2008年09月30日

やっぱり生きていたのか


ヤゴ0809306月に、シオカラトンボが卵を産んでいた。
また、他のトンボも時々見かける。

寒くなってきたし、ヨシノボリも大きくなったし、淘汰されて少なくなっているし、いくつもある桶をまとめていた。

そしたら、桶のそこの赤玉土のなかから出てきました。

生きていたのかexclamation×2、でも、小さい。
5ミリぐらい。6月のシオカラトンボのではないかもしれない。
冬をヤゴのまま越して、春に羽化するのかな。
詳しく知らないが、そんなことを思った。

さて、このヤゴ、どうしましょう。

他の桶でも、成長していることだろう。
どうしよう、ほっておくかな。自然に任せよう。
posted by ta meta ta at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ヤゴ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コウガイビル


コウガイビルコウガイビルです。
もうびっくりしたりはしません。
二度目です。
一度目は、ミスジコウガイビルでして、それはそれは気持ち悪かったです。リンク

何をしてるのか、何を食べているのか、不思議な生き物。
posted by ta meta ta at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 水槽全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

もみ消すつもりらしい

横綱審議委、朝青龍の進退触れず 八百長問題も議論せず
 元若ノ鵬が同日、東京都内で「アンフェアな取組を強いられ、無理やり金を渡された」と話した問題は、議論されなかったという。武蔵川理事長は報道陣に「聞いていないから何も言えない。誰のことか分からない。何か出たら対応する」と話した。



えーーー。もみ消す方向のようだ。
もみ消してしまったら、自分で自分の首を絞めるようなもの。
とぼけて、しらを切り通すのかな。

残念、ここで本当に角界が蘇ったら、相撲人気も蘇るのに。

若ノ鵬、がんばれ、日本のために。腐った日本を変えられるのは、もはや気骨のある外国人しかいない。日本人なら、丸め込まれて、つぶされて、口封じをされて終わりだ。

時津風部屋での暴行死亡事件は、まだ記憶に新しい。
あんな大事件があった後なのに、何も変わっていなかった。
posted by ta meta ta at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相撲改革

暴露です。
このぐらい衝撃がないと、本当の改革はできないでしょう。
芋ずる式に何人が逮捕されることやら。
でも、もみ消されちゃうのかな。
もみ消されるようなら、相撲も、もう終わりだ。

若ノ鵬は「マルタイ」だろう。警護しないと消されかねない。
ロシアに強制送還されませんように。

いやー、すごいですね、これはどうなってしまうのか。
政治家にもこんな人が数人ほしいね。
各業界に、数人ずつほしいね。


解雇された元若ノ鵬 「知る限りの悪事を話していきたい」

9月29日 AFP】大麻取締法違反容疑で逮捕、日本相撲協会から解雇された元幕内若ノ鵬(Wakanoho)のガグロエフ・ソスラン・アレキサンドロビッチが29日に都内で会見を行った。

 会見で元若ノ鵬のガグロエフ・ソスラン・アレキサンドロビッチは「現在の相撲界は汚いです。そして、たとえ私が戻ることができるとしても、私はそれを許すことができません」と、通訳を通じ語った。

 「私が幕内に上がるとすぐに、アンフェアな戦いを強制され、お金を渡されました。親方や他の人たちも知っていました。しかし彼ら自身もアンフェアな戦いをやっていたので誰も止めませんでした」と八百長について話し、さらに他の部屋の親方や力士が大麻を吸っていても処分されないと大麻問題についても語った。

 10分の会見で元若ノ鵬は名前については明らかにせず、朝青龍(Asashoryu)の八百長をめぐる出版社との裁判で、証人として出廷する準備ができていることを明かし「その他、私の知る限りの悪事を話していきたい」と付け加えた。

 また、相撲協会は元若ノ鵬の会見についてコメントを拒否している。(c)AFP/Miwa Suzuki



「国技館」なんてたいそうな名前がついているから、日本人は余計に敏感だ。「日本式国際格闘技場」なんてどうだろう。半分は外国籍の方々なのだし。

posted by ta meta ta at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

MSCとウナギの稚魚

「MSC」って、皆さんご存知?
いや、私もつい最近知りました。


MSC ロゴ海の生態にダメージを与えないように漁をしたりとり過ぎないようにしたりして得られた海産物に付けられるシール。
多少他の商品よりも高価でも、このシールのついているものを買うようにしましょう。すると、漁師さんと海の生態が助かります。
この先も海産物のある食生活を続けられるだけでなく、海が二酸化炭素を吸収する機能を保持し続けることができたりして、人類の未来にも深くかかわってきます。

MSCの認証を日本で初めて取得したのは、京都府舞鶴市の京都府機船底曳網漁業連合会(京都府底連)が行なっているズワイガニとアカガレイ漁です。リンク


しかし、そんな動きに反するような現実。
ウナギも、保護して適正な漁と流通になるようにしなければならないと思った。日本人がそれを自覚するだけで、かなりウナギは助かる。

『ウナギ 地球環境を語る魚』井田徹治著 岩波新書赤1090 2007年8月

世界中のウナギの稚魚を中国が買いまくって絶滅の危機に追い込み、育てたウナギは日本が食べ、さらに、中国の飼料用の原料に殺鼠剤が含まれていた話を聞いて、中国から輸入されるウナギも大丈夫なのかなと考えていました。
産卵のために海に下ったウナギが世界で初めて見つかったのは数日前の話。ウナギの完全な養殖はまだまだ遠い。ウナギ屋さんは、大変だけれど、稚魚が増えるまでウナギを控えなければならないかも。土用の丑の日に激安のウナギを食べることだけでもやめたらいい。


MSCのシールが闇で売買されたり、行政機関が不正を行わないようにしてもらいたい。MSCは世界的な組織であるからできているか。日本の行政と企業なら絶対に無理だけれど。
posted by ta meta ta at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の政治家 その2

日本の政治家は、世襲制が当然なのか。
小泉の後継者なんて要らない。日本をつぶす気か?

小泉氏引退「前から話あった」=麻生首相
 【ニューヨーク25日時事】麻生太郎首相は25日夜、小泉純一郎元首相が政界引退の意向を示したことについて、国連本部内で記者団に「前々からそういう話はありましたから」と語った。次男の進次郎氏が後継者に予定されていることに関しては「お父さんと違って普通の人よ。奇人とか変人じゃなくて普通の人。有能だと思う」と述べた。 (了)(2008/09/26-09:58)


民主主義って一体?

あっ、批判的な文章が多いけれど、私は別に右にも左にも与しません。
だた、平等と平和を願っているだけでして。
posted by ta meta ta at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

松茸と椎茸

小学1年生の秋に、友達の家に遊びに行った時、松茸が送られてきたらしく、友達の母親が私にも分けて持たせようと思ったらしく、「松茸は好き?」と聞かれたのですが、松茸を知らない私は椎茸だと思って、

「いつもよく食べているよ、うどんの汁によく入っている。」

と答えたと思うのですが、結局もらえませんでした。
あのときの椎茸は松茸だったんだと最近になって気がつきました。
その友達の家は裕福でした。品のいい理知的な感じのする母親でした。

小学一年生の私には、松茸なんてどうでもいい代物でした。猫に小判。今でも食事にはあまり頓着がありません。

そうそう、その友達と家の前で遊んでいて、転んで頭を怪我したときも、私をおんぶして近くの病院に運んでくれて、数日後に菓子折りを持ってお見舞いに来てくれたのを覚えています。出血はしたものの1針縫っただけの軽症でした。いろんな人に厄介になりながらここまで成長してきたのだなあ。

松茸、、、。そのご、、。
違ったかな、結局数本もらって帰ったのだったかな。
忘れた。

生まれて始めて本物の松茸汁を吸ったときは、
「永谷園の松茸のお吸い物と同じだ!!」
という感想でした。
posted by ta meta ta at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の政治家

「何もできませんけれど、よろしくお願いします。」とは、小渕の娘が、当選したときの言葉。
何もできないなら立候補なんかするなよ、と思ったのですが、当選させてしまう有権者もなんだか。
選挙って、それでいいの?

今やそんな人が大臣です。少しは仕事ができるようになったかな?
小池よりも受けがいいかな、若くて歌が下手な歌手?が受けたりする国民だ。
それに賞味期限に「やかましい」国民だからねえ。

そんなあくたれをついていたら、小泉が辞めるらしい。小池を推したから?
36年間、少なくとも10億円は国からもらっているだろう。
あらゆる不祥事の責任を取って、半分ぐらい国に返せ。郵政民営化だって、国民投票で済んだはず。ブッシュの自作自演のテロごっこに付き合わされ、いまだにアメリカの傀儡だし。

サブプライムな政治家。
posted by ta meta ta at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アゲハの幼虫 その2

アゲハの幼虫の、もうサナギになりそうなものが、3匹いた。
確かに3匹いた。
今日、1匹しかいない。

1匹は、アリに食べられていた。
もう1匹は、どこか隠れてサナギになっているのだろうか。やはり昆虫や鳥に食べられてしまったのだろうか。さなぎになる為に良い所を探し回っていて、やられてしまったのだろうか。
なんという無常。解っているけれど、目の当たりにすると、ショック。

残った1匹を、枝ごと取って、家の中へ。
保護することにした。
サナギになって、今年中に蝶になるのだろうか。
蝶の姿のまま越冬できるのだろうか。
知らない。


アゲハ 1残った1匹。
鳥や昆虫に食べられる危険は減ったが、サナギになるのと、最後の脱皮と、まだまだ試練は続く。






アゲハ 2アゲハ 3







アゲハ 410月も近いというのに、小さい幼虫がいる。サナギの状態で越冬するのか。
何アゲハなのでしょうか。クロアゲハのような気がします。他の幼虫も違う種類かもしれない。木は、夏みかんの木です。

何の擬態か、鳥の糞だ。
濡れていると本当に鳥の糞にしか見えない。




バッタ 交尾バッタの交尾。羽の下でおなかをグイッとまげてつながっています。
動物たちは、私が見ているとよく交尾をします。
不思議。何故。

posted by ta meta ta at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

大連立

小沢さん、禁句でっせ。

ポリシーのある人は、政治家にならんのか?

Policyとは、古語で「狡猾さ」と言う意味もあるらしい。
なるほど、今の政治家は、ある意味、Policyを大いに持っている連中だ。同じ穴の狢で政権交代してもねえ。何も変わらん。
posted by ta meta ta at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Honda Bros に乗る経済効果

あと3万キロ乗るだろう。

1リッターあたり、30キロ。
日産ブルーバード排気量2リッター、15キロ走るとして、約2倍だ。

15,000k分のガソリンを節約できる。
ちょうど15万円分だ。

重量税5千円5回、タイヤ前後交換1回2万円、バッテリー1回1万円、ブレーキパッド3回、エンジンオイル5回、自賠責10年分、任意保険20等級年間1万5千円、10年分。

軽自動車税年間4千円もあった。10年維持すると、

15万円以上かかっている!!。ほぼ30万だね。

5年で3万キロ走るなら、ペイできるぎりぎりの境界だ。5年で3万キロも乗らないなあ。
簡単な話、自動車の代わりにバイクだけを所持するのなら安くて済む。自動車があってバイクも所持する場合、原付や125CC以下のバイクであれば、どっこいどっこいだな。


だとしたら、駄目とするのか。

バイクは趣味だ!!といえない経済情勢。

都内とか、大学の駐車場は、自動車は駄目だけれど、バイクなら許可してくれるところもある。

自宅に駐車場があるのなら、軽自動車でもよいのだけれど、年間5万円(10年で50万)の駐車場を借りるのなら、バイクでいい。もうすでに一台分駐車場を借りている。完全にバイクだけという訳にもいかず(うちのじいさんとばあさんがまだまだ活動中)。

やっぱし、おいらの部屋をつぶして、駐車場にするよ、この部屋もなんだかんだ20万円はかかっている、直したから。フローリングと柱の補強と、グランドピアノ(ヤマハC3があった)を入れるための床の補強(結局ピアノは売却、代わりに水槽が所狭しと鎮座)。ちまちまと金をかけずに、しっかりした展望を持たなければいけないな。
金が幅を利かす世の中でございまして、、、。有料

誰のものでもない、地球にその土地に、値段をつけたのは誰だ!!
車を置いておくだけで金を取るなんて。
posted by ta meta ta at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

バイクのチェーン


RK 525SM4観察をしてみた。
左が、3万キロ走行後
7年経過、雨天も砂嵐の中も走行
右が、新品
RXリングは山が2つ、
XWリングは山が3つ。



まず、Oリングは、硬くなり痩せている。

グリースは、ボロボロしている。いわゆるカスだ。固着して爪で引っかいても取れない部分もある。

古くなって完全にスルスル動いてしまうのや、動きが鈍いのは、Oリングが駄目になって、中がこうなっていたからだろう。なんとなくこれで想像がつくが、完全に手では動かないようなのは、軸、もしくは筒が、変形してしまっているのだろう。

今後は、
チェーンの張りすぎに注意。
わだちをトルクをかけながら通過しない。
(記憶にあるのが橋のつなぎ目を加速しながら登っていって、つなぎ目の段差があって、チェーンに過大な負荷をかけてしまったこと)

こまめに手入れをしよう。

急発進急停車もしないようにしよう、燃費もよくなるし、ブレーキパッドも長持ちするし。ブレーキパッドも高価だしね。
エンジンブレーキでがんがん減速するのもやめよう。ドリブンダンパーも潰れなくなるだろう。

もっと長く使えたと思うけれど、寿命を縮めてしまった原因は、思いつくのはこれだけ。
3万キロ走れば十分かな。
posted by ta meta ta at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

honda Bros メンテナンス

3万キロ走って、チェーンは伸び伸び。後輪の車軸は使用限界の位置から1センチも後ろになっていた。

スプロケットをみると、まだ大丈夫そうだし、もう1センチぐらい後ろになるまで乗れそうな気がしていたが、チェーンのゆるいところと渋いところがあって、ギクシャクするようになり、乗り心地が悪いので交換することにした。

本来ここまでひどくなる前に交換すべきなのだろう。

前のスプロケット、3,000円
後ろのスプロケット5,000円
ともに純正。
チェーンは、「RKGS525XW」120駒 17,000円
nankaiのチェーン交換ツール6,000円
チェーングリーススプレー1,500円

計、32,500円

昼から初めて3時ごろには終わった。
腰が痛い。ふくらはぎがパンパンだ。

これで、あと3万キロは大丈夫だろう。
もう3万キロも乗らないだろうから、これで乗りつぶして終わりだな。

燃費が良くなるかな。
まえは、「RK GR525RX」が着いていた。RXリングのもの、今回も同じもので良いかと思ったが、XWのほうが耐久性が高いので、こちらにした。値段も数千円高い。

交換したばかりでは、グリスが硬いので古いチェーンの方が軽かった。Oリングも効いているのだろう。

あと後輪のタイヤも交換しなくちゃだ。2万円!!
次の車検では、ブレーキのオーバーホールもだ。

金がかかる。
こんなことなら、中古のカブでも買ったほうが良かった。

試乗してみた
エンジンのパワーが、地面にグイグイと伝わっている感じだ。これはいい。まるで新車だ。まともになった、本来の性能に戻った。こうなると、今度は、ステアリングステムにグリースを足したくなる。タペット音も気になる。
posted by ta meta ta at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

回り回って、私たちの口の中へ

メダカの餌は大丈夫?
と、疑問に思った。

アメリカで、ペットの犬や猫が次々と死んだのは昨年の3月ごろの話。
原因は、中国から輸入したペットフードの原料に毒が混ざっていたこと。(殺鼠剤とメラニン)
その原料は、養豚や養鶏の餌にも使われた。
その餌を食べた豚や鶏の肉を日本は輸入していたことだろう。そして日本の食卓に。

一年以上たってから、今度は、人の乳児用のミルクに毒が入っていたことが問題になった。
そしてやはり、日本にも菓子の原料として使われ、日本人の口の中へ。

恐ろしいこっちゃ。

メダカの餌なんてものは、気休め程度の成分の説明があるだけで、まともな成分表や、原材料の説明はほとんどない。人が食べる食品でさえ産地偽装が行われているのだから、メダカの餌に国産と書いてあっても、どこまで国産なのやら。

最近、何も信じられないようになりました。

posted by ta meta ta at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

高知と人権

自民党の総裁が決まったようですが、あっそう、だから何?と言った感じです。

役人や政治家が代わっても、腐敗や汚職は、広がる一方です。

人は、放っておけば、影で悪を始める動物なのでしょう。

民主主義でも、共産主義でも、他のやり方でも、似たり寄ったり。腐敗は防げない。

人類史上、不正を行わない役人や腐敗しない政治家はいなかったし、今もいない。
人の世は、そういう所。

このブログでも、高知県の白バイ事故について2度ほど取り上げました。
警察と、裁判所と、政治家と、報道が、癒着していて機能していません。ただ機能していないだけではなく、無実の市民を有罪にして、禁固刑にしてしまいました。警察の犯罪です。
むしろ、徹底的に事件を明るみに出して、警察の組織ぐるみの犯罪を追求してほしいと思う。高知県警の数人は、実刑だろう。裁判官も、懲戒免職はもちろん、犯罪に問われるだろう。警察庁も非を認め、亡くなった白バイ隊員の遺族に謝罪しなければならないし、警察庁が交通違反を県警にさせる結果となったのだから、警察庁の幹部も犯罪者であろう。白バイ隊員は、公務中に上司の命令で交通違反をさせられ、事故死してしまったのだから。

バスの運転手が、実刑になったことで、この事件をうやむやにされずに徹底的に明るみに出す方向に進んでいることは不幸中の幸いだ。
警察の市民に対する組織的犯罪なのである。
警察は、墓穴を掘った。

「高知」 土佐、それは、板垣の生まれたところ。

自由民権運動は、伊藤によって、丸め込まれてしまった。そのままのなし崩しの感じで、平成まできてしまった。
そんな、高知で、国の権力による市民への人権侵害の事件が起きている。

なんと皮肉なことよ。

高知の皆さん、いまこそ、板垣の「自由への思い」を具現化しましょう。

posted by ta meta ta at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

三権分立

今、日本は、危険な状態。

高知県白バイ事故は、警察の証拠捏造と警官による虚偽の証言という、最悪の事態であるが、これを裁判で犯罪だと認めなかった。議員による質問でも、警察は虚偽の発言を繰り返すのみ。報道も何が論点なのかまともに報道しない。

食品の危険は、もはや説明するまでもないだろう。日本中に、毒入りの食品があふれている。
承知の通りの、最悪の有様だ。行政も機能していない。立法も無視されているのだから機能していないのと同じ。行政の尻拭いにまた税金を使うらしい。いくら税金があっても足りなくなるのは当然だ。

そうかと思うと、信教の自由を阻害するような法律が次々と成立した。宗教法人は、本来、今でも届けを出したら、誰でも設立できる。信じる宗教活動を行える。はず。(例えは、正月に明治神宮に初詣に行ったら、それを理由に警察は、あなたを逮捕することができるのです。そんな法律が通っているのです。)

笑い話のようですが、現実。数十年前なら、誰も信じなかったでしょう。

このような三権が癒着した現状に、切り込んでいく行動が必要。

打開策はないのか。
どうしたら良いのでしょう。

ほんとうに、何とかしないと、無実の人が牢屋に入れられ、国民は毒を食べさせられ、危険な住宅に住まわされ、労働は搾取され、まともな教育を受けられず、老後は医療を受けられず年金も国に騙し取られ、、。
きりがない。

いま、警察による犯罪で、牢屋に入れられようとしている人がいます。リンク
posted by ta meta ta at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

ウグイ 完治


ウグイ 完治すっかり治りました。
鰭もきれいです。
動きも良いし、食欲もあるし。
他の魚も元気です。

何が良かったのか解りません、放っておいても治ったのかもしれないし。

治療は、
大きめのバケツで、新聞紙で真っ暗に近い状態にして。
グリーンFゴールドと塩水0.5パーセントを、二日に一回水を取り換えて2週間。という具合でした。ブクブクをして、夏場でしたのでヒーター無し、水温は25度前後でした。
治療を始めたころは、悪化してしまって、駄目かと思った。
カテゴリー「川魚」で治療の様子が見られます。
posted by ta meta ta at 11:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 川魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スジエビ ヨシノボリと一緒


スジエビ080918120センチ水槽(平行水槽だったが、ブクブクを入れているのでもはや普通の水槽。)
スジエビが4匹とメダカが6匹とが、広い水槽の中で優雅に暮らしていたところに、ヨシノボリがドバーッと入ってきた水槽。



すっかり落ち着いて、みんな仲良くやっています。
ヨシノボリは、近くに仲間がいるのを嫌がりますが、スジエビが近くにいても気にしません。スジエビもヨシノボリを気にかけることなく餌を食べています。

自然の池でもスジエビとヨシノボリは、かなり入り乱れて密集して生息していました。だから大丈夫だろうという思いはあったのですが、思ったとおりでした。

あと、子供のヨシノボリは、メス同士は近くにいても気にしません。
猿の仲間の場合、メス同士は、群れをつくる性質があるとか。子育てがしやすいからだそうです。人間も猿の仲間ですので、そういわれると、メスは仲間の関係や自分の立場を非常に気にしますが、文句を言いながらも群れをつくっています。オスは職場、家庭、友達など所属はありますが、距離をおいて割り切っていると言うか、あまり気にしない様に思う。

川魚の場合、小さい池で密集して暮らすことがあるからなのか、他の魚が近くにいても気にしませんね、ドジョウ、フナ、コイ、モロコなどは全く気にしませんね。しかし、大人のオイカワ、モツゴ、メダカは、結構気にします。というか、縄張りを持ちたがっている様子が見て取れます。

水槽の条件や個体差にもよるかと思いますが、スジエビとトウヨシノボリの混泳は、大丈夫そうです。
posted by ta meta ta at 11:11| Comment(0) | TrackBack(1) | ヨシノボリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

警察庁と県警との過失を隠蔽

冤罪で、明日は自分が牢屋に入れられてしまうかもしれない。

なぜ、そこまでして、警察は、事実を隠しているのか。
事実が明るみになると、責任問題になる。
県警と警察庁との責任のなすりあいになるのだろう。
もちろん、幹部の数人、県警の交通部長などが辞職ということになる。
だから、無実の市民を犯罪者に仕立て上げ、牢屋に入れてしまった。
そして、警察庁と県警は、一人の警官の命が失われた事故の責任を取らずに済んだ。

これは、できの悪い小説の草案ではなく、現実に、今、起こっていることです。

さらに悪いことに、警察は現場写真を捏造しているので、この捏造を、裁判に負けると認めることになる。
また、亡くなった白バイ隊員の仲間の白バイ隊員に嘘の証言をさせている、上司が、県警、警察庁の組織ぐるみで偽証を強要したことになる。
警察が、保身のために、事故の現場写真を捏造したり、嘘の証言を同僚の警察官にさせたとなったら、これは、前代未聞、言語道断だ。


その事件は、右折しようとして道路上に止まっていたスクールバスに、走ってきた白バイが激突して、白バイ隊員は死亡したという交通事故が発端である。乗っていた生徒も、後ろにいた乗用車の運転手も、バスは停止していたと証言。バスに過失は無い。

その事故の2週間前、警察庁は、
「緊急走行や追跡追尾訓練を積極的に行うよう」通達していた。
真に受けた県警は、なんと、公道上で訓練を行っていた。目撃者も多数いる。
違法な高速訓練中での死亡事故、それも、警察庁からの指示があった、となると、ただ事ではない。

その場にいた警官たちが、とっさに思いついたのが、バスのブレーキの跡を描き、バスが動いていてバイクに接触し急ブレーキをかけたとみせかけることだった。そしてバスに過失があったということにしてしまった。
バスに乗っていた生徒たちの証言は、なんと、証拠として取り上げられず無視された。バスのすぐ後ろの乗用車の運転手の証言も無視された。

事実を主張しただけのバスの運転手は、反省の色がないと、無実の罪で牢屋に入れられてしまった。(猶予なしの実刑が確定)

また、うかばれないのが、亡くなった白バイ隊員である。上司の命令で、訓練だからスピードを出せと命じられるままに実行し、事故死してしまった。命じた上司も県警も警察庁も、自分の非を認めない。一人の仲間の命、部下の命が失われたのである。自分の命令で部下が死んだのに、なんとも思わないのか。
認めないどころか、無実の一般市民を有罪にして禁固刑にしてしまった。
亡くなった白バイ隊員は、さぞかし無念であろう。
(追記080917)

参考リンク
共同通信 白バイ事故有罪確定

KSBニュース 時間のある方は、ぜったい見てください。中の一つでもいいから。

高知白バイ事故に詳しいブログ
高知白バイ事故
片岡晴彦さんを支援する会HP

こんな記事を書くと、このブログは、炎上してしまうかもしれない、または、警察に目をつけられて、無実の罪で牢屋に入れられてしまうかもしれない。それでも、このことを一人でも多くの人に知ってもらいたくて、書きました。20人以上いる証言者の一致した証言が裁判で無視されることがあるのでしょうか。これが法治国家なのか。ふらふら
posted by ta meta ta at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

違法駐車にヒヤリという経験

経済的理由や、二酸化炭素排出や、化石燃料を大切に使うということで、バイクが見直されてきていますが、危険もそれ相応にあります。
わたしもバイクによく乗るのですが、危険だと思うことがあります。その一つに「違法駐車」です。
発見が遅れて、よけきれなければ、怪我をしてしまいます。とんでもないところに違法駐車をしている車両も見かけます。なぜこんな危険なところに違法駐車をしているのに取り締まらないのだろうと思うことがあります。

違法駐車が事故誘発 
 
 入間市内の市道交差点で発生したバイクと車の出合い頭による死亡事故をめぐり、交差点内に縦列駐車をしていたことが死亡事故を誘発したとして、狭山署は十二日までに、自動車運転過失致死傷容疑で、事故当時、現場で違法駐車をしていた車の運転者二人をさいたま地検川越支部に書類送検した。当事者以外の違法駐車を事故原因に認定するのは珍しいという。


何気ない違法駐車が、人の命を奪ってしまうことがあることを肝に銘じましょう(わたしも乗用車を運転します)。横断歩道の近くに違法駐車なんて最悪です。

私の知り合いのバイク乗りで、違法駐車の車両の発見が遅れて避けきれずに足首の骨を折ってしまった人がいます。もちろん前方不注意だし、法定速度を守っていたかは解りません。この場合、両者に過失があるのですが、不注意は、どんなに気をつけていても起こしてしまう過失ですが、違法駐車は、しないように心がけることで完全にしないことができます。

違法駐車を事故原因と認めたことは、歩行者や自転車、原付などの交通弱者にとって朗報だと思いました。いままでがあますぎただけとも思います、違法な駐車なのですから。
posted by ta meta ta at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする