2008年10月30日

シャチ 名古屋港水族館


身長測定?名古屋港水族館のシャチ「クー」が死んでしまったそうです。9月19日。
そしてその死因が解ったそうです。

名古屋港水族館
クーが7月下旬に体調を崩したのは、ヘルペスウィルス感染症によるものでした。治療により体調は一時改善しましたが、クーの体力と抵抗力が低下していたため、カビ(真菌)の一種であるアスペルギルスと、パラポックスウィルスに感染し、これらの病原体が全身に広がり、最終的にはカビの菌糸が心臓の血管に詰まることによる心不全で死亡しました。

「クー」の関連ページリンク


シャチシャチ 2
写真は、今年2月に岐阜に行った時に撮ったもの。

生きているときに会ったことのある生き物が死んでしまったという知らせは悲しい。大きな体がジャンプする姿、飼育員に懐いている様子、人とコミュニケーションを取っている様子などが、思い出される。まるで自分が飼っていた生物が死んでしまったかのように悲しい。
posted by ta meta ta at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ペンギン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

いもむし 糸吐き垂直登り

クロアゲハ 垂直 糸何故、ガラスの垂直のすべすべの面を登れるのか。

糸を吐きながら、糸を面に着けて、糸を足がかりに登るぴかぴか(新しい)

すごいではないか。
何故こんな技を身につけているのか。

体を固定しているわけでもなく、ゆるい糞をしたわけでもなく、こんなところでじーっとしている。

糸を吐いて体力を使ってしまったら、さなぎになって来年の春まで体力が持たなくなってしまうのではないかと心配してしまう。
やっぱり庭に返したほうが良いか。

書き込みをしていたら、ポトリと落ちた。
やはり外のみかんの木に返しました。小鳥に食べられてしまってもしょうがない。うまく蛹になるところを保護してあげられたら良いのですが。
posted by ta meta ta at 11:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

クロアゲハ 越冬蛹になるか


クロアゲハ いもそろそろ蛹になるかと思い、捕まえて、夏みかんの葉っぱと一緒に虫篭の中へ。

もう、3匹は、蛹になるときに他の生物の餌食にされてしまった。

庭には、コオロギやマツムシがたくさんいる。
夏みかんの木の周りには、蛹になるような適当な物陰がない。

ここまで大きくなって、やられてしまってはかわいそうなので、確保して、来年の春まで、家の中で蛹で過ごしてもらおう。

色がきれいなので写真に撮った。
ルミックスFZ50、わるくない、これだけ写れば十分。かな。

posted by ta meta ta at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

DP2 こんなデジカメが欲しい。


Pphoto_dp2.jpgSIGMA DP2 サイト


DP1とは、レンズが大きく変わった。
DP1は、F4 (35mm換算 28mm相当)30センチまでしかよれない。
DP2は、F2.8(35mm換算 41mm相当)近くまでよれそう。

わたしは、カメラにはあまり詳しくないので、このレンズの違いぐらいしか気にならない。
1は、暗めの広角、2は、明るめの中くらいの画角。かな。

動き回る水槽の魚を近づいて撮りたかったので、DP1では無理だと思っていた。
F2.8で、15センチぐらいまでよれたら、水槽の魚も撮れる。細かいスペックは不明

広角の1も捨てがたい
広角も好きだ。部屋の中で集合写真を撮るのではなく、屋外で、景色をバーンと広大に撮りたいから。


2が出て、安くなった1を買うか、2のレンズのほうが使い勝手が良いか。

外見は、
2のほうが若干、レンズが出っ張っている。
しかし、本体むき出しのままジーパンのポケットに突っ込むようなことはしないだろうから、レンズの出っ張りは高くても大丈夫。どうせ、フードをつけたり、ファインダーをつけたりするのだろうから。

迷う。ほしい、物欲物欲、FZ50があるのに、画質がいまいちだとか言って。

一眼レフを買って、レンズをそろえたほうが良いのか。
わたしの場合、メダカから、旅先の風景、顕微鏡写真も撮りたいわけだから。

へそくりを貯めよう。
posted by ta meta ta at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

成分献血をした。

仕事の帰り、時間があったので、献血をした。
献血ルームに行ったら、成分献血を勧められた。
成分献血をした。
1時間かかった。

成分献血だと、まとめて血小板を採取できる。普通の献血400ccの5人分から取れる血小板が、成分献血だと1人から取れる。回復の遅い赤血球と白血球を返すので負担も少ない。血小板は日持ちがしないので、常に献血に頼るしかない。
というお話。

宗教的理由や、その他様々な理由で、献血をできない方がいます、それは仕方が無いことです。

幸いに、わたしは献血ができる境遇ですので、日常にできる社会奉仕だと思ってやっています。

普通に暮らしていても、怪我をしてしまう可能性は誰にでもあるし、そのとき輸血が必要になるかもしれないことは想像できます。いつお世話になるか解らないしね。

献血をしても、何も見返りが無いことは良いことだと思います。金銭目当てに献血をする人を防げます。逆に、献血によって得た利益がもしあれば、赤十字が、慈善事業に使ったらいいと思う。
だから、「粗品」もいらない。ボールペンとかハンカチとか。


posted by ta meta ta at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スープヌードルは味が薄い

何気なく買った、スープヌードル。
いや、カップヌードルだと思って買ったら、スープヌードルだった。

ばったもんつかまされたーっと思いきや、ちゃんとした日清の製品リンク


外見
中身






味が薄いです。でも普通の食べ物としては、濃いです。

時々インスタント麺が食べたくなるのは、塩辛いのが目的。
刺激的な濃さがないと、カップめんを食べた気がしない。

次に買うときは気をつけよう。
posted by ta meta ta at 23:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

ヤゴ発見


ヤゴ 081020ヤゴがいました。
ヨシノボリの桶にもメダカの桶にもいるだろうな。
15mmぐらい。
このまま冬を越して、春にトンボになるのか。
一応、棒をさしておいた。(桶に登るための棒をさしたのです。ヤゴを棒で刺して殺したわけじゃないよ。)
この大きさからすると、シオカラトンボかな。
タモロコの稚魚が犠牲になっていたかな。
あとは、何を食べていたのかな。
動きがあまりすばしっこくない。
posted by ta meta ta at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

オール電化の怪

先日、オール電化のセールスが家に来たのですが、そのときの話は、その人たち(二人)がめちゃくちゃ言っただけの、一般論では無いことがわかった。

オール電化を勧める人たち、すべてが嘘つきなのではないことをここに記そう。

まあ、問題の勧誘の発言
「エコキュートの電気代は、今までのガス給湯器に使っていた電気代とほとんど変わらず、無いに等しい」
「IHは、ほとんど電気を使わない、数円程度。」

ということで、試算を出したのが、
「いままでは、電気代8000円、ガス代7000円の15000円。
オール電化にすると、IHでは0円、エコキュートでは0円、おトクナイトにすると電気代が4800円で、10200円が節約できて、100万円の機材を買っても、8年で返済できる。」という説明。がく〜(落胆した顔)

0円はないだろうexclamation&question

そして、素人を騙すような発言の数々。
「200ボルトの電源を使うので、とても効率がよいからそうなる。」効率のよい機械を作れますが、P=IEですよ。
「IHは、今までの電熱線と違うからとても効率がよい」効率はよくても3キロワットのIHを1時間使えば3kwhです。ただではありません。一ヶ月2千円は使う。
「お湯を沸かすのには、空気の熱を利用するので今までとはぜんぜん違う」1kwの消費で6kwの能力を持たせることが出来るので、電熱線より6倍は能力が高いけれど、400リットルのお湯を沸かすとなると、3時間は駆動する計算になる。3kwhが毎日で夜間料金で900円です。ふらふら

以上のセールスの言い分は、確かに、間違いではないが、だからといって、今まで月々8000円かかっていた電気代が、ガスをやめてIHとエコキュートを導入して、4800円になるわけが無い。(たとえ、「おトクなナイト」や「電化上手」にしたとしても。うちは昼間にほとんど電気を使っているし)もうやだ〜(悲しい顔)

たぶん、うちの母親なら、簡単に騙されて、契約してしまっただろう。

独自の計算結果は、先日のブログ

で、そんな悪質なセールスばかりなのかと不審に思い、ネットで調べると、オール電化
あるじゃないですか、ちゃんとした広告が。ひらめき
しかも、きちんと計算されていて、オール電化にするときちんと電気代もあがることが明記されているし、月々6000円以下にすることは、4人家族では工夫が必要とちゃんと書いてある。これなら信用できる。わーい(嬉しい顔)
信用できる業者「オール電化.jp」できちんと見積もりを立ててもらいましょう。同時に、悪質な業者に引っかからないように。
見積もりの時点でおかしかったら、工事費などもごまかされそうだし、旧製品を高く買わされそうだし、本来無償のメンテナンスも有料にされたり、危ないよ。

今回の悪質業者さんは、オール電化を売りたいために、データーを偽って、不信をかい、かえって客を逃がすことになった。新築するとか、新たに風呂とお勝手を作るということなら、オール電化でもいいかな、なんて思う、魅力のある商品で、こんなざまではいけない。
オール電化のセールスの皆さん、真実を伝えれば、良さも解ってもらえる。
誠意を持ってお客様に説明いたしましょう。
けっして、まがい物を売りつけるわけではないのですから。

つけたし
シアトルで、停電が数日続いたことがあった。住んでいた家は、いわゆるオール電化のような設備だった。
冬でどうにもならず(暖炉はあったが)遠くのモーテルで数日過ごした。
何かあったときのために、ガス、灯油、電気と、エネルギー源を分散させておくと良いと切に思った。電気を使わない灯油のストーブと、プロパンガスとコンロが非常用にあるといい。今でも電気を使わない灯油だけで風呂を沸かす機械も売っているだろう。
posted by ta meta ta at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

エコキュートのセールス

電話でのエコキュートの「ごあんない」がしつこい。

暇だったので、よーく聞いてみた。電話

なるほど、ガスでは、火事の心配がある。
IHクッキングヒーターなら、火事の心配がほとんど無い。
老人や、子供がいる家庭では安心だ。高層住宅でもほとんどIHだ。
そういう理由でオール電化にするのは合理的だ。


しかし、うちの場合、一軒屋で、幸い両親もぼけていない。とくにオール電化にする理由は無い。
むしろ、否定的だ。

理由その1
電気という高級なエネルギーを熱という低級なエネルギーのために使うのが、納得がいかない。しかし、夜のあまっている電力を有効利用するためだけなら、理に適っているのだが。
理由その2
オール電化にすると、夏の昼間の猛暑のときに、オール電化にした分だけ余計に電気を使うことになる。オール電化にした分のIHなどは、夏の昼間は絶対に使わないという硬い決心があればいいのだが。結局、夏のピーク電力を増やしてしまうことになり、発電所を増やしてしまうことになり、環境破壊、温暖化に一役買ってしまう。


はじめから否定的な私でしたが、お話を聞いてみました。

「ガスをやめて、エコキュートにすると、ガスでお湯を沸かすときに使っていた電気代で、お湯が沸かせる。」というご案内。

なにー!!そんなにエコキュートは効率が高いのか!!
実際に調べてみた。
うちのガス給湯器の定格消費電力は、55Wだ。一般的には100から200Wというところだろう。そして、風呂を42度のお湯でいっぱいにするのに20分かかる。お湯を足したり、追い炊きしたりして、毎日1時間使うとしよう。100ワットとして、1持間で、100Wh

エコキュートだと、平均的な機器で、消費電力1KWである。400リットルを20度の水から65度にするのに、3時間ほどかかる。(能力6KW、400リットルを45度c上昇、0,239cal=1wとして計算。大体ね。)
電気料金は、23時から7時の間で、10円として、30円だ。(おとくなナイト)
ガスのほうは、今の電気料金体制で一律大体1kwh、20円だ。とすると、2円だ。
電気代は、
ガス、1日2円
エコキュート1日30円
エコキュートの場合、そのほか、保温とか、凍結防止のために電気を使う。
一ヶ月にすると、60円と900円でぜんぜん違うよ。年間1万円は違う。
私の計算が間違っているのだろうか。


つぎ、IHクッキングヒーターについて

「ほとんどかからないから、ないのと同じ、かかっても数十円です。」
えー!!電子レンジを見ても、1000ワットなんて当たり前の世の中で、電気でお湯を沸かしても、一ヶ月数十円!!びっくりしたので、計算してみた。

大体カタログに、消費電力3キロワットってあるじゃん。

やかんでお湯を沸かすと、5分ぐらいかかる。朝と夕方少なくとも2回は沸かす。
それから、うどんやパスタをよくゆでる。夕飯は2日に1回はうどんという感じだ。大きな鍋に、水をいっぱい入れて、15分は沸かす。そのあと、パスタをゆでる、10分ぐらい。味噌汁を作ったり、おかずを作ると、やはり30分は火を使っているだろう。
一日、1時間、と考えよう。
これをIHに置き換えると、3KWのヒーターであさ7時から夜11時までの1KWh30円の電気代の時間帯だ。単純明快、30円かける3で、90円。一ヶ月2700円だ。

なんだか、セールスの人が言っていたことと違いすぎるなあ。

合計してみよう、
IHの電気代、2700円
エコキュートの電気代、900円
合計3600円が、オール電化にすると上乗せされる。「おとくなナイト」にしても今までの電気代にまるまる3600円が加算される。しかも、昼間使っていた分は1,5倍だ。うちの場合、かるく1万円は超える。場合によっては、ガスをやめた分の7千円がそのまま増えた電気代に当てられるようなものだ。

機材を100万で買って、工事費ももちろんかかる、消耗品やメンテナンスにかかる料金もある。それらが支払いきるまでは、毎月5000円ずつ支払っても20年かかることになる。もちろん、100万で買った機械が20年持つとしてだ。

正確に言うと、電気代8千円、ガス代7千円の家で、エコキュートを導入すると、20年使って、21年目からやっと光熱費を節約できることになる。もちろん、機械が壊れず、購入店、施工店が潰れずにしっかりアフターサービスをしてくれて、なおかつ電気代が今のままならという幸運が重なったらの話だ。それらは「リスク」である。メーカーがどれだけ保障してくれるかは未知数。

おいしい話には、リスクはつきもの、20年後にペイできるという夢のために、100万を投資するか、高いガス代を払い続けるかという選択だ。

セールスの方に一言、言いたい、かかるコストと節約できる量と、はっきり言ってほしい。ペイできるまで20年かかるわけで、20年といえは、赤ん坊が成人する時間だ。そんな長い間の付き合いになり、100万円以上の投資になる。風呂に入るという日常のことでもある。「信頼関係」が築けなかったら、どんなに性能がよくても購入する気にならないよ。メモ


そして、続きがあります。

補注
電子レンジとIHは原理は違います。
電子レンジは、水の分子を電磁波で共振させて、水分そのものを温めます。IHは、ヒステリス損と渦電流損で鉄の容器を温めます。トランスの鉄心は、渦電流損を少なくするために薄い板状の鉄を何枚も重ねるわけですね。身近にあるトランス、たとえば、最近多い家電製品の電源アダプタが、ほんのり温かいのは、IHの原理と同じ原理で温まっているからです。

水槽に使っているエアレーション用の、ブーンといっているエアポンプも、IHと同じ理由で温まっています。しかし、近くに鍋を置いておいても、調理はできません。残念。
posted by ta meta ta at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

サメとギンブナ

サメがメスだけで妊娠していたようです。
ギンブナでよく知られた話なので、魚類ではよくあるのかななんて思いました。

深海で、あまり目のよくないサメが、繁殖期に異性に会えないということは考えられる。そのときの非常手段として「単為生殖」の機能が備わっているのかもしれない。

セミや、蜻蛉、トンボも、多くの昆虫は、生殖のために、一番異性と出会いやすい形の「空を自由に飛ぶ」という手段を獲得したのだと思う。

逆に、異性に出会えないフナやサメは、単為生殖という手段を選んだように思える。

ミミズは、土の中で一生を過ごすので、生殖のために異性に出会えない可能性のほうが高いので、単為生殖も可能なのかな。
サメも、単独行動で雑食性のサメは、異性が近づいても、食べてしまうこともあるかもしれない。極端に仲間が近くにいることを嫌うのかもしれない。すると生殖でさえ失敗に終わることも多いと考えられる。
まだまだ空想は尽きない。



謎の妊娠:サメの単為生殖を確認
DNA鑑定を用いた最新の研究によると、アメリカのバージニア州で飼育されていたメスのカマストガリザメ(Carcharhinus limbatus)が、オスザメと交尾することなく、自分で卵子を受胎させていたという。生物の中には、オスの精子なしにメス単独で子を宿す種があり、このプロセスは単為生殖と呼ばれる。DNA鑑定によってサメの単為生殖が確認されたのは今回で2回目となる。

 ティドビットと名付けられたこのメスザメは、定期健診の間に死亡してしまったが、そのときには妊娠していることはわかっていなかった。検死解剖の結果、ティドビットのお腹には出産間近の全長およそ30センチの赤ちゃんがいたことが判明したのだ。

 ティドビットは、子どものころに捕獲され、バージニア州バージニアビーチにあるバージニア水族館の水槽に運ばれた。そこで飼育された8年の間に、成熟した大人のサメに成長した。研究チームのリーダーでニューヨーク州立大学ストーニーブルック校海洋保護科学研究所のデミアン・チャップマン氏は、「ティドビットが妊娠していたのは非常に不思議なことだ。ティドビットが水族館で飼育されている間、水槽にはオスのカマストガリザメは1匹もいなかったのだ。この赤ちゃんはどこからやってきたというのだろうか? この謎はDNA分析によって解明された」と話す。

 今回の最新研究は、先週発行されたイギリス水産学会の「Journal of Fish Biology」誌最新号に掲載されている。

 チャップマン氏が率いる研究チームは、人間のDNA親子鑑定と同じ手順で、母ザメと子ザメのDNA指紋を分析した。通常、サメのDNAの遺伝物質には、母親から受け継いだ部分と父親から受け継いだ部分が含まれる。

 しかし、ティドビットの赤ちゃんは通常とは異なっていた。「サメの胎児のDNA指紋はすべて母親から受け継いだものだった。つまり、父親由来の遺伝物質が存在しなかったのだ」とチャップマン氏は話す。

 哺乳類を除けば脊椎動物でも理論的には単為生殖が可能だと言われている。例えば、これまでにもコモドオオトカゲ、ニシキヘビ、ガラガラヘビ、ニワトリ、シチメンチョウといった種の事例が報告されている。

 ちなみに、人間の場合、単為生殖は不可能である。遺伝物質がすべて母親由来のものになると、ある種の遺伝子のスイッチがオフになり、胎児が成長することはない。

 そこで問題となるのは、「サメの単為生殖は、発生異常の一例にすぎないのか、それとも飼育中にオスザメと交尾を行わないメスザメの自然な対応なのか」という点だ。

 アメリカのフロリダ州サラソタにあるモート海洋研究所所長ロバート・ヒューター氏は、今回の研究報告を受けて、「サメの単為生殖は、実際には報告事例以上に発生している可能性がある。しかし、通常であれば複数の子どもを宿すのに、形成された胎児が1匹でしかなかったことを踏まえると、卵発生過程の異常と考えるのが妥当だろう。オスがいないときに普通に生じる生理的な反応だとは思われない」と話す。

 通常のプロセスでは、染色体の半分を含む卵子と残り半分の染色体を含む精子が受精して、生物個体の初期段階である胚(はい)が形成される。植物やメスの動物は、卵細胞が形成されるとき、極体と呼ばれる細胞を3つ作り出す。報告されたサメの単為生殖のケースでは、極体の1つが精子のように振る舞い、卵子を受胎させていた。「しかし、極体は遺伝子的には卵子と同一だ。そのため、遺伝子レベルの多様性が大きく失われる」とチャップマン氏は話す。

 単為生殖で生まれた子どもは母親の完全なクローンというわけではない。同じ遺伝物質であっても結合の仕方が異なるからだ。しかし、DNAの遺伝的多様性を欠いた動物は、免疫系や生殖機能などで先天性の異常が発生する危険性が高まると考えられている。

 研究チームは、異常妊娠に伴うストレスの増加がティドビットの死につながった可能性もゼロではないと報告している。

Sara Goudarzi for National Geographic News

posted by ta meta ta at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 川魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

トウヨシノボリの繁殖 まとめ

トウヨシノボリの飼育を始めて、1年半がたちました。
2シーズンの繁殖で、こんなふうにしたら素人でも数匹は成長させられるという感触を得たので、まとめて見ました。

まずは、諸先生方の参考リンクのご紹介。
放蕩息子の半可通信」さま。
カクレクマノミの繁殖体験で使用されている「稚魚の飼育」「必要な道具」の「稚魚飼育ケース」は、参考になるかと思います。私は試してはいませんが、餌をしっかり与えて、水をしっかり取り替えるには、この方法がよいかと思います。

森山 彰久」さま。
「関連ホームページのWhat is Yoshinobori ? ヨシノボリに関するホームページ」の、
ヨシノボリの飼いかた」「2、繁殖
とても参考になります。
やはり、明るいと稚魚はストレスという指摘があります。私も、そのように感じます。

向井貴彦さま。
私的ハゼの百科事典
生態や、同定に役に立ちます。

たろう さま。
Freshwater Goby Museum
情報量の豊富な、とてもすばらしいサイトです。

日本産淡水魚の世界へようこそ」さま。
この中の、
ヨシノボリの病気?
私の飼っていたトウヨシノボリも、一匹、同じような症状で死んでしまいました。

日本淡水魚類愛護会」さま
写真掲示板での質問では、懇切丁寧にお教えいただけます。


以上です。
しかしながら、トウヨシノボリの稚魚をどうしたら成長させられるのかということについては、詳しくは述べられていません。
でもって、

我田引水りんく
このブログの
ヨシノボリ
トウヨシノボリ 素人による繁殖体験談
トウヨシノボリ 素人による繁殖体験談 2

生き残る稚魚の数について
自然界では、どんな生物でも、つがいのオスとメスから、二匹の子供が大人になれて繁殖ができたらよいわけですね。これより多かったら、どんどん増えてしまうし、これより少なかったら、減ってしまう。

飼育環境下で、1シーズン5回ぐらいの産卵で、30匹ぐらいは成魚になりました。二年で60匹ぐらいです。同じ親から60匹が成魚になったのですから、自然界に比べたら、30倍の生存率ということになります。ですので、素人の飼育では大成功だと考えています。

一回の産卵で、数匹が親になったら成功。かな。

淡水のワムシやプランクトンが十分準備ができて、水換えが稚魚を捨てずに汚れた水だけをうまく換えられたら、もっと生き残こるのかとおもいます。

あと、増やしすぎると大変です。タモロコも、フナも、コイも、メダカも、ちょっと多くて持て余しています。
ヨシノボリは、ある程度大きくなると、丈夫です。
生まれたときから人工の飼育環境に慣れているし。

餌は、ワムシやブラインシュリンプを用意しなくても、ニワトリの卵の黄身と普通のメダカの餌で大丈夫でした。ゆでたり目玉焼きの黄身をつぶして与えます。
一番生存率が高かったのは、水深40センチ、直径50センチの容器に、水草(マツモ、オオカナダモ、アオミドロ)をたくさん入れて、ヒメタニシも10匹以上入れてというものでした。夏場でしたので、自然にボウフラや赤虫が涌いて、水底にデトリタスが堆積して、少し大きくなったヨシノボリは、ふわふわのそのデトリタスにもぐったりしてました。浮いている水草は、小さいヨシノボリが身をひそめていました。日当たりは、午前中に3時間ぐらいだったかと思います。

赤玉土をひかなくても、大丈夫でした。
むしろ、赤玉土があると、ヨシノボリを移動したいときに、赤玉土に隠れてしまって、取り出すのが大変でした。

カイミジンコと、ケンミジンコが自然に増えていました。あと、ヨコエビとヒドラ。プラナリアも。
ヨシノボリが食べるのか、ヨコエビとプラナリアは、減りました。
posted by ta meta ta at 01:44| Comment(2) | TrackBack(0) | ヨシノボリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

関東の水源としての榛名山麓

カメラを持っていかなかったので、画像は無し。

でも、貴重なお話をうかがった。

産業廃棄物の処理施設を作ることに反対しているそうだ。
また、不法投棄が後を絶たない。

さらに悪質なのは、利用目的を偽って、産業廃棄物を地中に埋めて、表面だけ花なんかを植えてごまかす者がいるそうだ。

今日行った場所は、とてもよいところでした。
天気はよすぎて暑かった。顔を日焼けしてしまった。
ヒリヒリ痛い。

「山を治めるものが水を治める、水を治めるものが国を治める」誰の言葉だか知らないが、むかし、国語の先生が教えてくれた。
逆かもしれない「国を治めるものは水を治める、水を治めるものは山を治める。」

そう、群馬の林業や水田が荒廃したら、関東の水は、駄目になります。

榛名山麓に、毒でも染み込むことになったら、関東の地下水は、汚染されるだろう。

田んぼが無くなったら、洪水はもっと脅威となるだろう。

林業が採算が取れなくて、山を手放す人が出てきた。
町や県、国が買い取らないで、産業廃棄物を海洋投棄して儲けた業者が山を買いあさっている。さらには「水」目当てに企業が買いに来るという。

群馬は、小渕も、中曽根もいるし、福田ももとはそうだろう、山や森の重要性は知っているだろうに、なぜこんな状況になってしまったのか。

榛名山麓の自然は、ただ、群馬の観光ということではなく、「関東の水源」として重要だ。川だけでなく、その地下水が重要。
他人事ではない。丹沢から宇都宮まで、ぐるりと囲む山々は、関東に住むすべての人たちの命を支える重要な場所なのである。それが誰だかわからない人の手に渡り、ゴミ捨て場にされる。荒れ放題である。


漁業に、支援のため燃料代が補助された。
林業と稲作にも、今までとは違ったやり方で、保護、保全、管理をしていかなければならない。そのために税金を使うのなら、国民の支持は得られるだろう。
小渕と中曽根、利権にばっかり走らないで、本当の政治をしてくれ。
posted by ta meta ta at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

美しくなったトウヨシノボリ


トウヨシノボリ ヒメタニシトウヨシノボリ、成長、中ぐらいのもの。
お化粧をしているような、ほっぺたと目の下。メスっぽい。
かわいいと思う、親ばか?ヨシノボリの飼育をやめられなくなる心境になる。

手前は、食べ残しのふやけた餌に群がるヒメタニシ。
水質維持に役立っている気がする。

水温、昼間で15度。かなり冷たく感じる。
メダカも、3年目、4年目のものは、体に白カビがあるものがでてきた。こればっかりは仕方が無い。
免疫力が衰えてきて、はじめに体の粘膜が弱くなるのかもしれない。
posted by ta meta ta at 18:02| Comment(2) | TrackBack(0) | ヨシノボリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生きる目標ができた

くだらないが、どんなことでも、いいのだ。

とりあえず、一つ、生きる目標ができた。

しかも、10年だけ。

2018年あたりには、NASAがもう一度、有人月面着陸をやるらしい。ぴかぴか(新しい)今知った。

月面に着陸する瞬間を、この目で見るのだ。サーチ(調べる)

ただそれだけ。

ただそれだけです。


うちの祖母は、孫は何人もいるのだけれど、
孫の誰が、学校を卒業するまで生きていたい、
孫の誰が、結婚するまで、生きていられるようにがんばろう、
つぎは、ひ孫の顔をみるまで、つぎは、、、
というふうに、孫の成長を生きる張り合いにしていたっけなあ。
posted by ta meta ta at 04:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

洋書の購入 珍道中

ジュンク堂新宿店(三越の6,7,8階)で、洋書が半額!!だと言うので行ってきた。

今になって、落ち着いて考えたら、すべての洋書が半額になるはずはないのですが。もうやだ〜(悲しい顔)

ほしい洋書は、在庫が無かったので、取り寄せだと言われた。そしたら、取り寄せの場合は、半額にならない!!というのだ。なら、アマゾンで買ったほうがいいや。新品が半額なら、買いたかったが、アマゾンで中古でやはり半額ぐらいで買える。

で、私が、勘違いした広告。ジュンク堂のホームページのもの。

ジュンク堂洋書半額?まあね、但し書きもないし、詳しい説明も無い。




何万円もする辞書や、専門書をごっそり買おうと思ったのだけれど、そんなに世の中甘くない。Oxfordの辞書とかコロンビア大学とか、ワシントン大学とか、ホノルル大学の日本学やインド哲学関係の本とかねえ。
そんなことをされたら、ジュンク堂は赤字になってしまう。かな?
冷静に考えたら、解りそうなのだけれど、気が付かなかった。

それに、「洋書」の定義もあいまいだ。
アメリカ版なら日本語で書かれていても洋書なのか、西欧版なら洋書か、東欧は?その境目は?アラビア語の本は洋書か、ロシア語は?ロシアが入るなら、中国語の本も洋書か、漢字も洋書なら漢字かな混ざりの日本語は洋書じゃないのか?どこで線を引くのか?日本以外の出版のものは洋書ということか。なら、輸入された本ということか、アメリカで印刷された日本人による日本語の漫画も含まれることになるのか。

追記 10月8日、詳しい説明に訂正されました。
これで、私のようなおっちょこちょいも、勘違いせずに済む。
めでたしめでたし。ビール
posted by ta meta ta at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドライブレコーダー

バイク乗りに朗報です。
フライカムワン2」という超小型ビデオカメラ。

手のひらにすっぽり収まる小型ビデオカメラ「フライカムワン2」。 ドイツのゲーム機メーカーの製品。従来機よりも録画容量が増え、2ギガバイトまでのSDカードに対応。最大約40分の音声入り録画が可能になった。携帯すれば、大事な瞬間を逃がさず録画できる。センサー付きで無人監視カメラとしても使用可能。再生と充電はパソコンを使って行う。横40ミリ×高さ80ミリ×厚さ14ミリ、37グラム。価格は1万3000円。

日経ネット 動画ニュース 今日のトピックの、
「ニコン 動画も見られるヘッドホン/超小型のビデオカメラ [今日のトピック]」で取り上げられていました。


ドライブレコーダーにちょうどいいです。車に簡単に取り付けられる。40分録画できて、40分を超えると、古いデーターから消されて上書きされていく。
自動車なら、大きなものでもいいのですが、私が考えたのは、

バイクの走行中の録画にちょうどいい。
かっこ悪いけれど、ヘルメットに取り付けられる。
ヘルメットに取り付けなくてもいいのだけれど。

価格も1万3千円だ。これで、事故の訴訟に勝てるなら安いぞ。

バイクは、安全運転をしていても、自動車がぶつかってきてバイクの運転者が怪我をすることがある。無謀な自動車の運転が多いのである。
万が一ぶつかったときに、過失割合の議論になったとき、やはりバイクは不利だ。悪者にされやすい。しかも、怪我をするのはバイクのほうだ。本当に虐げられていた。
無謀なバイクの運転をする者が多いのも確かであるが。

多くの自動車やバイクが、ドライブレコーダーを搭載するようになったら、運転そのものが丁寧になるだろう。
保険会社も、エアバック装備車が割引になるように、ドライブレコーダー搭載車には保険料を割り引いてほしい。



または、ベンチャープレス の記事

私がこれを購入したら、バイクのバッテリーから電源を得る方法をレポートしましょう。まあ、要するに、三端子レギュレーターで、12ボルトを5ボルトにして安定化して、予備バッテリー用端子につなげるだけ。これでバッテリーの消耗や充電の心配が要らなくなる。

また、ステアリングへの固定方法、防水にするとか、手を加えないとだね。
posted by ta meta ta at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

横浜開港


小栗上野介先月28日に群馬まで行って来た。
地元の知人が色々案内をしてくれた。

横浜開港150年ぐらいかな。長い鎖国の間に、キリスト教の弾圧もあって、徳川によって仏教はすっかり飼いならされてしまった。無論、仏教をうまく取り込めなかった武将は簡単に滅んだようなところもある。平安仏教、鎌倉仏教、日蓮、親鸞などに匹敵するような仏教者は江戸時代には出現しなかった。庶民の文化の時代。そして明治になって抑えられていた野心が海外へ暴力的に進出していくことになる。開国から40年、1900年ごろ、政治腐敗や宗教家の権威の失墜などが叫ばれていた。今の日本と何も変わらない。100年前から何も進歩していない。

そんな私の妄想はさておき、「小栗上野介」の菩提寺に行きました。
そして思い出されるのが、

笹井万太郎」です。横浜開港に興味のある人は、これを知らなければもぐりだ。といっても、私も近年知った。工期の少ない建設をなんとかしようと、幕府から笹井に白羽の矢が立ったと見ていいのか知らないが、そして期日に大桟橋を完成させる。

一体、笹井万太郎って、何者?

群馬藤岡は、石の工業が盛んだったという話。鉄も?
近くの秩父は、セメントで有名だけれど、関係あるのかな。石なら栃木の大谷石かと思うけれど、足尾銅山が問題になったのも、この時期だ。
そして、藤岡の儒学者「堀口伝兵衛貞明」に幕府の開港場建設担当役人の「刑部鉄太郎政好」が書簡を送っている。
(ほりぐちでんべえさだあき、おさかべてつたろうまさよし)

笹井は、埼玉県深谷市、群馬藤岡とはさほど遠くない。何かつながりがあったのだろうという話だ。藤岡から石工夫がたくさん横浜に行ったのだろう。

小栗と、堀口と、笹井との関係を知りたいなあ。(地理的にも近い)

私は聞きかじりなので、これ以上は解らない。

笹井は、波戸場築立を落札、大桟橋を造った。
(詳しくは、笹井万太郎菩提寺高島正伝院坂東住職様の一連の御研究を参照されたし)
posted by ta meta ta at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

アゲハ、サナギになる。


アゲハ、サナギさなぎに成る。
どことなくかわいらしかった幼虫から、一気に精悍なサナギへ。
脱皮中に、体を支えている糸が切れないのが不思議。よくできているものだ。

脱いだ皮が背中に着いていた。取ろうとしてひっぱったら、びくっと動いた。変態をしている大切な時期、おどかしてしまって大丈夫だろうか。結局皮は着いたまま。気になる、大丈夫なのだろうか。取りたい。

こんなにも劇的に変態する生物がいるだろうか。
カエルも変化するけれど、チョウほどではない。

いも虫、サナギ、チョウと三段階だ。
知ってはいるけれど、目の当たりにすると、なんとも神秘的。

越冬蛹」というらしい。このまま冬を越えたら、春までこのままか。待ちくたびれてしまう。
でも、いま蝶になっても、仲間もいないし、交尾もできないで死んでしまうだろうな。蝶でも越冬できるのだろうか。どっちかな。


posted by ta meta ta at 23:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

水槽の整理

トウヨシノボリの桶を片付けた。
赤玉土にもぐって隠れていたのが、4匹も見つかった。

トウヨシノボリの稚魚を大きくするための桶には、土や砂をひかない方がいいかもしれない。取り出すときに大変苦労する。土と一緒に間違って捨ててしまいかねない。タモロコも同様だ。

トウヨシノボリの稚魚を一匹、メダカの水槽に入れた。メス。

ヤゴは、外のクロメダカだらけの桶に入れた。

タモロコの稚魚は、白くカビてしまう者がいる。
水をこまめに取り換えていないし、稚魚が多すぎる。

シロメダカは、今日も卵を産んでいた。

全体的に、プラナリアとヨコエビとサカマキガイが少なくなっている。トウヨシノボリは、ヨコエビとプラナリアを食べるのかもしれない。

トウヨシノボリは、冷凍アカムシを食べ残すようになった。気温25度水温22度、寒くなってきて食欲がなくなってきたかな。
posted by ta meta ta at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 水槽全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いも虫とサナギの狭間で


アゲハチョウのいもむしさなぎ昨日の夜、下痢便をしたあと、うろうろしていたので、蓋の付いた虫かごに閉じ込めてしまった。なんとガラスをよじ登っていた。
ただ、閉じ込めただけでは、さなぎになるのに体を固定す物がないとかわいそうだと思い、割り箸を数本入れておいた。

そしたら案の定、割り箸に体を固定していた。
ちょっと、下の方すぎない?羽化するときに羽が伸ばせないのではないか?
完全にサナギになったら、割り箸を浮かして固定しなおしてあげよう。
posted by ta meta ta at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする