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

アカボシゴマダラ 外来生物、発見

要注意外来生物、発見。

2010年には、秋ヶ瀬公園でも確認されている。

Hestina assimilis.JPG
アカボシゴマダラ

父曰く 「アゲハチョウがいたから、写真を撮った。」
 
私曰く 「スワロウテイルになってないじゃん。こういう模様のアゲハはいないよ」

普通の人なら、これをアゲハと言っても仕方が無い。
しかし、外来種が生息域を広めている証拠写真を撮ったのは、でかしたぞ。

Good job !


ああ、それから、稚魚や蛍や鈴虫、カブトムシなど、ある特定の生物を、しかも養殖した沢山の生物を、一気に自然界に放つニュースを頻繁に見かけますが、それは、自然破壊の何ものでもないので、止めて欲しいと思いました。
 人が自然を変えてしまい、ある種類の生物が減る、その生物が人間に人気があるとか言う理由で、養殖したものを大量に放つ、二重に自然破壊をしていると思います。
 また、遺伝子の撹乱になりますので、一度でも人に飼われた生物は、自然に放してはいけないと思います。
posted by ta meta ta at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

一関でも被爆

子供たちの被爆の実態

一関は、風下だったから、でも、100キロは離れているよね。

風の向きに関係なく、静岡のお茶からも検出されたということだしね。

私は、埼玉に住んでいますが、埼玉産の米や野菜は、大丈夫だろうか。
毎日摂取している水や空気に放射能物質が含まれているかもしれないのに、計る術が無い。


尿検査から見えてきたもの〜内部被曝の現状


児玉龍彦先生が、国会で指摘してから、1年経ちますが、いまだに、まともな計測がされていません。
静岡のお茶については、風評被害ではないようです。
2011.07.27 国の原発対応に満身の怒り - 児玉龍彦



OURPLANET-TV は、必見です。

http://www.ourplanet-tv.org/
posted by ta meta ta at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

東電の過失を訴える

東電の犯罪が、なぜ捜査されず、東電の責任者が逮捕されないのか、不思議でしたが、告訴されていたのですね。

まず、文章で
環境問題を考える
http://www.env01.net/
告発人 槌田敦
http://www.env01.net/frommanager/2012/kokuhatu2.pdf

次、
広瀬隆氏が山下教授や高木大臣、東電幹部らを刑事告発


次、
福島原発告訴団
http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/

とりあえず、3つ。
まだまだ、告訴した人は、いるかも知れませんが、報道されません。

参考
元IAEA事務次長は、「東電は、欠陥を指摘されても20年間、放置した。今回の事故は人災だ。」と指摘。
http://youtu.be/MiXxjhUkd0w
posted by ta meta ta at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鈴虫 観察日記

いわゆる30センチ水槽に移動。

8匹健在

園芸用に買ってあった赤玉土を5センチほどひいて、水分を含ませた。
それで良いのかは、しらない。
板は、重要らしい。
頂いてきた虫かごに入っていた、土や餌も移動。
冷暗所に置いた。
魚の水槽と違って、セットした後も移動できるから便利だ。

suzumusi20120720.JPG

軽いのに、置く瞬間、腰を痛めた。痛い。部屋の片付けが終わっていないのに、天袋のガラクタは放置。
posted by ta meta ta at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | すずむし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロモを増やす その3

芽と根が伸びてきましたので、土に植えた。

いわゆる45センチ水槽

赤玉土を5センチ程度ひいて、植える。

kuromo-20120720.JPG

根がヒョロヒョロ、結構な勢いで伸びてきたということは、もしかして、クロモは、根は単なる水に流されないように底にしがみつく為のものではなくて、積極的に根から栄養を摂取するのかもしれないと思った。素人ながら。なので、植えてみた。
posted by ta meta ta at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 水草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原発利得は、一炊の夢

この、東海村の村上村長の決断が、世界に知れ渡りますように。

もう原発はいらない!〜臨界事故を経験した東海村の村上村長激白〜


原発の利益なんて、一炊の夢だ。原発は全てを奪ってしまう、故郷、子供の未来、全てを失ってしまう。

この言葉は重い。

原発が無くとも、電力は賄えることが事実となった今、原発の存在意味は無くなった。


-----------------------------------------------------------------------

しかし、ほんとか嘘か、原発は、日本人の核兵器アレルギーを和らげるために、アメリカの意向で日本に設備したのが元々の目的だという。

本当かのう。本当なの?
「原発とメディア〜日本のメディアはなぜ事実を伝えないのか?」




posted by ta meta ta at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

鈴虫 飼育開始

suzumusi20120719-2.JPG

念願の鈴虫を入手。
知人から頂いた。昨年購入した虫が卵を残し、今年に孵化した子供を少し分けていただいた。

suzumusi20120719.JPG

まだ子供。
8匹。

外からは、自然のコオロギの声が聞こえてきます。
夏だなあ。
posted by ta meta ta at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | すずむし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

電力、足りちゃいました。

平日で、全国的に35度を超える日に、電力、足りちゃいました。(館林39度)

原発が無くても、大丈夫じゃん。
(大飯原発が発電しているのを知りませんでした。)

ただ、なんとしても、電力会社が、正確な発電の実績を公表しないので、なんともいえません。
正確な数字を公表しないで、原発が必要だといわれてもねえ、現実に足りちゃったし。

東電の電力使用率、今夏初の90%
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120717-OYT1T01257.htm

東京電力管内で17日、電力のピーク需要が4904万キロ・ワット(速報値)に達し、今夏最大を記録した。
同日の供給力(5383万キロ・ワット)に対する電力使用率も91%と、今夏初めて90%を超えた。梅雨明けに伴う厳しい暑さで、冷房を使用する家庭やビルなどが増えたためとみられる。
 東電は17日朝の時点でピーク需要を4800万キロ・ワットと予想していたが、関東各地で猛暑日や真夏日となり、使用量が予想を上回った。昨夏のピーク需要(4922万キロ・ワット)にも迫ったが、安定供給に支障はなかったという。
 17日は東電以外でも、北海道電力と沖縄電力を除く7社の管内で軒並みピーク需要が今夏最大を更新した。関西電力管内が2540万キロ・ワット(使用率89%)、中部電力管内が2368万キロ・ワット(同92%)だった。
(2012年7月17日21時34分 読売新聞)



こうなると、何のために原発を再稼動したいのか、本当の目的を知りたいですね。

ウランもあまっているし、設備もあるし、もったいないから?
posted by ta meta ta at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国、いじめのターゲットはアジア系

表題を読んだとき、「 アジア的な陰湿ないじめが増えている 」 のかと思いましたが、アジア系がターゲットにされているということです。

なんで、こんなことになってしまったのでしょう。
岸田秀的に、分析してみたいところです。

この 「 アジア系 」 って、どのあたりまでを指しているのかな。
モンゴロイドのみ?、中東も含める? 東南アジア、インド人も?

米国で横行するアジア系いじめ、うつや自殺も突出
2012.01.18 Wed posted at: 14:33 JST
http://www.cnn.co.jp/fringe/30005318.html

(CNN) 米軍に入隊したアジア系の若い兵士がいじめを苦に自殺したことをきっかけに、米国で横行するアジア系へのいじめの問題が浮き彫りになっている。コラムニストのジェフ・ヤン氏がCNNへの寄稿で指摘した。

ニューヨーク市出身のダニー・チェンさんとカリフォルニア州出身のハリー・リュウさんは家族の反対を押し切って米軍に入隊し、アフガニスタンに派遣された。しかし同僚の執拗ないじめに遭い、昨年、それを苦に自殺したと報じられている。ヤン氏によれば、チェンさんは白人の同僚から仲間外れにされ、アジア系に対する差別用語を浴びせられていたという。

軍に限らず、米国でアジア系に対するいじめが深刻化している現実は最近の調査にも示されているとヤン氏は言う。

米司法省などが昨年実施した調査によれば、10代のアジア系米国人のうち、半数以上が学校でいじめられた経験があると回答。これに対して黒人やヒスパニック、白人では3分の1程度にとどまった。

フィラデルフィアの学校では2009年にアジア系の生徒に対する集団暴行事件が発生、被害者は1日で26人に上り、うち13人が重傷を負って集中治療室で手当てを受けた。

同校ではアジア系の生徒に対して差別用語を浴びせたり、移民を中傷したり、発音をからかったりするいじめが続いたことから、ついに生徒がストライキを組織。アジア系の生徒80人が、身の安全が保証されるまで登校しないと宣言する事態に発展したという。

数日前にはシカゴでアジア系の10代の少年が覆面をした集団に暴行を受ける映像がユーチューブに投稿されて問題になった。

こうした現実の中、うつ状態に陥るアジア系米国人は過去10年で急増している。特にアジア系の女性は、うつ状態と診断される割合がほかのどの人種よりも多いという。さらに、アジア系米国人の死因の5位に自殺が浮上。これは米国人全体の9位に比べると突出して高いとヤン氏は伝えている。


続きを書きました。
米国、いじめのターゲットはアジア系 その2
http://blogs.dion.ne.jp/kappappa/archives/10847690.html
posted by ta meta ta at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島原発は、津波が来る前に既に破壊されていた、かも。

原発は、とても安全に造られているから、絶対に放射能を外へまき散らすようなことはない、と言われ続けてきた。

その神話が崩れた。

というか、新潟の地震の時でさえ、すでに、原発は、壊れまくっていましたね。

福島の原発も、津波が来る前から、想定以下の地震の揺れで、壊れていただろうと言う話。

今回のフクシマの事故で、死人は一人も出ていないとかいう問題ではない。ちっ(怒った顔)


東京電力福島原子力発電所事故調査, 「メード・イン・アメリカ」
http://kake84.blog.fc2.com/blog-entry-303.html

私がその調査委員会の報告書について皮肉に思うのは、黒川委員長が原発事故を「メード・イン・ジャパン」と表現しているところです。確かに、日本独特の文化が引き起した「人災」であったことに疑いは持っていないのですが、この調査委員会が報告してない事実が、気になってしょうがないのです。それは、有名なBBCのジャーナリストであるグレッグ・パラスト(Greg Palast)氏が報道していることで、福島原子力発電所が アメリカの Shaw Construction/Stone & Webster にデザインそして建設されたという事実です。

ニューヨーク郊外のロングアイランドに Shaw Construction/Stone & Webster によって建設されたショーラム原子力発電所が、実は耐震基準に完全に不合格していたにもかかわらず、合格したと米原子力規制委員会に虚偽の報告をしていたことをグレッグ・パラスト氏が突き止めていたのです。もし不合格と規制委員会に報告していれば、 ショーラム原子力発電所に0.5億ドル以上の費用が掛かることを承知していた。利益のためなら法律/安全性/人命を無視した Shaw Construction/Stone & Webster 。マグニチュードに関わらず、地震が起きれば全崩壊するという建設であったにも関わらず、合格したと規制委員会に虚偽の報告をした Shaw Construction/Stone & Webster 。そんな会社を疑って当たり前ではないのか。福島第一はマグニチュード9の震源地から90マイル離れていた。そうすると、福島第一でのマグニチュードはその十分んの一のはずであったと言う。マグニチュード8まで耐えることが出来るはずの福島第一、そのわずかのマグニチュードの地震後、調査委員会の報告書によると、福島第一にすでに被害が起きていた疑いがあると言う。

また、グレッグ・パラスト氏は、Toshibaも間抜けだと言う。福島第一の非常用ディーゼル発電機をデザインしたToshiba。原子炉を冷却するための重要な役割を果たすディーゼル発電機。地震と津波が比較的に頻繁な日本の海辺に建設された福島第一、水が入ったぐらいで使用不能になるような非常用ディーゼル発電機など、場所を取っていただけのようなもの。

しかし、いくつかの問題は、「メード・イン・アメリカ」でもあるのではないのか?!

ショーラム原子力発電所にも、福島第一と同じデザインの空高く燃え上がったGE社製原子炉がある。また皮肉にも、Stone & Webster は、第二次世界大戦時、マンハッタン・プロジェクトに大きく関与していた。


「 滑稽なアメリカをアメリカから紹介 アメリカに絶えず起こる馬鹿、滑稽、奇妙なニュースをアメリカから紹介します 」 というブログ。筆者匿名
アメリカからの滑稽なニュースという事で、下品な記事が多いのですが、書いている人はとてもまじめです。たぶん

詳しくは、下記の動画でも確認することが出来ます。

必見です。

日本語吹き替え版がアップされておりました。

フクシマのうそ
http://youtu.be/ln9A4wHteiU


posted by ta meta ta at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

酸性雨と温暖化と排出量取引

環境省
「地球温暖化対策のための税」について
http://www.env.go.jp/policy/tax/plans/2011/about.pdf

みなさん、酸性雨って、覚えています?
硫黄酸化物、窒素酸化物、の排出量を、世界で売買しています。
排出量取引です。

そして、酸性雨で、枯れた森があるでしょうか。

実は、酸性雨で枯れたとされる植物は、草一本たりとも確認されていません。
みなさん、知ってましたか?
でも、硫黄酸化物の排出量取引は、いまだに行われています。
酸性雨の観測をするということで、税金が使われています。

酸性雨騒ぎで、排出量取引で、儲かることを知った輩が、次に目をつけたのが、CO2である。

そんでもって、税金を取って、何に使うかと言うと、またもや、ぜんぜんエコでも省エネでもないガラクタを、何も知らない国民に買わせ、補助金として税金が企業に流れるというわけだ。
最終的に、どこにお金が流れるかというと、企業と政治家である。国民から税金を取ってね。

なんで、こんなことが、まかり通ってしまうのでしょうか。
日本は、本当に狂っている。

温暖化対策のための税金が、いまどき、成立するなんて、愚の骨頂です。

酸性雨について、
http://blogs.dion.ne.jp/kappappa/archives/9625878.html
posted by ta meta ta at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

原発は、憲法違反である。

憲法で、国民の健康は保障されている。

第二十五条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。


原子力発電所の事故で、原発は、事故を起こす可能性があり、いったん事故を起こすと、無数の国民の命を奪い、長期にわたり著しく国民の健康を害し、広範囲にわたって国土を汚染し生物の住めない土地にしてしまい、山海を汚染して林業農業漁業に甚大な損害を与え、自然界を破壊してしまうことが解った。

この期に及んで、原発を稼動することは、憲法に定める国民の健康の権利を侵害するものであり、原発を稼動させることは、憲法違反である。と、裁判を起こしたらよいと思った。もう、訴えている人はいるのかな。
東電の犯罪については、すでに訴えられているようです。



posted by ta meta ta at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

節操のない坂本龍一

何度も同じ動画を貼ってしまいますが、この動画が、いちばん良く福島原発についてまとめられていると思いますので、何度でも貼ります。


ドイツZDF フクシマのうそ 投稿者 sievert311


で、日産リーフですが、夜間の余った電力で充電するという発想ですが、汽力発電では、ボイラーを温めて水蒸気で発電機を回すので、止めたり始動したりすると、損失が大きいので、365日24時間一定の出力で発電したいわけです。
 コンバインドサイクルという火力発電や水力発電は、需要に合わせて出力を調整できます。

では、いま、汽力発電とそのほかの出力を可変できる発電との割り合いや実際の出力の実績などは、どうなっているのかというと、各電力会社が発表しないので、不明です。

ただ、電気自動車や、エコキュートなどは、夜間の余剰電力を使用することが一つの利点でもありますので、電力会社は夜間に余剰電力があることを認めているのでしょう。
 揚水発電もその良い例ですね。矢木沢、須田貝ダムは、見学すると楽しいですよ。

で、電気自動車ですが、その製造のためにかかるエネルギーと、発電と充電とそしてまたモーターを回すのとの損失を考えると、普通のガソリンエンジンの方が、エネルギーを効率よく使用できます。要するに、ガソリンエンジンの方が、CO2の排出が少ないのです。
 その詳しい計算方法は、こちらのサイトをご覧ください。
http://www.env01.net/

そして、脱原発集会
http://www.47news.jp/CN/201207/CN2012071601001665.html

なんだか、坂本龍一さんが、参加をして発言していたようです。

脱原発を目指して作家の大江健三郎さんらが呼び掛けた「さようなら原発10万人集会」が16日、東京・代々木公園で開かれ、主催者発表で約17万人が参加した。警備に当たった警視庁は約7万5千人としている。

 強い日差しが照りつける中、公園内のステージ前広場は参加者で埋め尽くされ、呼び掛け人が次々登壇。音楽家坂本龍一さんは「電気のために美しい日本、国の未来である子どもの命を危険にさらすべきではない」と訴えた。

 ルポライター鎌田慧さんは、政府のエネルギー・環境会議の意見公募に「原発ゼロ」の意見を送るよう提案した。
2012/07/16 18:42 【共同通信】


匿名のブログで、実名を伏せて他者を批判するのは卑怯ですが、批判します。

デモの最中に演説をさせる場合、その道の専門家に演説をしてもらうべきである。
坂本龍一さんが演説をしたのは、失敗だ。まったくエコでもない商品をエコだといって売ろうとしているCMに出演している人間。嫌いな人も多いと思う、胡散臭く感じている人も多いのではないでしょうか。911テロの後も、離婚騒動の後も、なにか、被害者意識があって、自分は悪くない、自分は弱い立場の人間の味方、そして自分も弱い人間という思い込みに捕らわれてしまったのでしょうか。善人で正義を行い弱くて純粋、そして、悪いのは相手の人間、悪いのは社会、全て悪いのは敵の集団と言い切ってしまえる人。 自分の方にも、原因があるだろう、自分の悪意を直視しよう、という発想は微塵もない。坂本龍一にナルシシズムを感じで吐き気がするのは、私だけではないだろう。
 気の置けない仲間と、お酒でも飲みながら話をする程度にしておけば良かったのです。その程度の内容の演説?でした。


それから、自分たちは、何も悪くない、悪いのは原発を動かそうとしている役人や電力会社の人々だという考えは、おかしい。だからデモに説得力がない。ただのお祭り騒ぎで終わり。「自分たちは善人で、悪いのは社会だ」みたいな。このデモに参加している僕たちって、正義?みたいな。

この脱原発のデモは、デモになっていない。
脱原発は、世界中の人が、そう考えていることなので、いまさらそれだけのためにデモをしてもねえ。
脱原発が、みんなの願いだとして、じゃあどうするの、どうすべきなの?
この先どうするのか、伝わってこない。ただ子供がダダをこねているだけにしか見えない。

いままで、原発族議員に票をいれ、好き勝手にさせて、甘い汁を分けてもらっていた人たちも大勢いるわけで、それは国民一人一人の責任でもあるわけで、本当に脱原発を実現したいなら、デモに参加した人たちも、自分自身の何が今まで間違っていたのかを反省して、問題に向き合って、そして解決しなければならないでしょ。脱原発に向けての取り組みを聞かせて欲しい。

これって、原発だけの問題じゃない。高速道路無料化も、いつの間にか土日の割引さえなくなって、公約はどうなったのでしょう。民主主義って、代議士に選ばれた人が公約を果たせなかったら、民主主義にならないでしょ。これとまったく同じ、原発の問題も、結局は、日本には民主主義が行われていないことによる。原発族議員が私腹を肥やして、それに群がる国民が目先の甘い汁だけを追い求めている現状、これをどう刷新するのか。

私が、もし、このデモに関わるとしたら、これをやる。

 「 各電力会社へ情報公開を求める。」
 「 電力会社、政治家、電源開発、松下、東芝、日立、三菱などの金の流れを追及する。」

といったところでしょうか。
だれか、やってくれないかな〜。

追記
音楽家としての坂本龍一さんは、有名人ですが、他の事は三流未満です。
世間に注目されて、自惚れて、門外漢の他の分野まで恥ずかしげもなく言及する人がいますが、分別のある人は、私の専門外だからと言って、口を慎むのです。
posted by ta meta ta at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロモを増やす その2

クロモを増やしています。

セッティングはこちらをご覧ください。
http://blogs.dion.ne.jp/kappappa/archives/10834187.html

3日目です。
kuromo-1-20120716.JPG
根が出てきました。

kuromo-2-20120716.JPG
芽も伸びています。
白化はしていないようです。

この3日間、曇りの日が続きましたが、白化もせず、腐りもしなかったので、陽の当たり方はこれで良いと思います。
一日中 日陰の場所です。

改良
砂鉄を少し入れた。
赤玉土を底にひきました。

水が澄んだら、根が生えだしたものを、赤玉土に植えたいと思います。
今は水面に浮かせてあります。

おまけ
kabonba-1-20120716.JPG
いつも、とろけて終わるカボンバも、青々とした芽を出し始めました。

むかし学校で教わったことを思い出す。
ちっそ、りんさん、かり、二酸化炭素と酸素と日光と温度、ってね。かわいい
posted by ta meta ta at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 水草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする