2009年03月31日

江ノ電 くるっぴー

ついに、江ノ電くるっぴーを入手したのだ。

単4電池1本で駆動する。
ヘッドライトが点灯。




電池が切れて、おもちゃ箱の中にうずもれていたのを発見した。そして電池を入れ替た。
posted by ta meta ta at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

クマはハチに刺されても大丈夫なのか

「ダーウィンが来た」を見た。TV

クマは真剣なのだろうけれど、必死な姿に笑いがこみ上げてしまう。お腹が減って、どうしても食べたい、でもハチが痛い、でも食べたい。

クマが、ジバチの巣を襲って、刺されまくって、のたうち回っている。
解説では、クマは諦めて退散したということだ。

クマは、ハチに刺されて、大丈夫なのか。

でも、なんであんなに痛がっていたのだろう。毛に覆われているけれど、刺されるのをある程度防げると思うのだけれど。

相手が悪かったのかな、ミツバチなら大丈夫だったのかな。ジバチは強いのかな。






小さい頃から、動物番組を見るのが好きで、いまでも時々見ます。

「生き物ばんざい」って、なべおさみ(なべやかんのお父さん)がナレーターで面白かった。今思うと、海の生物が多かったかな。「野生の王国」はサバンナが多かったかな。「生き物ばんざい」は、日曜の午前中に放送だった。小学校に入って、野球チームに入ったので、練習が日曜の午前中にあって、見られなくなってしまった。野球も好きだったけれど、今思うと、一人で生物を研究しているのが、自分には向いているように思う。兄弟は、外向的で運動が出来て、自分は無理にそうしなければいけないと思っていた。
posted by ta meta ta at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

節電ぐらい、正しくしましょう。

提案したい、もう、「啓発のためのロウソクごっこ」は止めにして、本当に効果のある取り組みを始めたほうが良いと。
(啓発という言葉も、「知識をひらきおこし理解を深めること」であるなら、このアースアワーは、間違った思い込みを助長しているのだから、啓発という言葉はふさわしくない)


私たちは、ディーゼルエンジンで発電をしているわけではありませんね。夜間は火力、原子力です。これらの発電所は、昼間の需要に応えられるように駆動しています。夜間は出力を下げますが、完全に停止はしません。ボイラーを沸かして、タービンを回すので、夜に停止して翌朝フル回転させると余計に効率が悪くなります。だから停止させません。

よって、夜間の発電能力は余ってします。
火力発電や原子力発電に頼っている日本などの国は、夜間に電灯を消しても、節電にはなりませんし、CO2排出削減には効果はありません。

逆に、夏の昼間の電力は足りなくなるかもしれません。そのために、火力発電所や原子力発電所が造られます。だから、発電所を増やさないようにするためには、夏の昼間の電力のピークを減らすことです。

ここで、誤解されないように、昼間の節電は、CO2削減に効果があります。ただし、水力発電の水量調節や火力発電の周波数の微調整で吸収されてしまうぐらいでは、CO2削減には結びつかないでしょう。(追記)


アースアワーは、まったくCO2削減には効果がありませんが、例外がありました。

こんな国です。

夜間の発電にディーセルエンジンを使っていた国があったのです。

3月29日 AFP 
 時差の関係でニュージーランドは世界で一番早くアースアワーに入った。ニュージーランド本島から東に800キロ離れたチャタム諸島(Chatham Islands)で、600人の住民がディーゼル発電機を止めて世界の先陣を切ってイベントに参加した。ニュージーランド本島でも多くの都市で道路や建物が暗闇に包まれた。(c)AFP
抜粋

「アースアワーの効果てきめん、消費電力3.5%減 ニュージーランド」
ほとんどの国は、ディーゼルエンジンで発電機を回したりしません。こういう記事の見出しになるということは、実際に他の国ではCO2削減の効果は無いということの裏返しです。



 
参考 AFP

Sceptics criticise the event as little more than empty symbolism, with one Danish professor claiming the use of candles during the hour could actually produce more emissions than electric lights.


Earth Hour, candles and carbon

まあ、消した分の照明をすべてロウソクで置き換えたわけではないので、大げさな数字だとは思うけれど、一般家庭で、電灯を消してロウソクで明かりを取るのは本末顛倒。いつになったら本当に、効果のある対策を始めるのでしょうか。

アースアワーや、ダウンライトキャンペーンなどでは、実際にCO2は削減されない、単なる啓発のための活動であることを、はっきりさせないといけない。GHG放出削減になっていると勘違いさせるような報道や宣伝が多すぎる、勘違いしている人々が多すぎる。正しい節電とCO2削減の方法を普及し啓発しなければ意味が無い。まともな具体的なGHG放出削減の方法の普及を、もうそろそろ行わなければいけない。啓発されたとか、啓発したとか言って、「ごっこ」で終わりにしてはいけない。「ごっこ」であることでさえ気が付いていない人が多い活動は、百害あって一利なし。

夜間の消灯と、ロウソクとが、なにか「エコっぽい」ということで流行っているが、本当に環境について真剣に取り組んでいる人々にとって、脅威でしかない。

その日、日本では、、、。
アースアワーといって、世界中がCO2削減について考える日に、その日、日本人は、高速道路料金が安くなったからって、必要でないのに、行楽や遊びのためにガソリンを燃焼させていました。しかも、安くなったのではありません、5000億円の税金が投入されました、(財源を一緒にするなと騒いでいた道路族が貰う時には黙って貰う)それは近々消費税の値上げとして跳ね返ってくるでしょう。ああ日本人、されど日本人。
posted by ta meta ta at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

アメンボがやってきた。


アメンボアメンボが、外に置いてある水槽に来ました。
もう一週間ぐらいたつかな。

飛んできたようだ。

水面に落ちた昆虫や、浮いてきた動物の死骸の体液を吸うらしい。

この数日、餌は取れているのだろうか。昆虫は落ちたのかな。下には、トウヨシノボリがいる。


アメンボは、カメムシの仲間らしい。
私はカメムシはダメだ。嫌いだ。あの臭いは、ダメだ。
ゼラニウムと並んで、苦手な臭いの筆頭。

花や動物は好きだけれど、カメムシとゼラニウムの臭いは、どうしてもダメだ。どくだみを蹴散らした時の臭いもダメだ。
posted by ta meta ta at 22:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 水槽全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現実とは思えない

北朝鮮が、人工衛星を打ち上げるらしい。

それは日本上空を飛ぶ。

以前にも同じことをして、危うく日本に被害がでるところだった。

日本は、迎撃するらしい。
打ち落とされた後、あれは人工衛星だったと、主張するに決まっている。対応はどうするのだろう。
人工衛星だろうと何だろうと、危ないから、こっちに向けて打つなよ。ちっ(怒った顔)
人工衛星を打ち上げたいなら、代わりに中国でもソ連でも頼んで打ち上げてもらえば良いのに。


このまま、なし崩しに有事になってしまったらどうしよう。
郵政民営化の時の3分の2を使って、憲法を簡単に変えてしまうのだろうか。

戦争でない有事なんてあるのだろうか。

少しずつ変えていったら、最終的にすべて入れ替わってしまうでしょ。

暴力をやりはじめた者がいたら、どんなに平和を願っていても、暴力で押さえ込むしかないのか。ただ殴られるだけなら、ガンディーのように耐えたらいい。でも、今や非暴力を貫こうとすると、皆殺しにされてしまう。
「自分は殺されようとも、自分は殺さない。自分の家族が殺されようとも、自分は殺さない。」という覚悟が無ければ、非暴力は貫けない。そうじゃないか、そうなのか、なにか解決方法は無いのか。

他人の命を奪ってでも、自分の欲望を満たしたいと考える人がいる限り、平和は訪れない。


パチンコ玉が、核弾頭になって振ってくる。最悪の御返し。
posted by ta meta ta at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

BOOK OFF オンラインについて

びっくりしました。

「 ebookoff 」イーブックオフ

これを、ブックオフのサイトだと思っていた。

Bookoff 」ブックオフの本当のサイトにたどり着いて、この二つの違いに気が付かずに、ログインしようとして出来ずに、紛らわしい二つのサイトがあることを知った。

紛らわしい。名前だけでなく、ロゴまで良く似ている。
どういう関係なのか、まったく別物か。解らない。

でも、両方とも、在庫もまあまあだし、イーブックオフの方は、この前まとめて買ったけれど、問題なかった。本もきれいだったし、早かったし。

古本は、「日本の古本屋」で買うのがほとんどだった。ここは時々希少な本がある。以前は神保町などを歩き回ったものだけれど、今はそんな苦労をせずに安く楽に手に入る。便利な世の中になったものだ。

それでも不足の時は、「Genii」で調べて、国会図書館。

もちろんネット上に掲載されない書籍も多いから、最終的には、自分の足で時間と体力を使って探さなければ本当に欲しい情報は得られないこともある。


posted by ta meta ta at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次は、二階の番かな

結局逮捕する前の嫌疑以上のものは出てきませんでした。そうすると、ではなぜ小沢関係者だけ逮捕されたのかという疑問が出てくる。金額の差だという意見もあるが、たたけば埃の出てくる身、たたかなければ出てこない、明らかにされない。違法かどうかもはっきりと決められないし、違法な献金がどれだけの金額なのかももちろん決められない。政党支部が千とあり、抜け道を作って献金を受けている議員や関係者は同じ数だけいる。これらをすべて、違法献金の疑いで逮捕するのだろうか。こんな茶番が許されるのだろうか。返したら罪に問われないのだろうか、いま明らかになっている金額が少なかったら逮捕されないのなら、違法献金の初期捜査の基準は何かはっきりさせないといけない。

アメリカでは、新しい大統領が、どんどん新しい政策を打ち出している。もちろん海千山千の議会で、大統領一人が変わったからといって、政治が変わるわけもなく、すぐに国が立ち直るわけでもない。

 日本では、細田が小沢の責任を自民として追及しているといっている。足の引っ張り合いは、そろそろ止めたほうがいい。二階という火薬に火をつけてしまうと自民が吹っ飛ぶんじゃないだろうか。それとも裏でもみ消せる見通しが立っているのかな。

第177回:小沢代表の秘書逮捕で思い出す長銀経営陣への「国策捜査」
経済アナリスト 森永 卓郎氏
2009年3月23日

ビデオジャーナリスト神保哲生
「検察は説明責任を果たしているか」郷原 信郎


小沢代表の秘書起訴、東京地検 「迂回献金」で虚偽記載

 西松建設の巨額献金事件で東京地検特捜部は24日、違法な企業献金を受領しながら虚偽の報告をしていたなどとして、政治資金規正法違反の罪で、小沢一郎民主党代表の公設第1秘書で資金管理団体「陸山会」の会計責任者大久保隆規容疑者(47)と、同社の前社長国沢幹雄容疑者(70)を起訴した。

 元総務部長岡崎彰文容疑者(67)は処分保留のまま釈放した。大久保被告は否認しているとみられる。

 西松建設は、ダミーとされる政治団体を通じ、二階俊博経済産業相ら自民党議員側に対してもパーティー券購入や迂回献金をしており、特捜部は、こうした資金が支出された経緯の分析を進める。小沢代表への事情聴取は当面、見送る方針。

 東京地検の谷川恒太次席検事は大久保被告の起訴について「特定建設業者から長年、金銭提供を受けており、見過ごせない重大で悪質な事案」と述べた。

 西松側のダミー団体は新政治問題研究会(新政研)と未来産業研究会(未来研)。

 起訴状では、大久保被告は2006年10月ごろ、実際には西松建設からの企業献金なのに新政研や未来研の名義で計300万円を陸山会と民主党岩手県第4区総支部の口座で受領。これを含め、03−06年に同社から計3500万円の献金を受けたのに、政治資金収支報告書には新政研や未来研からの献金と偽って記載したとしている。

 また、国沢被告は06年10月ごろ、違法な企業献金などと知りながら、新政研や未来研の名義で、陸山会と4区総支部、民主党岩手県連に計500万円を献金したとしている。
2009/03/24 18:58 【共同通信】
posted by ta meta ta at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

スジエビ 抱卵


スジエビ 抱卵抱卵していました。

春だなあ。

昨年、4匹いたのですが、3匹しか確認できていない。4匹いるのかなあ。

子供が生まれても、トウヨシノボリ集団に食べられてしまうだろうな。昨年も抱卵していたけれど、エビのゾエアなどは発見できなかった。スジエビの生態
については私は詳しく知らない。

暖かくなって、これからは、動物たちも活発に活動する、水換えなど、世話が大変になる、いや、面白くなる。ミジンコも爆発増殖中、ヒメタニシも、元気だ。
posted by ta meta ta at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 水槽全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

プッツン小沢

良い切れっぷりだ。仕掛けた自民を逆に窮地に追い込むことが出来るか。

まあ、あいかわらず、低レベルな政治の汚職の話ではあるけれど。

良い切れっぷりだ。がんばれ小沢。

土俵ぎわで、うっちゃれるかむかっ(怒り)

もっとプッツンしてほしい。こういう切れ方なら、大賛成だ。


「企業献金禁止」小沢氏案に自民動揺…“現状維持”多数で

民主党の小沢代表が企業・団体献金を全面禁止すべきだとの考えを示したことで、自民党が対応に苦慮している。

 真っ向から否定すれば政治とカネの問題に消極的と受け止められ、世論の批判の矢面に立たされる可能性があるからだ。

 自民、公明両党の幹事長、国会対策委員長らは18日、都内のホテルで会談し、企業・団体献金の禁止について、当面、民主党の動きを注視していくことを確認した。自民党の大島理森国対委員長は会談後、記者団に「政党活動の自由を担保していく重要な問題だ。私は企業・団体献金は否定するものではない」と語った。

 同党内では「現状を維持したい」というのが大多数の議員の本音だ。2007年の政治資金収支報告書によると、自民党本部と支部を合わせた献金総額(約224億円)のうち、企業・団体献金は41%(約93億円)を占め、個人献金の25%(約56億円)などを大きく上回っている。全面禁止されれば財政的に大きな打撃を受けることは間違いないからだ。

 「小沢氏の疑惑隠しの提案に、こちらが乗るわけにはいかない」(幹部)との反発も強く、自民党の山崎拓・前副総裁は同日、日本記者クラブでの記者会見で「政官業癒着の象徴みたいな方が言ったって始まらない」と皮肉った。

 しかし、衆院選を控え、「民主党が企業献金禁止で党内の意見をまとめるようなら、何もしないわけにもいかない」との危機感もある。自民党内には、ネット献金や税制上の優遇措置など個人献金を増やす方策を検討することで批判をかわす案も浮上している。
(2009年3月18日20時21分 読売新聞)

posted by ta meta ta at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高速道路に、5000億円

内需拡大は、「無駄遣いをしろ」ということだと思っているので、いまの景気対策は、対策になっていないと認識している。

5000億円の税金は、何に使われるのか、ETCを買う人の補助金、1000円乗り放題にした分の埋め合わせかな。

給付金と同じで、出どころは私たちの納めた税金からなのですねえ。

30年後100年後を見据えた確実な政策にお金を使ってほしいと思いました。

政治家や関連団体や関連企業が裏で金儲けが出来る政策しかしていないではないか。

何が景気対策だ。もうやだ〜(悲しい顔)

これらを「景気対策便乗汚職」と名づけたい。
posted by ta meta ta at 17:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

イントネーション

春夏秋冬

と、

桂文珍

と、

呉越同舟

は、

イントネーションが同じだ。

以上。

因果応報、
posted by ta meta ta at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

鈴木は補欠で犠打の練習を

前回韓国戦でも、ノーアウト1塁2塁で、セーフティーバントをして、相手のエラーでオールセーフにはなりましたが、明らかに、確実に犠牲バントの場面でしょう。しかも、三塁側に転がして、危ないなあと思っていました。
 そしたら、心配していたとおりになりました。キューバ戦で、やはりノーアウト1塁2塁で、同じように三塁側にセーフティーバントをしました。結果、三塁ホースアウト。
 鈴木は、つまらないのなら試合に出ずに一日中、犠牲バントの練習をしていなさい。つまんないとか言っていちゃいけない、やるべきことが出来ていないのだから。犠牲バントでさえ、失敗した人の言うことではない。
選手登録は、「 MUNEO 」にしてやる。

イチロー、「つまんないけど良し」【WBC】
 無安打に終わったイチローだが、4回の攻撃を「結果として1点が入った。つまんないけど、良しということ」と振り返った。1死一、三塁で3番手ヒメネスの速球にバットを合わせ、やや詰まり気味の2ゴロに。併殺崩れの間に3塁走者の城島が生還し、貴重な4点目となった。
 「シーズン中なら、そんなにうれしいことじゃない」と言いながらも、WBCでの1点の重みを知り尽くしているだけに、笑みも浮かべた。 (サンディエゴ時事)
(2009/03/16-13:02)
時事ドットコム
posted by ta meta ta at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

献金大賛成、もっと献金を

高額の税金を払って、それでもまだ政治のためにお金を出したいと言う殊勝な方々のために。

献金をもっとどんどんしてもらいましょう。ぴかぴか(新しい)

国で一元管理をして、議員の給料代をそこから出します。平等に議員に配ることが出来ます。税金も使わなくて済みます。ひらめき

直接、議員や政党など、関連団体にも献金、寄付をすることを禁止します。
飴玉一つでも、だめ!

大体年間2500万円、4年任期で1億円の給料では政治ができないと言う人間は、国会議員にならなくていい。

献金大賛成。

ただ、本来、企業の余剰の利益は、従業員や地域社会に還元されるべきお金なのだ。一部の輩がむさぼっていて良いものではない。パンチ
posted by ta meta ta at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

ルービック4x4、壊れる。

ルービックキューブが、壊れてもうた。

角のパーツが、一つ根元が折れた。
あと、真ん中のパーツが一つ剥がれた。

で、組み立ててみた。


BGMを換えてみました。「The Entertainer」はじめにこれをBGMにしたかったのですが、見つからずに、モーツアルトのソナタにしてありました(k309の第三楽章)。この手の画像には、何故こんなにもエンタテイナーを合わせたくなるのだろうか。できたらピアノで軽快なのがよかった。

折れたパーツだけ補修部品で取り寄せようと思ったら、買ってまだ一ヶ月ぐらいなので、全部新品に交換していただけることになった。うれしい。ありがたい。いい気分(温泉)
でも、折れた部品だけ売ってもらえたら、なおして使えるのになあ。

でも、まあ、いいや。メガハウスさん、ありがとう



rubiks broken乱暴に回すと、こうなります。爆弾
posted by ta meta ta at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

報道の偏りと圧力

二階に関する報道をNHKはしない。小沢のことは長々と何回も繰り返して放送しているのに。

もともと同じ穴の狢だったのだから、片方だけっていうわけがない。


西松建設献金事件:社員名使い献金 二階氏側に年300万円

 準大手ゼネコン「西松建設」(東京都港区)の違法献金事件で、同社が社員の名前を無断で使用して、二階俊博経済産業相が代表を務める自民党和歌山県第3選挙区支部に年間300万円の献金をしていたことが、同社関係者への取材で分かった。献金した人の名前を公表する必要がない5万円以下の小口献金を繰り返し、会社や社員の名を表に出さずに資金提供する目的があったとみられる。

 東京地検特捜部も同様の事実を把握しており、他人名義の献金を禁じた政治資金規正法に違反する疑いもあるとみて、不透明な献金の実態解明を進めている模様だ。

 同支部の政治資金収支報告書によると、年間5万円以下の個人献金は03、04年はなく、05年は26万円だったが、06年以降に急増し、06、07年はいずれも300万円に上った。

 西松建設関係者の話では、総務部幹部らは社員60人の名義を使い、銀行の現金自動受払機(ATM)から、収支報告書に名前を記載する必要がない限度額いっぱいの5万円の献金を繰り返していた。名義を使われた社員は献金の事実を知らなかったという。政治資金規正法は、政党支部に対する企業献金を認めているが、ある元幹部は「収支報告書に西松の名前が出ると、見る人によってはいろいろ感じるから」と明かし、同社と二階氏側の関係を表面化させない狙いがあったという。

 同社と二階氏側を巡っては、西松建設のダミーとされる二つの政治団体が04〜06年、二階派の政治団体のパーティー券計838万円分を購入したことが明らかになっている。

 同支部の会計処理について、二階氏はこれまで「適正に規正法に基づいて対応してくれていると私は信じている。私が帳簿を確認したわけでないし、実際のところは承知しているわけではない」などと説明している。
毎日新聞 2009年3月12日 東京朝刊


追記(3月12日14時)
西松献金、小沢氏・二階氏へ途切れなく…転籍後も提供先変え
posted by ta meta ta at 07:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

ダムと発電と電車

水力発電は、二酸化炭素を出さないし、放射性廃棄物も出さない。しかし環境負荷は大きい。生態系も私たちの飲料水も悪化させる。

山手線の夏場の昼間10時ぐらいから16時ぐらいまでの本数は、半分でも私たちの生活には影響ないでしょう。東電から買ったり火力発電を回してまで、本数を確保する必要な無い。東電に対してこれ以上電力需要を増やすことはしなくていい。



ダムも火力も原子力発電もできるならやめたい。

のこるは太陽光発電か。

夏の昼間の山手線は、半分でもいい。地下鉄もあるし、バスもある、自転車でもいい、多少不便でも、そういう選択が正しい。


信濃川から不正取水、JR東日本の水利権取り消し…国交省

JR東日本が新潟県の信濃川水力発電所で、信濃川から不正に取水を繰り返していた問題で、国土交通省北陸地方整備局は10日、JR東の水利権を取り消した。

 信濃川発電所は、JR東で使う全電力の23%をまかなっていた。記者会見したJR東の清野智社長は、首都圏などでの電車運行への影響について、「(電力需要が増える)夏の時期に若干の不安はあるが、対策を考える」と述べた。

 不足する電力は、川崎市にある火力発電所をフル稼働させ、購入先の東京電力に供給を増やすよう要請する。コスト増に伴う運賃値上げについて清野社長は、「影響はない」と否定した。

 北陸地方整備局によると、JR東は信濃川発電所で2008年までの7年間に、新潟県十日町市の宮中ダムから決められた量より3・1億トン多く取水した。

 発電所には、取水が決められた量を超えても許容範囲になるよう細工した観測機器を設置していた。

(2009年3月10日20時08分 読売新聞)



JR東、信濃川から不正取水 電力を山手線に使用

長さ、水量とも日本一の信濃川が揺れている。新潟県内にあるJR東日本の水力発電所で、長年不法に大量の水を抜き取っていたうえ、データ改ざんが明らかになり、地元自治体や住民に取水の停止や制限を求める動きが起きている。取水を制限されるとどうなるのか? 200キロ離れた首都圏の住民にとってもひとごとではなくなる可能性がある。

 この発電所は、同県十日町市にある宮中ダムで信濃川をせき止め、年間14億キロワット時を発電している。

 主に山手線など首都圏の電車運行に使っており、JR東日本の使用電力量の23%にあたる。JR東が「ラッシュ時の山手線の2本に1本は信濃川の水で走っている」というほど重要な施設で、電気を送れないとなると、運賃値上げにもつながりかねない。

 不正取水が発覚したのは昨秋。十日町市が国土交通省に行った情報公開請求をきっかけに、JR東が98〜07年の10年間で計約1億8千万トンを超過取水していたことが明らかになった。

 JR東には信濃川から毎秒最大317トンの取水が許可される一方、ダム下流に同最低7トンを流すよう義務づけられていた。ところが、JR東はダムの取水口などにある観測装置に改ざんプログラムを組み込み、実際には317トン以上の水を取り入れても、記録上は317トンしか取っていないように見せかけていた。

 また、下流への水量も、実際は7トンを下回っても、7トンを流したように改ざんし、10年間で記録より約38万トン少ない量しか流していなかった。

 水力発電所における不正取水やデータ改ざんは06年以降、全国の電力会社などで発覚。国交省は07年3月、JR東側にも確認したが、この時の回答は「適正に行っている」だった。

 虚偽回答したことや、不正取水がきっかけで07年に水利権が取り消された東京電力の塩原発電所(栃木県、13年間で不正取水量約8千万トン)の水量を大きく上回っていることもあり、国交省は河川法違反にあたるとして処分を検討中だ。流域住民で作る「信濃川をよみがえらせる会」は先月27日、JR東に取水の即刻停止を申し入れ、田口直人・十日町市長も同30日、東京・渋谷のJR東本社を訪れて抗議するなど地元の住民感情は悪化している。抗議を受け、JR東の沢本尚志・執行役員は「発電の方に目がいってしまい、水の管理はかなりルーズだった。大変申し訳ない」と謝罪している。

 そもそも、全長(367キロ)と総流量(年160億トン)で国内最大を誇る信濃川は、中流域にある東京電力・西大滝ダム(長野県飯山市)と宮中ダムでほとんどの水が発電用に抜き取られる。取り込まれた水が再び川に戻るまでの63・5キロの区間は大河が「小川」に姿を変えてしまう。夏には水温が30度を超え、魚類がすみにくい環境が生まれている。

 国や新潟・長野両県の周辺自治体は99年、協議会を設け、10年かけて大量取水による生態系などへの影響を調査。3月末にもJR東に、取水を大幅に制限するよう求める提言をまとめる予定だ。JR東は「協議会の結論は尊重したい」としているが、代わりの電気を電力会社から購入することになれば、「大幅な経費増につながる」(沢本役員)としており、首都圏内の運賃にも影響しかねない状況となっている。(三浦英之)
2009年2月7日朝日
posted by ta meta ta at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

日本の政治レベルは最低

先日、『オランダモデル』(ダッチモデル)という言葉を使った。

私は経済や政治は専門ではないが、市民の一人として、色々考えた。

『 オランダモデル 制度疲労なき成熟社会 』 長坂寿久著 日本経済新聞出版 2000年4月

を取り寄せてみた。少し読んでみた。

子供の教育のための制度、育児の制度は、そのまま若い家庭のあり方そのもので、若い夫婦の労働条件、さらには、両親の介護のあり方と密接に結びついている。

いま、日本では、オランダが改革する以前の30年前と同じようなことをただ繰り返しているだけ。オランダより、30年は日本は遅れている。どん底である。政治や経済の専門家がいるのに、何故改革が行われていないのか、不思議でならない。しかも、いまだに新聞を賑わすのは、ゼネコン汚職、裏金献金、党利党略、保身と癒着。教育や福祉について熱く語る麻生や小沢の姿など想像さえ出来ない。


続けて思い出して読み返した。

『 琵琶湖のほとりから地球を考える 新装版 』 鈴木紀雄著 新草出版 1992年6月

「湖沼環境保全法案」は建設省に反対され、「湖沼水質保全特別処置法」は、通産省の抵抗で骨抜きにされた。現在はどうなっているのか確かめてはいない。
 コンクリートを使った公共工事で、金儲けをする政治家と企業がいて、税金を搾取して私たちの自然を破壊している。飲み水に毒が入り、たくさんの種類のたくさんの生物が死んでしまい、憩いの場であった水辺が破壊され、飲み水の水源だった川が汚染される。自然流産と小児癌が増える。

自然を破壊されてしまった。一部の奴らが金儲けをするために、税金を搾取し利用して。私たちの生活も環境もめちゃくちゃにされてしまった。そしていまも続けている。

むかし、自然豊かでザリガニ取りやフナ釣りをした池は、いまはコンクリートで固められ、ベンチが置かれ、噴水があり、錦鯉が泳いでいた。


アメリカは、いま、川の近くには人工物は建てられない。どんな小さな小川でも。自然に手を加えることは規制がある。どんな小さな池にも適用され、生活廃水の垂れ流しなんか絶対許さない。アメリカの良心はブッシュほど腐っていない。
アメリカでさえそうなのに、日本は、いまだに河川改修といって、破壊して悪化させている。


江戸時代のように、食料自給率10割、自然と共に暮らすスタイルなら良いのか。でも、悪代官はいただろうし、農民は重税に苦しんでいただろうし、地方の重税で、都が贅沢と浪費をしていただけ。
縄文時代からやり直さないと駄目みたい。弥生時代には武器が出土している。

資本主義も、社会主義も、色々な政治モデルも、うまくは行かない。
今の政治家をすべて落選させるような、まともな政治家と政党が現れないだろうか。


でも、せめて、これ以上税金を使って川や湖沼を破壊しないでほしい。それと、育児と教育とは、まともな政策をしてほしい。リンク

環境破壊と育児崩壊の国

美しい国なんて誰も思わない。

「日本の政治レベルは最低」と表題に書いたけれど、戦争をしていないだけまだましか。でも、経済が行き詰まったら、すぐに飢餓になるだろうな。空中に浮いている島のような国。
posted by ta meta ta at 04:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

やっぱりねえ

だからいわんこっちゃない。

「西松」事件、二階経産相側捜査へ…個人献金装い年3百万
 準大手ゼネコン「西松建設」(東京都港区)が、OBを代表とする政治団体を隠れみのに企業献金をしていた政治資金規正法違反事件に絡み、二階俊博・経済産業相の関連政治団体が同社から違法な献金を受けていた疑いが強まったとして、東京地検特捜部は、同法違反容疑で刑事責任の追及に乗り出す方針を固めた。

 小沢一郎・民主党代表の資金管理団体の政治資金を巡る事件から始まった西松建設の違法献金事件は与野党双方を巻き込む事件に発展する公算が大きくなった。

 西松建設関係者によると、二階経産相が代表を務める自民党和歌山県第3選挙区支部などの関連政治団体は2006年以降、西松建設から個人献金を装った献金を年間300万円前後受けていた。個人献金は、同社社員が関与した形をとっていたが、実際に社員はこうした事実を知らされていなかったという。

 政治資金規正法は他人名義の献金を禁止しており、献金を受けた政治家側も政治資金収支報告書に虚偽の記載をした虚偽記入罪などに当たる疑いがある。

 また、これとは別に、西松建設からは二階経産相側に毎年、夏と冬に現金が渡っていたという。受け渡しには小沢代表側に違法な献金を行ったとして同法違反容疑で再逮捕された前社長の国沢幹雄被告(70)が関与することもあった。

 特捜部は来週以降、応援の検事を投入するなど捜査体制を拡充して、二階経産相の関連政治団体を巡る違法献金疑惑について、会計担当者らの本格追及に乗り出すとみられる。

 二階経産相を巡っては、自民党二階派の政治団体「新しい波」が04〜06年、西松建設が献金の隠れみのに使っていた「新政治問題研究会」など二つの政治団体から計約830万円に上るパーティー券の購入を受けていたことが明らかになっている。

 二階経産相は6日の参院予算委員会で、「正規に政治団体が許された範囲でパーティーを開き、きっちりと政治資金規正法に基づいて報告している」と説明していた。

 西松建設の事件では、小沢代表の資金管理団体「陸山会」の会計責任者で、小沢代表の公設第1秘書の大久保隆規容疑者(47)が3日、同法違反容疑で特捜部に逮捕されている。
(2009年3月7日03時11分 読売新聞)


細田博之がチャンスだとか言って喜んでいたのは数日前。

医師のモラルが低下したといっていたのは誰。病院
政治家のモラルは、いずこ    有料有料有料


人間の歴史が始まってから、政治家が清く正しかったことは希で、宗教家が戒律堅固だったことも希。

この世は、悪と善、闇と明が、ぐちゃぐちゃになっているという認識が正しいのだと思うようにりました。
人って、そういう生物。もうやだ〜(悲しい顔)


でも、これも自民の策略だとすると恐ろしい。もしかして、もしかすると、もしかする?

政治家は、給料を何千万ももらっているのだから、政治を一生懸命やっていたらいいのだ。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by ta meta ta at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

待機児童対策???

本当は育児をしていたいのに経済的理由で働かなければならないという母親のために、託児所や保育園を増やすのは、間違っている。

待機児童対策、認可外保育園も支援 厚労省が発表
待機児童対策、認可外保育園も支援 厚労省が発表
 厚生労働省は6日、国の支援を受けられる認可保育園に入りたくても入れない「待機児童」対策を正式に発表した。都道府県の認可を受けていない認可外保育園を資金面で支援するのが柱。支援対象を認可外保育園に拡大し、子育てしやすい環境を整える。

 舛添要一厚生労働相は同日の閣議後の記者会見で、「認可外でも一定の質を保ってもらわないといけない。緊急事態なので支援する」などと述べた。(14:12)

関連記事

「認可保育園を断念」7割 認可外の利用者(3/6)
 nikkei.co.jp 2005年3月6日


緊急の対策は必要だからこの対策は妥当でしょう。
しかし、今後の長期的対策はどうなっているのでようか。


私は、保育園に子供をあずけて、母親が働きにでることに反対です。

根拠は、林道義著 『家族の復権』 などと、自分自身の体験などとからそう思のです。

国の援助のあり方も、母親が働けるように保育園を充実させるのではなく、母親が働かなくても子育てが出来る社会にすべきなのです。このことは、林道義氏の『家族の復権』にオランダモデルを例に詳しく述べられています。ドイツは、オランダモデルを模範にしているそうです。対照的に、アメリカとスウェーデンは、旧来のやり方で、破綻しています。日本もアメリカのまねをして喜んでいるだけです。アメリカがオランダモデルを導入したら、日本もアメリカのまねをして取り入れたりするのでしょう。

実際、育児放棄のために託児所が使われることがある。また能力的に育児を出来ない母親や、何のサポートも受けられないで孤独で苦しんでいる母親がいる。さらに別の視点では、地域社会が崩壊し、兄弟が少ないから、保育園は子供が同じ年齢の子供と遊ぶのに良い。また、二人目三人目の出産の準備にも必要ということもある。たくさんの重要で解決しなければならないことが多い。どう対処すべきか、もっと議論がされなければならない。なにが重要で、どういう政策が良いのか。

これだけは言いたい、
本当は育児をしていたいのに経済的理由で働かなければならないという母親のために、託児所や保育園を増やすのは、間違っている。



参考文献

林道義 『家族の復権』 中公新書 2002年12月
太田素子 『江戸の親子』 中公新書 1994年5月
澤口俊之 『脳教育2.0』 講談社 2008年7月
Wブランケンブルク 『自明性の喪失』 みすず書房 1978年7月

など。
特に関心のある方は『家族の復権』をお読みいただきたい。
特に、今後参考になると思うのが、オランダ政策です。
『江戸の親子』では、地域や親戚家族で子供を大切に育ててきた日本人の姿が描かれている。
『脳教育2.0』では、人間の子供は教育を受けることによって人間になることを教えてくれる。いかに躾と教育が必要かを。
『自明性の喪失』では、いかに母と子の関係が自己を自己たらしめることに深く関係しているかが理解されるであろう。自殺、うつ、統合失調症が多発する現代の、奥底の病巣を見つめる。
posted by ta meta ta at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

城島のバントが鍵だ。

鈴木は、調子が悪いと、一ヶ月間ぐらい1割前後しか打てないのだから、調子が出るまで補欠。短期決戦なのだから、調子の良い選手を使えばよい。人気で点が取れるわけではない。中国の失策が連発しなかったら、どうなっていたかわからない試合だった。1点を争う試合になっていたら、バント一つで勝敗が決まる、そいういうバントだった、城島、バントの練習をしておくように。練習試合のときも、城島にバントという場面が数回あった。原は、一度しかバントのサインを出さなかったが、その一度を城島は決めていた。

この大会、城島にバントという場面が今後も出てくると思う。そのとき、城島がバントを成功するか失敗するかで、勝敗が決まる。

原がどれだけサインを出せるかが、面白いところだ。特に城島へのバントが、この大会の見所だ。ビール


「バント専用代打要員」バント成功率9割8部の選手がほしい。そいういう人選はしたのだろうか。
posted by ta meta ta at 22:48| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする